セブンイレブン『銀座デリー監修 バターチキンカレーおむすび』マイルドな香辛料の辛さとバターのコクで誰が食べても受け入れやすい仕上がり

1956年に創業し、日本で初めてカシミールカレーを取り入れたことで有名な老舗のカレー専門店「銀座デリー」。

その「銀座デリー」とセブンイレブンとのコラボ商品はもはや定番といってもいい。

毎回外れのない品質には定評があり、今回の『銀座デリー監修 バターチキンカレーおむすび』(税込140円)にも期待が持てるはず。

いったいどんな味になっているのか、さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

銀座デリー監修 バターチキンカレーおむすび(税込140円)

銀座デリー監修 バターチキンカレーおむすび』は、“秘伝のスパイスに漬け込んだタンドリー風チキンを入れることで本格的なバターチキンカレーに仕立てた”とのこと。

ご飯は、カレー風味漂うターメリックライスになっていて、ここにもバターで味付けを施している様子。

「スパイシー!」ってほどではないけど、ほんのりとカレー風味が口に広がり、とっても優しいターメリックライスの味わい。

もうちょっと辛味とコクがあってもいいかなぁって思うけど、トッピングされたカレーを引き立てるには、これくらいの味がちょうどいいのかも。

カレーのスパイスも程よく効いていて、「辛い~!」ってことはない。

マイルドな香辛料の辛さとバターのコクで、ターメリックライスと相まって、誰が食べても受け入れやすい仕上がりだ。

チキンもゴロゴロッと入っていて、鶏肉らしいやわらかな弾力ある食べ心地がいい。

あくまでもタンドリーチキン風なので、スパイスや焼けた香ばしさは希薄なものの、バターチキンカレーの鶏肉としては及第点。

もう少しスパイスやバターのパンチがあったほうが好みなんだけど、ターメリックライスとバターカレーのバランスがとれた美味しさといったイメージかな。

さすが「銀座デリー」が監修した商品というところやね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ブログ運営の励みになりますので、下記のバナーをポチッとクリックしていただけたら嬉しいです!


コンビニグルメランキング

にほんブログ村 グルメブログ デパ地下・コンビニへ
にほんブログ村

商品詳細

商品名銀座デリー監修 バターチキンカレーおむすび
価格130円(税込140円)
販売開始日2021年02月16日(火)
販売地域北海道、東北、首都圏、甲信越、北陸、東海、中国、四国
栄養成分熱量:kcal、たんぱく質:g、脂質:g、炭水化物:g(糖質:g、食物繊維:g)、食塩相当量:g
 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。
最新情報をチェックしよう!