セブンイレブン『チーズサムギョプサル 焼肉屋の焼飯ドリア』焼肉屋の人気メニュー、サムギョプサルとチーズを組み合せた爽快な辛さのドリア

コンビニ愛好家のハルチカ(@haruchika_blog)が、気になるコンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

今回は、セブンイレブンの『チーズサムギョプサル 焼肉屋の焼飯ドリア』を食べてみることに。価格は460円(税込496円)。

焼肉屋で定番の人気メニュー、サムギョプサルとチーズを組み合せた焼飯ドリア。香ばしく焼き上げた厚切りの豚肉、キムチ、チーズを絡めていただくとのこと。(1食あたり602kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブンの『チーズサムギョプサル 焼肉屋の焼飯ドリア』を食べてみた


サムギョプサルとチーズを組み合せた、韓国流の辛いドリア。いい意味でキムチ臭く、その香りが俄然と食欲を誘ってくる。


サムギョプサルは、いわゆる豚の三枚肉(バラ肉)のこと。ひと口サイズのお肉が、横並びに4つ入っている。


肉厚で嚙みごたえよく、脂身もたっぷりでジューシー。セオリーどおり、ごま油もしっかり絡んでいて、サンチュやエゴマの葉などで巻いて食べたい気分。


唐辛子が中心の、キムチの辛さと旨味がガツンと利いたパンチのある味わい。

肝心の辛さは激辛とまではいかないけれど、額から汗がにじむ程度にはハッキリと辛い。

そのピリッとした辛さに、ごま油の風味もついてきて、辛味と旨味のバランスが良い仕上がりになっている。

韓国料理らしい辛味があってコク深く、生粋の辛党には嬉しいドリアだ。


さらにチーズを絡めて食べてみると、これが想像していた以上にうまい!

辛さはマイルドになるけれど、塩気とコクが増して、一気にドリアらしい味わいに。


ただ、ドリアとしては、チーズとキムチの量が少なめかなぁっと。

最後の方はご飯だけ残ってしまうんだけど、前向きに捉えれば、キムチ味の辛い炒飯を食べているかのようで、それはそれで旨いのである。


パッケージに「夏ドリア」と記載されているように、食欲を刺激する辛さとコクがある味になっているから、夏バテで食が進まないときにぴったりかも。

キムチ味とチーズの組み合わせも抜群で、肉厚で脂がのった豚肉で精もつくことだし、ガッツリと食べたいランチなどにおすすめやね。

おすすめ度

★★★★★★★☆☆☆(星7)
※星3=基準点(及第点)

セブンイレブン
チーズサムギョプサル 焼肉屋の焼飯ドリア
発売日:2020年6月17日
価格:460円(税込496円)
カロリー:1食あたり602kcal
たんぱく質:17.2g
糖質:70.7g
食物繊維:7.7g
食塩相当量:3.6g

最新情報をチェックしよう!