【三重県産伊勢海老を使用した味噌ラーメン】50周年の豪華版『サッポロ一番みそラーメン』を食べてみた

【三重県産伊勢海老を使用した味噌ラーメン】50周年の豪華版『サッポロ一番みそラーメン』を食べてみた

スポンサーリンク

 

袋麺のサッポロ一番味噌ラーメンが50周年を迎えるとのことで、その記念で新発売した今回の『サッポロ一番 みそラーメン 50周年記念豪華版 三重県産伊勢海老使用 タテビッグ』。

その名のとおり、伊勢海老を使用した贅沢仕様で豪華版のカップラーメンであり、袋めん「サッポロ一番 みそラーメン」の味わいをビッグサイズのタテ型カップで再現した限定商品ということです。

 

いやぁ、伊勢海老ですよ!?

高価な食材ですし、それなりのお店に出向かないと普段なかなか食べる機会がないですよね。

まあ、伊勢海老の身が丸ごと入っているとかではないので、味そのものは普通の海老とそこまで大差はないと思いますが、伊勢海老って聞いただけでテンション上がってくるのは僕だけでしょうか!?

今回のサッポロ一番味噌ラーメンと伊勢海老の組み合わせ、果たしてどんなふうに仕上がっているのか、さっそく食べてみました!

スポンサーリンク

袋麺「サッポロ一番みそラーメン」発売50周年!伊勢海老パウダー&えびエキスのダブルで海老が利いたカップラーメン

サッポロ一番 みそラーメン 50周年記念豪華版 三重県産伊勢海老使用 タテビッグ』、定価230円で全国にて2018年12月3日に新発売。

冒頭でもあったように、袋麺「サッポロ一番みそラーメン」の発売50周年を記念して登場。

パッケージで「三重県産伊勢海老使用」と大きくアピールしています。

スープは「三重県産伊勢海老パウダー」、「えびエキス」を加え、海老の旨味を抽出しているようです。

 

中身はこんな感じ。「仕上げの小袋」はフタの上に別添されていました。

かやくは「キャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、魚肉練り製品、味付卵、ねぎ」というバラエティ豊かな内容が揃います。

「魚肉練り製品」は、どうやら海老を見立てている具材のようですが、名前からして海老が入っているわけではなさそう。この辺はコスト的にも仕方ないところでしょうね。具材まで伊勢海老だったら、カップラーメンの値段どころの騒ぎではない高価なものになっちゃいそうですし。

 

お湯を注いで3分間。

「仕上げの小袋」を加え、まさに仕上げに入ります。

色味が赤い調味油です。

ラー油だと思いますが、これでスープに辛味が加わり、味を引き締めるわけですね。

 

これで完成です!

味噌の香ばしさもさることながら、海老もかなり香ってきます!

この香り、食欲をめちゃ誘ってきますね。なかなか美味しそうじゃないかっ、これは!

スポンサーリンク

濃い伊勢海老の旨味!贅沢な味噌ラーメン『サッポロ一番みそラーメン』は驚愕のうまさ

さて、伊勢海老を使用した味噌ラーメンをいただいてみましょう!

 

まずはズルっとひと口。

うおっ!?これは…

 

えび!

エビ!!

海老!!!

 

伊勢海老、めちゃ利いてます!

海老から出る旨味のコクと厚みがハンパないですよ、このスープ。甲殻類独特の塩気のある出汁がよく利いていますね。

麺をすすれば、海老のしょぱいながらも甘さのある味わいと香ばしさがぶわっと口の中に広がってきてたまらない美味しさ!

 

スープは海老の旨味という旨味がすべて凝縮されていると言ってもいいくらいの濃い海老の深い味わい。ものすごく甘みと塩気のある海老が溢れんばかりに迫ってくる勢いのあるスープです。

数種の味噌をブレンドしたということですが、赤味噌をベースにした塩気の立った味噌味で、どちらかと言えば辛め。ここにジンジャーやガーリックを合わすことでキリリを引き締まったキレのある味噌スープになっています。

麺をすすったときには海老の強さをより感じましたが、スープだけで味わってみれば味噌もまたコク深い味わいを魅せていることがハッキリと分かり、質は違う塩気ながら味噌と海老のしょっぱさが絶妙にマッチングした仕上がりだと感じます。

味噌も海老も双方が強めの主張をしてきますが、お互いを邪魔することなくうまく噛み合っている味わいを作り出しているんじゃないでしょうか。

 

麺は食べ慣れたサッポロ一番のもの。柔らかめの弾力でコシはあまりなく、食感に秀でたものは感じられません。

でもね、このチープさがサッポロ一番って感じがして良いんですよ。ソフトな食感だからこそスープがよく浸透するのか、麺とスープの相性はかなり良好だと言えます。

スープはかなり味噌と海老が際立つ存在感があるので、正直この淡白な麺では負けてしまっているのは否めませんが、主張の控えめな麺だからこそスープの旨味を前に押し出したような濃厚な海老味噌の味わいを堪能できるんだと思いますね。

そういった意味では麺とスープのバランスはよくとれていると言えますし、芳醇な海老の旨味が浸透した味噌スープの美味しさはまさに絶品の域なことから、全体的に見たらかなり完成度の高い一杯です。

これはたまげた。度肝を抜かれたスープの美味しさですね。50周年記念と言わずにレギュラー化してほしいなって思いますね、この伊勢海老のサッポロ一番。

 

スープのインパクトからすると、具材の存在感はどうしても控えめに感じてしまいます。

そんな中で今回注目したいのが「えび風味団子」です。

伊勢海老をモチーフにした具材で魚肉を練り込んだものらしいのですが、海老が感じられるかどうかはは・・・。食べてみれば柔らかいカニカマのような食感。海老のような風味は若干あるような気がしますが、海老が強烈に利いたスープを飲んでしまった後なので味自体は淡白な感じがします。

肉そぼろも歯ごたえは良いんですが、肉感あるかって言われるとそこまでではないですね。ジャンキーさがあって美味しいんですけど。キャベツもシャキシャキしてて良かったし、スープの印象が強すぎるためにインパクトには欠けますが、全体的に考えたら縦型カップラーメンにしては充実している具材の内容ではあります。

これ以上ないレベルの海老が利いた味噌スープは驚愕の美味しさ!贅沢なサッポロ一番味噌ラーメンをトコトン味わえます!

伊勢海老を贅沢に使用した味噌スープ。これが今回のサッポロ一番の最大の目玉でしたが、ハッキリ言って

ものごっついうまさ

で驚きました。

ぐうの音も出ない感じでしたね。カップラーメンでここまで海老の旨味を惹き出せるもんなんですね。

 

スープだけだと贅沢仕様の高級な味わいでクオリティが高いのがわかりますが、庶民的な味わいが愛されるサッポロ一番のイメージとはかけ離れてしまうところ、麺は的を得たチープさであることから、サッポロ一番らしさを充分に実感することができます。

 

かなり本格志向の海老味噌味のサッポロ一番を是非食べていただきたいと思いますね。

カップ麺カテゴリの最新記事