セブンイレブン『香ばし炒めの青椒肉絲丼(チンジャオロースー丼)』王道的な青椒肉絲!シャキシャキ野菜がたっぷりで旨い!

コンビニ愛好家のハルチカ(@haruchika_blog)が、気になるコンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

今回は、セブンイレブンの『香ばし炒めの青椒肉絲丼(チンジャオロースー丼)』を食べてみることに。

価格は460円(税込496円)、カロリー1食あたり497kcal。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

ピーマンたっぷりの青椒肉絲を盛り付けた丼ぶり

香ばしく炒めた青椒肉絲(チンジャオロースー)を、たっぷりの餡で味わう丼ぶり型のお弁当。

レンジで温めフタをあけると、ピーマンの香ばしさがぶわっと一面に広がり、俄然と食欲を誘ってくる。

青椒肉絲とご飯が別々の器に盛り付けられている。

こうすることで、ご飯の蒸らし具合が良い感じに仕上がり、より美味しくいただけるとのこと。

具材は、豚肉、玉葱、ピーマン、タケノコという、シンプルな青椒肉絲の内容だ。

ピーマンのほんのりした苦みが美味しさのポイント

ピーマンをたっぷり盛り込んだ、彩り鮮やかな青椒肉絲。

豚肉、玉葱、ピーマン、タケノコを高温短時間で炒め、中華料理らしい香ばしさが惹き立つ仕上がり。

ひと口食べてみると、颯爽と口の中に広がるのは、凝縮された豚肉のコクがある旨味と甘味。

塩気も程よく立っていて、ホカホカなご飯と一緒に食べれば、これが至福の旨さ。

大きめにカットされた玉葱のシャキシャキ感、コリコリッと歯ごたえあるタケノコが良いアクセント。

緑が鮮やかに映えるピーマンもシャキシャキで、味覚にやんわりと残る苦味が全体の味を引き締める。

塩気と甘味がバランスよく馴染む餡に、このピーマンのわずかな苦味がめちゃくちゃ合っているんだよね。

王道的な青椒肉絲で飽きさせない旨さ

ガラスープやオイスターソースをベースにした、王道的な青椒肉絲の味わい。

「香ばし炒め」の名に相応しく、シャキシャキな野菜の香ばしさが、何よりも魅力的。

シンプルな味付けながらも奥深い旨味があり、お肉も野菜もたっぷり摂れるのが嬉しくもある。

ピーマンはビタミンCを豊富に含み、夏が旬の野菜でもあるから、これからの暑い季節にもぴったり。

豚肉の旨味、野菜のシャキシャキ食感を堪能しつつ、この青椒肉絲丼でしっかり栄養を摂ってみては!?

 

セブンイレブン
香ばし炒めの青椒肉絲丼
■価格:460円(税込496円)
■発売日:2020年07月14日
■カロリー:1食あたり497kcal
■たんぱく質:15.6g
■糖質:83.6g
■食物繊維:10.1g
■食塩相当量:1.8g

最新情報をチェックしよう!