7プレミアム『真あじの南蛮漬』お酒のお供にもおすすめ!酸っぱ甘くてさっぱりと食べられる惣菜

コンビニ愛好家のハルチカ(@haruchika_blog)が、気になるコンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

今回は、セブンプレミアムの『真あじの南蛮漬』を食べてみることに。

価格は278円(税込300円)、カロリー1食あたり127kcal。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

セブンイレブンで買える「あじの南蛮漬」(税込300円)

この「あじの南蛮漬」は、和風だしと2種類のお酢を使用し、まろやかな味付けに仕上がっているとのこと。

南蛮漬けなので常温または冷まして食べるのがセオリー。

冷凍ではなく冷蔵なので、フタを外してそのまま食べるだけのお手軽仕様。

酸っぱ甘くてさっぱりと食べられる味わい

半身のアジが4つ入っていて、ひとつあたりの大きさも満足できる内容。

野菜は「たまねぎ、人参、パプリカ」が揃い、辛味づけで輪切りの赤唐辛子が少々。

和風だしに米酢とリンゴ酢を合わせた、酸味を推した酸っぱ甘さ。

醤油を皮切りに、みりんや清酒で味を調えた純和風の仕立てになっている。

すっぱすぎない酸味が口の中に広がり、あとから出汁の旨味がついてくる、しみじみとした深みがある味わいだ。

アジはしっかりと味が染みて、身の締まりを感じられる歯触りがいい。

臭みは一切なくて食べやすく、余分な脂もないから、とってもさっぱりと味わえる。

ちょうどいい酸っぱさの南蛮漬けになっていて、アジの食感と旨味が引き立っているね。

玉葱、人参、パプリカにも味が染み込んでいて、さっぱりとした味わいが口の中で繰り広げられる。

野菜のシャキシャキ食感が心地よく、アジよりも酢が効いているのを鮮明に感じられ、南蛮漬けの味がさらに際立つ感じ。

南蛮漬けの美味しさがわかる年代におすすめ

南蛮漬って家庭で作るとなると、魚の頭や骨を取り除くのってなかなか面倒。

骨そのままだと食べにくいったらないんだけど、このセブンの南蛮漬けならそんな心配もご無用。

とっても食べやすく、しかも購入しやすい価格も魅力的で、さすがセブンプレミアムの品質の良さだ。

酢が効いた酸っぱ甘さをしっかり味わえることからも、お酒のおつまみにも良さげ。

子供や若い方はわざわざ選ばないかもしれないが、南蛮漬けの美味しさがわかる年代におすすめなお惣菜やね。

 

7プレミアム
真あじの南蛮漬
■価格:278円(税込300円)
■発売日:2020年08月04日
■カロリー:1食あたり127kcal
■たんぱく質:12.8g
■糖質:11.5g
■食物繊維:1.6g
■食塩相当量:1.4g

最新情報をチェックしよう!