セブンイレブン『炙り焼き鶏の炊き込みご飯』この価格にしては具材が豊富でお買い得感あるお弁当

コンビニ愛好家のハルチカ(@haruchika_blog)が、気になるコンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

今回は、セブンイレブンの『炙り焼き鶏の炊き込みご飯』を食べてみることに。

価格は398円(税込429円)、カロリー1食あたり442kcal。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

炙り焼き鶏の炊き込みご飯(税込429円)

鶏肉と8種の具材を盛り付けた、彩りの良いお弁当。

いろいろな具を使った煮物。

「たけのこ、人参、れんこん、椎茸、いんげん」の煮物は、味がよく染みてていい。

煮物らしい甘めの味付けで、ゴロゴロと大きめなカットになっていて、ひとつひとつの具の食べ応えがある。

直火で焼き上げた鶏肉は、炙ったような香ばしさがいい。

メインのおかずになる鶏肉は、厚みがありながら、やわらか食感。

ジューシーさはそれほどでもないけど、鶏の旨味や甘味はあって、ほんのりとした焦げ感ある香りがなかなかそそる。

優しい味わいの炊き込みご飯だが、トッピングで食がすすむ。

たっぷりの具材の下には、出汁がやんわりと効いた炊き込みご飯が盛ってある。

煮物などが濃いめな味付けなので、ちょっと控えめな味のほうがバランスがいい。

炊き込みご飯の上には、「玉子そぼろ、人参きんぴらごぼう」がトッピングされている。

「玉子そぼろ、人参きんぴらごぼう」のおかげで、優しい味わいの炊き込みご飯のいい味変になり、バクバクと食べ進められるようになるのだ。

この価格のコンビニ弁当にしては、おかずが豊富でお買い得かも。

よくある炊き込みご飯の味だけど、とにかく具材がたっぷり盛り付けてあるので、いろいろな味と食感を楽しめるのがいい。

煮物はけっこう甘めなので、それが苦手じゃなければ、ぜひ一度食べていただきたいお弁当やね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログ運営の励みになりますので、下記のバナーをポチッとクリックしていただけたら嬉しいです!


コンビニグルメランキング

にほんブログ村 グルメブログ デパ地下・コンビニへ
にほんブログ村

商品詳細

商品名炙り焼き鶏の炊き込みご飯
価格398円(税込429円)
販売開始日2021年04月20日(火)
販売地域福島県、関東、新潟県、北陸、中京、島根県、広島県、山口県
栄養成分熱量:442kcal、たんぱく質:21.4g、脂質:7.8g、炭水化物:73.3g(糖質:69.6g、食物繊維:3.7g)、食塩相当量:3.5g
 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。
最新情報をチェックしよう!