セブンイレブン『かつおと昆布の旨みだし 天ぷらうどん』出汁がしっかり染みた深みがある味わいの天ぷらうどん

コンビニ愛好家のハルチカ(@haruchika_blog)が、気になるコンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

今回は、セブンイレブンの『かつおと昆布の旨みだし 天ぷらうどん』を食べてみることに。

価格は370円(税込399円)、カロリー1食あたり572kcal。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

かつおと昆布の旨みだし 天ぷらうどん(税込399円)

鰹と昆布だしの旨味が効いたつゆで食べる天ぷらうどん。

別添の七味唐辛子はお好みで。

天ぷらと麺は透明のトレーに盛られ、つゆと分けられている。

つゆが入った器に麺と天ぷらをぶち込んだら完成。

のど越し良い麺と出汁が優しく利いたつゆの味わい

麺はコシが強めで、つるっとのど越しも良好。

讃岐うどんほどの弾力はないが、固めの麺好きには嬉しい食感と啜り心地だ。

つゆは、いわし、さば、かつおの削り節、昆布の合わせ出汁をベースにした仕立て。

出汁の旨味がしんみりと身体に染み込んでくるような深みがある味わいやね。

そこに大きな天ぷらの油脂がつゆに染み込んでくるから、コクある油分の旨味がプラスされ、より一層味わい深くなる。

チープさはあるけど、クセになる味わいのかき揚げ天ぷら

天ぷらは「玉葱、人参、さつま芋、ごぼう、小松菜」を組み合せたかき揚げ。

サクサクではなく、つゆを吸って衣がフニャフニャになるが、それもまた一興。

衣に出汁の旨味がたっぷり浸透して、どこかチープながらも、これがなんかクセになるかき揚げの美味しさになるのだ。

野菜の食感が良いかき揚げになっていて、衣のコクと野菜の甘味がマッチする味わい。

なかでも玉葱のシャクっとした食感がたまらなく、いつまでも食べていたい衝動に駆られる。

出汁を活かしたつゆが美味しさのポイント

出汁を活かした味わいのうどんが好きなら、バッチリと美味しくいただけるはず。

なので、醤油が立った濃いめのつゆが好きなら少し物足りなさがあるかもしれない。

そういうときは別添の七味唐辛子でパンチを加えてみるといいかも。

麺は安っぽさはなく、コンビニのうどんとしてはつゆの味と合わせてクオリティが高い。

これで税込399円なら納得できる仕上がりだし、またリピートしたいと思えるかな。

商品概要

商品名かつおと昆布の旨みだし 天ぷらうどん
価格370円(税込399円)
販売開始日2020年09月30日
販売地域東北、首都圏、東海
栄養成分熱量:572kcal、たんぱく質:15.4g、脂質:19.5g、炭水化物:86.9g(糖質:80.7g、食物繊維:6.2g)、食塩相当量:3.6g

 

最新情報をチェックしよう!