日清食品『日清焼そばU.F.O.四川花椒香る 担々焼そば』スパイシーな「焼きばU.F.O.」を食べてホットな夏をのり越えろ!

日清食品『日清焼そばU.F.O.四川花椒香る 担々焼そば』スパイシーな「焼きばU.F.O.」を食べてホットな夏をのり越えろ!

スポンサーリンク

 

日清食品の「カップヌードル」「日清のどん兵衛」「日清焼そばU.F.O.」の御三家シリーズから、”麻・辣・酸” の3つの辛さを楽しめる「夏の辛口トリオ」として、それぞれの新商品が2019年7月29日に登場した。

今回は、その「夏の辛口トリオ」の一品である”麻” のメニュー『日清焼そばU.F.O.四川花椒香る 担々焼そば』を紹介していくよ!希望小売価格は193円(税抜)。

“麻・辣・酸” の3つの辛さを楽しめる「夏の辛口トリオ」から”麻” のメニューは、ごまの風味とコクをきかせた甘口濃厚担々ソースと、仕上げにかけると爽やかに香る特製花椒入りスパイスのシビれる辛さが特長です。

引用元:日清食品

辛いもの食べて汗を流せば気分も爽快ってことで、暑い夏の日にこういう辛いカップ麺をときどき食べたくなってくるよね。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

日清食品『日清焼そばU.F.O.四川花椒香る 担々焼そば』を食べてみた


辛さレベルは「2」なので辛味はそれほどでもなさそう。だけどシビれレベルは最高の「5」だから、花椒がガンガン利いているはず。


別添の「スパイス」がフタの上に張り付けられている。中身は「赤唐辛子、花椒、山椒」とのことだ。


別添品は、カップの中に入っている「液体ソース」と、フタの上にあった「スパイス」の2つ。


かやくは「チンゲン菜、味付豚ミンチ」の2種類だが、量はそれほど入ってはいない。麺は中太のストレートタイプ。


熱湯注いで3分間。湯切りをしたら、「液体スープ」を加えて麺を混ぜていく。「液体スープ」をかけた瞬間から、醤油と胡麻が織り交ざった坦々麺を思わす香りが立ちあがってくる。


最後に「スパイス」をふりかけたら完成だ。紅の色味がエグそうな赤唐辛子、香りの良い花椒や山椒がたっぷりで、とっても辛そうだ。


具材はそれほどボリュームはないけど、チンゲン菜は担々麺っぽい雰囲気があっていい感じ。

 

麺は滑らかなすすり心地で、噛めばもちもちしてて、とても油揚げ麺とは思えないクオリティの高さ。

唐辛子の辛味、花椒や山椒のシビれが、しっかりと麺に絡んでくるが、想像していたよりも辛さや刺激は穏やか。

シビれレベルはマックスの「5」としていたけれど、花椒や山椒の刺激もそれほど強くはないから食べやすい。

激辛ファンにはまったく物足りない辛さと刺激ではあるけれど、一般的な辛さを欲するのなら充分楽しめるレベルの辛さと刺激のはずだ。

胡麻の風味とコクのある醤油味をより良く楽しむには、適度な唐辛子、花椒、山椒の利き具合といったところやね。


口の中でほんのりと広がる唐辛子の辛味と、花椒や山椒の程よい刺激を舌で味わったあとに、香ばしい胡麻と豚のコクが染みた醤油ベースの力強い味わいがドカンとやってくる。

また、胡麻の香ばしさもさることながら、花椒や山椒の風味も香り高く舞い、濃厚で甘みのある醤油味にベストな香り立ちを加え、さらに奥深い味わいに仕立ててくるもんだから、これがクセになっちゃう美味しさなんだよね。

Advertisement

総評、食べてみた感想

★★★★★★☆☆☆☆(星6)
※星3=基準点(及第点)

辛さよりも醤油だれの旨みを推し出してくるバランスの仕上がりで、程よい辛みと刺激のなかに、コク深い甘口醤油味をたっぷりと味わえる坦々焼きそばってとこやね。

個人的にはもっと辛みや刺激を加えてほしかったけど、辛味が得意でない方でも楽しめる辛さレベルで、醤油だれの旨みを堪能するということに関しては、全く文句のつけようのないクオリティの高さだと言える。

「日清焼そばU.F.O.」というビックネームを背負っているからには、あまり過激な仕上がりでもいけないだろうし、「万人ウケ」という視点から考えれば、日清のロングセラー商品としての責任は充分果たしているだろう。

気になる方はぜひ食べてみてね!

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

カップ麺カテゴリの最新記事