セブンイレブン『大盛!ソーセージペペロン』セブンが「お前らこういうのが好きなんだよな!?」と言わんばかりの爆発力あるニンニク感を味わえる!

セブンイレブン『大盛!ソーセージペペロン』セブンが「お前らこういうのが好きなんだよな!?」と言わんばかりの爆発力あるニンニク感を味わえる!

スポンサーリンク

 

セブンイレブンの『大盛!ソーセージペペロン』を紹介していくよ!2019年9月3日に新発売した商品で、価格は460円(税込496円)。

ベーコンとソーセージをトッピングした、食べ応えのある大盛ペペロンチーノ。ソースには「オリーブオイル、赤唐辛子」を加え、風味と辛味を惹き出したとのこと。(1食あたり858kcal)

大盛りサイズで858kcalのカロリーからも、相当の食べ応えだとわかる。赤唐辛子の辛味が利いたペペロンチーノは、食欲を掻きたてる仕上がりなのは間違いがないだろう。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

セブンイレブンのペペロンチーノ『大盛!ソーセージペペロン』を食べてみた


ニンニクの香りがすごい!

フタを開ける前から、鼻を突くようなニンニクの風味。もう香りというより、ニンニク臭といった表現が合うほど。


そのニンニク臭からも分かるように、ニンニクの旨みと風味がガツンとくる刺激的な仕立て。

ニンニクの強い香りがぶわっと口の中を埋め尽くし、赤唐辛子の辛味が後を追うようにピリリとした刺激を絡めてくる。

激辛ではないけど、額に汗が少し滲んでくるくらいの辛さはあり、劇的に凄みさえ感じるニンニクの旨みを交えることで、ガッツリとした食べ応えのペペロンチーノとなる。

ソースには、唐辛子ペーストやニンニクペーストを染み込ませ、さらに細かくカットした唐辛子、ニンニクチップが大量に盛り付けられているんだから、そりゃかなりパンチの利いた味になるのは至極当然のことだろう。


唐辛子の辛味、ニンニク風味が強い味わいだけど、それ一辺倒ではない。

ソースをしっかり絡めてパスタを口にふくむと、辛味やニンニクの旨みの中に、オリーブオイルの豊かな香りとオイリーな口当たりを感じ、大胆な味わいながらに、オリーブオイルをよく活かしているのが分かるのだ。

オリーブオイルの油脂がパスタによく浸透するが、クセのある脂っぽさはなく、寧ろ辛味やニンニク感に対して爽やかな風味を与えてくれるので、意外に後味がいい。


「野菜なんていらねぇ!」とばかりに、ベーコンとソーセージのみの割り切った具材。

唐辛子とニンニクの尖ったペペロンチーノには、野菜なんて邪魔でしかないのかもしれない。

もちろん、ベーコンとソーセージともに、パセリの風味を纏った肉感ある旨みをたっぷり味わえるのは言うまでもないだろう。


健康食品やらロカボ食品など、意識高い系が注目するカテゴリーとは、真逆の立ち位置のペペロンチーノだ。

食べたいものを食べるだけ食べる

これが人が持つ「食」に対する本来の姿であり、背徳感も何も恐れることはない。あとは己の欲望に従うだけ。

「栄養?食事バランス?そんなの関係ねぇ!!」と何物にも捕らわれることなく、ただ単純にガツガツと貪り喰らえばいいのだ。

Advertisement

総評、おすすめ度

★★★★★★★☆☆☆(星7)
※星3=基準点(及第点)

「ニンニク!唐辛子!」といったペペロンチーノだから、お洒落なイタ飯屋で食べるような上品な味わいではない。

お子さんや女性だと食べ切れないボリュームだろうし、「男飯」と言ってもいいくらいの、ハンパないガッツリとした食べ応えなのだ。

「とりあえずニンニクをたっぷり詰め込んでこけばいいんだろ!お前らこういうのが好きなんだよな!?」と、このペペロンチーノの開発者たちの声が聞こえてきそうである。

昨今のコンビニ商品は、かなり本格的な美味しさを追求した商品が店頭に並ぶが、こういった良い意味で大雑把な味のモノが、コンビニ弁当の本来のあるべき姿なのかもしれない。

そんなことを考えさせられた、今回の『大盛!ソーセージペペロン』だった。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

スパゲティ・パスタカテゴリの最新記事