【甘い濃厚ソース】サンヨー食品『サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば ガーリック風味』★際立つオタフクソースの旨味にガーリックの香ばしさが薫る焼きそば

【甘い濃厚ソース】サンヨー食品『サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば ガーリック風味』★際立つオタフクソースの旨味にガーリックの香ばしさが薫る焼きそば

スポンサーリンク

 

サンヨー食品の「オタフクお好みソース」シリーズから『サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば ガーリック風味』が新発売しました。

「オタフクソース」と言えば、思い浮かんでくるのは「お好み焼き」。甘く濃厚な風味とネットリとしたノリの良さが美味しいソースは「お好み焼き」とバッチリ合いますよね。
西日本を中心に広く知られていますが、お好み焼きのソースだけではなく、ウスターソースやとんかつソース、お酢などもあったりしますので、普段から使っている方も多いのではないでしょうか。

今回の一杯は、そんな「オタフクソース」を使用して仕上げたサンヨー食品が手掛けるカップ焼きそばで、「果実と野菜の甘みを引き立てた、フルーティでまろやかなソースに、食欲をそそる香り豊かなガーリック風味を合わせた」とのこと。

メーカー希望小売価格は180円(税抜)。内容量117 g(めん85 g)で、カップ焼きそばにしては控えめな498 kcalというカロリーです。全国にて2018年10月8日に新発売となっています。

スポンサーリンク

実食!『サッポロ一番 オタフクお好みソース味焼そば ガーリック風味』を食べてみた

▼まず開封してみたところ、液体ソースが1袋ありました。麺とかやくがカップ内に収まっています。

 

▼「す、少ねぇ・・・。」開口一番ポロリと呟いてしまいましたよ。「キャベツ、フライドガーリック」というかやく具材が入っていますが、寂しい感じ。カップ焼きそばって具材が少なめな傾向があるものの、これはあまりにもショボすぎ。

サンヨー食品の公式サイトには「コシがあり、もっちりとした食感のナチュラルなストレートの中太めん」と表記されてはいますが、見た感じは中太よりは細い麺かなぁって思います。濃厚な「オタフクソース」によく合うとのことですので、期待したいところ。

 

▼熱湯注いで3分間。液体ソースを加えたら完成!

 

▼甘いソースの香りが物凄く立ちこめてきますね。ソースで炒めた焼きそばのような香ばしさが漂っています。

 

スポンサーリンク

 

▼では、いただきます!

まさしくオタフクソースの味!

甘いです!
ひたすらに甘い!

フルーティな甘さで、まろやかというよりはマッタリとした感じ。ガーリックはガツンとくるほどではなく、ほんのりとニンニク風味が口に残る優しい香ばしさ。隠し味的なガーリックの利き具合になっていて、甘い濃厚ソースにひと味利かせた良いアクセントになっていますね。

そうは言ってもですね、ホントに濃厚な甘いソースなんですよね。ソースの味がかなり強いことには変わりはなく、「オタフクソース」をそのまま前面に押し出したような味で、なんだか食べ慣れた安心感のある旨さがあります。

ただ、個人的にはもっと大胆にガーリックの力強さがある旨味を出して欲しいかなってのはありますが、あまりガーリックが目立ってしまうと強いソース味とケンカしてしまうのかもしれませんね。

 

▼ソースが激しく絡んで色艶のある麺。ソースのノリが良いですね。

この麺、なかなかなモノですね。しっかりとした弾力があり、歯触りの良い食感で、ストレートの麺であることから滑らかな口当たりが好感触です。モチモチってわけではないですが、しっかりと旨味のある麺です。

めちゃ安い焼きそばのチルド麺ってあるじゃないですか。破格値だと9円とかで売っているような。あの手の麺を買ってきて家で作って食べる焼きそばのような感覚です。「オタフクソース」の強い味わいからしても、まさしくそんな焼きそばの味。

めちゃ安いチルド麺って言っていますが、煽っているわけではないですよ!?油揚げ麺なのにチルド麺的な食感ってことなので、寧ろ褒め称えているんです。

甘い濃厚なソースとも絶妙な絡みを魅せていてクオリティは高いと言えます。ストレート麺であることから、強いソース味を余分に絡めとってこない計算された配分なのかもしれませんね。かなり高次元の域で麺とソースのバランスがとれていると感じます。

 

▼トッピング具材は「キャベツ、フライドガーリック」のみ。

ハッキリ言ってかなり少ない量です。もともとカップ焼きそばって具材に期待はできないモノが多いんですが、これはあんまりです。定価180円って考えると、大盛りサイスでもないし具材のボリュームに正直不満は残ります。

ご覧のとおり、キャベツにソースがベッタベタに絡んでいます。量も少ないし個体としても小さめで、ソースがこれだけ付着すると、なにがなんだか分からなくなってきますね。集中して食べてみればシャキっとした食感はありますが、存在感が無さ過ぎて気付かないうちに喉を通りすぎてしまっているのはザラです。

 

▼フライドガーリックは3枚。圧倒的な少なさ。

食べてみればモソっとした嚙みごたえながら、ニンニクの旨味はしっかりと感じます。やっぱり量がないのでガーリックの恩恵を受けるほど味に変化はありません。味自体はなかなか良いので、もっと大量に入っているのであれば、ニンニクの旨味と香ばしい風味が薫るガツンとした味わいのソース焼きそばに仕上がったかもしれません。

 

▼完食です。

甘い濃厚なソース味にガーリックが程よく利いた今回の一杯、なかなかよくできたカップ焼きそばでしたね。

安価なチルド麺のような食感の麺は濃厚な「オタフクソース」と相性良く絡んでいて、まるで家で調理したような仕上がりを魅せています。油揚げ麺ながら、この良質な食感は素晴らしいの一言です。
欲を言えば、もう少しガーリックを押し出した味付けを期待したいところですが、これはこれでソースとガーリックのバランスのとれた味わいになっていると思います。

具材のボリュームの無さは気になるところで、決して安くはない価格からしてみるともう少し頑張って欲しかったですね。しかしながら、麺やソースは安定した旨さはありますし、安売りしていて安価で購入できるのであれば、ぜひ食べてみてほしいかなってオススメできますね。

カップ麺カテゴリの最新記事