セブンイレブン『まんぷく味噌かつ&海老フライ弁当』名古屋めしの定番「味噌カツ」と「海老フライ」を盛り付けたお弁当

コンビニ愛好家のハルチカ(@haruchika_blog)が、気になるコンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

今回は、セブンイレブンの『まんぷく味噌かつ&海老フライ弁当』を食べてみることに。

価格は550円(税込594円)、カロリー1食あたり977kcal。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

まんぷく味噌かつ&海老フライ弁当(税込594円)

名古屋めしの定番である「味噌カツ」と「海老フライ」を盛り付けた、プチ贅沢なお弁当。

赤しそふりかけのご飯が盛られ、豚カツの下にはトマトソースで炒めたスパゲティの姿も。

豚カツに、別添の味噌たれ、カラシをかけて食べるのが名古屋流。

エビフライは、タルタルソースでいただく王道スタイル。

ちょっと細身の海老だけど、衣の端から端まで海老の食感を味わえるのがいいね。

お弁当の海老って、身が小さすぎて衣ばっかりな状態だったりするもんだけど、これならそれなりに満足はできる。

名古屋人が食べ慣れ想像する、スーパーなどでよくあるお弁当に入った味噌カツって感じ。

味噌たれは、ただ単純に味噌だけの味ってわけではない。

もちろん、味噌ベースではあるけど、鰹や昆布だしの旨味、焦がし醤油の香ばしさを感じられる仕立てになっている。

噛み応えある弾力で肉肉しい食感の豚肉だけど、ジューシーさはそれほどなく。

お肉の旨味や甘味もちょっと希薄な印象。

味噌たれの濃厚なコクで味そのものに不満はないけれど、税込みでほぼ600円のお弁当ってことを考えると、豚肉の厚みや旨味はもっとほしいかなぁ。

価格なりの豚カツにしてほしいので、おすすめはできない

海老フライは最初からそれほど期待をしていなかったけど、肝心の豚カツも価格のわりには・・・って感じ。

同じセブンイレブンで食べられる「とんかつサンド」の豚カツは厚みがあって食べ応え満点だから、こっちのお肉を使えばいいのになぁって思うんだけど・・・!?

600円という価格になってくると、コンビニ商品以外のお弁当やランチなども選択肢に入ってくるので、このクオリティの豚カツで勝負するにはキツイんじゃないだろうか。

エビフライこそないものの、ホットモットのロースとんかつ弁当が520円で買えちゃうんだよね。

しかも、今回の豚カツと比べてお肉の質感が段違いに上だし。

お近くに同様の弁当専門店などがあれば、断然そちらをおすすめしたいかな。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログ運営の励みになりますので、下記のバナーをポチッとクリックしていただけたら嬉しいです!


コンビニグルメランキング

にほんブログ村 グルメブログ デパ地下・コンビニへ
にほんブログ村

商品概要

商品名まんぷく味噌かつ&海老フライ弁当
価格550円(税込594円)
販売開始日2020年12月15日
販売地域中京
栄養成分熱量:977kcal、たんぱく質:29.7g、脂質:31.5g、炭水化物:146.0g(糖質:141.4g、食物繊維:4.6g)、食塩相当量:3.9g
 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。
最新情報をチェックしよう!