セブンプレミアム『一風堂 鶏とんこつ 柚子胡椒仕立て』柚子胡椒のピリッとした爽やかな辛味と風味がクセになるほどうまい!

今回は、セブンプレミアムの『一風堂 鶏とんこつ 柚子胡椒仕立て』をご紹介。

製造は日清食品で、価格は208円(税込224円)。

福岡県福岡市に本店の構える、豚骨ラーメンの有名チェーン店「博多一風堂」。

セブンプレミアム×博多一風堂のコラボ商品は度々発売されるが、今回の新商品は“お店で過去に発売して人気を博した限定メニュー”をカップ麺で再現したとのことだ。

一風堂 鶏とんこつ 柚子胡椒仕立て(税込224円)

鶏豚骨の白湯スープに、別添の柚子胡椒を加えて食べるのだという。

かやくは、「味付鶏つくね、キャベツ、玉ねぎ、ねぎ」。

スープは粉末タイプのみで、あらかじめカップの中に入っている。

鶏白湯が先行する、とろみが強い鶏豚骨スープ。

とろみがついた鶏豚骨スープになっていて、豚骨よりも鶏白湯らしい甘味を感じる味わい。

豚骨臭さはなく、クリーミーな口あたりが印象的。

たしかに豚骨の旨味は感じるものの、やっぱり鶏白湯が前に出てくるバランスだ。

とは言っても、濃厚なコクと風味は感じられるのも事実で、飲みごたえはかなりいい。

ただ、ラードが効いてガツンとした豚骨感を期待すると、ちょっと物足りないかもしれない。

やっぱり味の決め手は「柚子胡椒」ってことだ。

別添の「特製柚子胡椒」を加えると、スープの性格が一変。

柚子胡椒の風味が、鶏豚骨スープをうまく包み込んでいるようなイメージで、濃厚さと爽やかさがバランスよく絡んでいる。

鶏豚骨スープの濃厚な味わいは、柚子の風味で若干中和されるものの、ピリッとしたフレッシュな柚子胡椒の辛さがクセになるほどにうまいのだ。

平打ちのノンフライ麺がスープと相性抜群!

麺は、ノンフライ麺で細めのストレートタイプ。

平打ちになっていて、そのためかスープをカッチリ掴んでくる。

コシが強くて歯ごたえがよく、ホントにスープの味とよく合う。

とろみがあるスープと相性がすこぶる良いようで、今回の鶏豚骨スープのためだけにある麺と言ってもいいくらいだ。

鶏つくねが良い味だしてる!

鶏つくねは小さいながらも、鶏豚骨スープの味がギュッと染みてて、なかなか味わい深い。

肉肉しくはないんだけど、口の中でほろっと崩れていくような食感がなんか地味にうまいのだ。

実際に食べてみると、誰にでもウケが良さそうなクセがない味わいで、さすが一風堂のカップ麺ってところ。

豚骨感がマイルドで、鶏白湯の部分が強いけど、クリーミーな口あたりと濃厚な味わいを楽しめ、麺とスープの一体感がある出来栄えだった。

一風堂らしく、クセがなくて誰が食べても受け入れやすい味にまとまっているのはさすが。

濃厚な鶏豚骨スープながらも、柚子胡椒で爽やかにさっぱり食べられる後味は、やみつきになってしまうほどだ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログ運営の励みになりますので、下記のバナーをポチッとクリックしていただけたら嬉しいです!


コンビニグルメランキング

にほんブログ村 グルメブログ デパ地下・コンビニへ
にほんブログ村

商品詳細

商品名一風堂 鶏とんこつ 柚子胡椒仕立て
価格208円(税込224円)
販売開始日2021年04月12日
販売地域全国
栄養成分熱量:375kcal、たんぱく質:10.9g、脂質:8.2g、炭水化物:65.9g(糖質:63.1g、食物繊維:2.8g)、食塩相当量:7.8g
 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。
最新情報をチェックしよう!