セブンイレブン『牛乳を摂ろう とろけるミルクプリン』3層仕立てのミルクプリン!ミルキーな甘味とカラメルのほろ苦さのバランスが絶妙!

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う、学校給食の停止、飲食店の休業などの影響により、牛乳消費が減少しているのはご存知のとおり。

そんな状況のなか、セブンイレブンが牛乳を使った商品を発売することで生産者を応援しようと、牛乳消費を目的としたミルクフェアを開催。

牛乳でさっぱりと食べられるスイーツ「とろけるミルクプリン」「みかんの牛乳寒天」の2品が、全国のセブンイレブンで2020年6月2日より順次発売されているとのことだ。

 

今回は、先駆けて新発売した『牛乳を摂ろう とろけるミルクプリン』のほうをチョイス。価格は198円(税込213円)。

牛乳、練乳、クリームを使用した、とろけるような食感のミルクプリン。ほろ苦いカラメルソース、とろける食感のミルクプリン、ふんわりミルクムースの3層仕立てになっているとのこと。(1食あたり202kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブンの『牛乳を摂ろう とろけるミルクプリン』を食べてみた


上から、ミルクムース、ミルクプリン、カラメルソースの3層仕立てになったミルクプリン。


ミルクムースは、ちょうどいい乳清感がある控えめな甘さで、ふわふわっと軽やかな口あたり。

ミルクプリンのほうは、商品名の“とろける”ほどではないけど、なめらかな舌触りでふるふるっとした食感がやみつきになりそう。

2つをまとめて食べれば、これがまさに鉄板な組み合わせってわけで、牛乳や練乳のミルキーで優しい甘さが口いっぱいに広がってくるのだ。


最下層のカラメルソースは、甘さもあるけど、ほろ苦く香ばしい。

このほろ苦さが、ミルクムースやミルクプリンと交われば、これが絶品な美味しさに。

相乗効果でミルキーな甘味とほろ苦味が惹き立ち、乳清感たっぷりで甘苦い味わいを優雅に堪能できる。


「とろけるミルクプリン」ってほどではなかったけれど、プリンらしいなめらかな食感で、ミルキーな甘味とカラメルのほろ苦さのバランスが絶妙な仕上がりだったかな。

一般的なミルクプリンと違って、ミルクムースを盛り付けられているから、ちょっとした高級感があるよね。

もう少し値段が安いと嬉しいんだけど、それでも買って損したって気は起らないはず。

気になる方は、ぜひ一度食べてみてね!

おすすめ度

★★★★★★☆☆☆☆(星6)
※星3=基準点(及第点)

セブンイレブン
牛乳を摂ろう とろけるミルクプリン
発売日:2020年6月2日
価格:198円(税込213円)
カロリー:1食あたり202kcal
糖質:25.2g
食塩相当量:0.15g

最新情報をチェックしよう!