セブンイレブン『なつかしのフルーツあんみつ』ひんやり涼しくいただける餡蜜にはなっているけど、こし餡もフルーツももう少しボリュームがあったら・・・

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、気になるコンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

今回は、セブンイレブンの『なつかしのフルーツあんみつ』を食べてみることに。価格は290円(税込313円)。

口の中でほろりと崩れる寒天と、さっぱりした甘さの黒蜜で仕立てた、懐かしさを感じるフルーツ餡蜜。あんず、みかん、パイン、さくらんぼ、白玉、こし餡を彩りよく盛り付けたとのこと。(1食あたり181kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブンの『なつかしのフルーツあんみつ』を食べてみた


カップは2段式になっていて、上の段は白玉、こし餡、フルーツが盛り付けられる。


下のカップに、小さめにカットされた寒天が入り、赤えんどう豆はちょっと少なめ。別添の小袋は黒蜜が入っている。


和スイーツの彩りを飾る白玉入り。


なめらかな口あたりで、上品な甘さのこし餡。寒天やフルーツの水気にやられて味が薄まるので、もう少し量があってもいいかも。


フルーツは、「あんず、みかん、パイン、さくらんぼ」といった、餡蜜ではお馴染の品揃え。どのフルーツもシラップ漬けになっていて、黒蜜の甘さともよく合う。


寒天のさっぱり感と黒蜜のまったりとした甘味の融合。とくに目立った派手さはないが、どこか素朴で懐かしの味っていうのは分かる気が。


「白玉、こしあん、寒天」の餡蜜を飾る素材に、「あんず、みかん、パイン、さくらんぼ」と、バラエティ豊富な具材で色々な味覚が楽しめる逸品。

絶妙な甘さのこし餡で、サッパリとした甘さなのは好印象だけど、価格のわりにフルーツが少ないかなぁ。

それに、こし餡が寒天やフルーツの瑞々しさに溶け込んでしまうのも気になるし。

ひんやり涼しくいただける餡蜜にはなっているけど、こし餡もフルーツももう少しボリュームがあったら・・・。

逆転の発想として、寒天を減らせばこし餡とのバランスも合ってくるので、それに伴い値段を下げてくれればね。

おすすめ度

★★★☆☆☆☆☆☆☆(星3)
※星3=基準点(及第点)

セブンイレブン
なつかしのフルーツあんみつ
発売日:2020年6月4日
価格:290円(税込313円)
カロリー:1食あたり181kcal
糖質:41.1g
食塩相当量:0.07g

最新情報をチェックしよう!