セブンイレブン『マヨ仕立ての鶏メンチカツサンド』絶妙なマヨネーズの利き具合と、ほんのりスパイシーな生姜の刺激がクセになる!

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、気になるコンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

今回は、セブンイレブンの『マヨ仕立ての鶏メンチカツサンド』を食べてみることに。価格は150円(税込162円)。

鶏メンチカツとマヨネーズをふんわりと焼き上げたパン生地でサンドした惣菜パン。鶏メンチカツは、「醤油、にんにく、生姜」で下味をつけた鶏挽肉を使用し、ジューシーに仕立てたとのこと。(1食あたり487kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブンの『マヨ仕立ての鶏メンチカツサンド』を食べてみた


パンはふんわりと柔らかく、それでいてしっとりとした食感。

ロールパンらしい香ばしさと甘味もあって、揚げた鶏メンチカツを食べるのに相応しい。


迫力サイズの大きなメンチカツを2つにカットしてサンド。片方のパン生地には、メインの味付けであるマヨネーズが塗られている。


鶏メンチカツは、厚みがあって中身がギッシリ。

サクサクした衣ではないが、揚げたて感があるジューシーさは出ているね。

鶏挽肉は、「醤油、にんにく、生姜」で下味がつけられており、あっさりとした肉感ながらも旨味はしっかりと感じる仕上がり。

脂分は控えめで、ジューシーというよりかは鶏の旨味や甘味を存分に惹き出してくる味わいだ。

また、ほんのりスパイシーな生姜の刺激がたまらない。

これがなんだかクセになる味付けで、この『マヨ仕立ての鶏メンチカツサンド』を美味しくいただる、最大のポイントだろう。


鶏挽肉のほんのり生姜が効いた醤油味に、マヨネーズの組み合わせ。

黄身のコクが濃いマヨネーズの味になっていて、醤油ベースの鶏挽肉と絡めば、コッテリ感がありながらも後味はさっぱり。

いわゆる醤油マヨネーズっぽい味になるわけなんだけど、お肉の旨味を活かした和風テイストな味付けって感じ。


ボリュームある鶏メンチカツを、パン生地と一緒にガブッと口いっぱいに頬張ると、これがまた幸せな気分に。

嫌味のないマヨネーズと、さりげない生姜の利き具合が抜群で、コンビニの惣菜パンとしては、なかなか上品な質感と味になっている。

食べる際には、電子レンジで温めると尚旨し。

子供から大人まで美味しくいだだける逸品だから、胸を張っておすすめできるよ。

ぜひ、朝食やランチなどで召し上がってみては!?

おすすめ度

★★★★★★★☆☆☆(星7)
※星3=基準点(及第点)

セブンイレブン
マヨ仕立ての鶏メンチカツサンド
発売日:2020年5月26日
価格:150円(税込162円)
カロリー:1食あたり487kcal
糖質:41.9g
食塩相当量:2.0g

最新情報をチェックしよう!