【実食】日清食品『日清麺職人 黒酢サンラータンメン』★黒酢入り!酸辣湯スープがうま辛な一杯

カップ麺

日清食品から発売されている日清麺職人シーリーズのひとつである『日清麺職人 黒酢サンラータンメン』。
この商品は2017年10月30日に『日清麺職人 生姜醤油』と一緒に新発売となっており、寒い季節にピッタリな期間限定販売の麺職人なのだとか。

今年のかなりな猛暑も大分和らいできたとはいえ、まだまだ暑さが続きます。
そんな時期に「寒い季節向け」という限定商品がスーパーの店頭に所狭しと山積みされていたんですよね。
こんな先走った状況に少しツッコミたいところではありますが、今日は無性に辛い麺を食べたかったこともあり、結果オーライということで手に取ってみました。

スポンサーリンク

『日清麺職人 黒酢サンラータンメン』その中身は!?

▼『日清麺職人 黒酢サンラータンメン』。価格は180円(税別)、カロリーは282kcalで意外にヘルシーです。

パッケージの色彩やデザインが雰囲気あって気分が高まりますね。
今回の麺職人は黒酢入りの酸辣湯(サンラータン)スープということですが、「酸辣湯って何ぞや?」っていう方もいらっしゃるかもしれません。酸辣湯とは中華料理のスープのひとつで、酢の酸味と唐辛子や胡椒の辛味と風味を利かせた酸っぱ辛いスープのことです。
そんな中華を思わせる麺職人ということで、黒酢の酸味と唐辛子の辛味の組み合わせがどんな味わいになっているのか楽しみな一杯です!

▼「まるで生麺」でお馴染の“全粒粉”入りノンフライ麺を使用。

”全粒粉” とは、小麦の外皮などを丸ごとひいたもの。その“全粒粉”を麺に練り込むことで、小麦本来の風味と美味しさを惹きだしたという本格的なノンフライ麺なのだとか。

▼麺に練り込んである“全粒粉”、見えますでしょうか!?

香りを嗅いでみると小麦の香ばしさが漂ってきます。

▼別添しているのは、後入れ液体スープ、かやくの2袋です。

 

▼お湯を注ぐ前にかやくを投入します。

 

▼かやくの具材は、かきたま、キクラゲ、唐辛子、ネギ。

たまごの黄、唐辛子の赤、ネギの緑の多彩な色合いに、コリコリしてそうなキクラゲが映える内容です。

▼熱湯を入れて4分待ちます。そして4分後の状態がこちら。

細いですが芯がしっかりとしている麺なので、戻し時間も長めです。ここで後入れ液体スープを投入します。

▼投入直後の液体スープ。

朱色に輝き辛味がありそうなスープです。油脂もたくさん浮いています。

▼スープを全体に馴染ませたら、『日清麺職人 黒酢サンラータンメン』のできあがり!

香辛料がスープ一面に広がっており、なんとも辛そうな見た目です。

スポンサーリンク

「黒酢」入り!うま辛酸辣湯スープの『黒酢サンラータンメン』実食!

▼スープは、黒酢による酸味が香辛料や唐辛子の辛味をしっかりと惹きたてるスープになっています。ひと口飲んでみるとピリっとした辛味のあとに黒酢の酸味がマイルドに口に広がってきます。醤油の甘みに鶏や豚の旨味が加わったコクある味わいと黒酢の香りや酸味がとても深い味わいに仕立てており、ちょうどいい唐辛子や香辛料の辛味が口当たりの良い飲みやすさとなっています。

僕は「辛いもの好き」なんだけど、「強くはない」んですよね。ピリ辛程度に感じたスープですが、人によっては「全然辛くないじゃん!」ってなるかもしれませんし、もしかするとその場合は黒酢の酸味のほうが強く感じるスープになるかもしれませんね。
個人的には満足のいく辛味でしたし、黒酢の酸味を生かしたバランスの良い辛味でしたので美味しくいただけました。

▼麺は細めのストレートなノンフライ麺。

細い麺なのに物凄い弾力、力強いコシがあります。これだけ細いと麺の味が弱い主張になってしまうところが、小麦の香味をしっかり感じられる麺になっています。麺職人のノンフライ麺は相変わらずのクオリティの高さを魅せてくれますね。黒酢を使用した酸辣湯スープともよく馴染んでいて酸っぱ辛い旨味をしっかり味わうことができますが、スープを直接飲んだときよりも麺をすすったときのほうが辛味の刺激が強いような気もしましたね。

▼トッピング具材は、かきたま、キクラゲ、唐辛子、ネギの顔ぶれ。

たまごの黄、唐辛子の赤、ネギの緑が朱に染まったスープに映える見た目ですが、お世辞にも具だくさんとは言えないボリュームです。“かきたま”はしっかりと玉子感ある味わいで、辛いスープと絡み合うことで甘みが増して美味しくいただけます。ほかの具材に対しては、「あるだけマシ」程度な感じですね。キクラゲなんかはコリコシして歯ごたえは良いんですが、小さくカットされすぎなので食べてる気がしてきません。コストの問題が大きいのかもしれませんが、もう少し全体的にボリュームを出してほしいかなとは思います。

クセになる酸味と辛味が旨い!『黒酢サンラータンメン』でした

今回は日清食品の『日清麺職人 黒酢サンラータンメン』を食べてみました。個人的な感想としては、ちょうどいい絶妙なピリ辛味で黒酢の酸味をうまく惹きたてている一杯だと感じました。

麺職人のノンフライ麺はやっぱり麺職人の麺であることを再確認できました。芳醇な小麦の香りと生麺っぽい食感はさすがのレベルのデキです。スープとも相性良く絡んでいましたし、しっかりと酸っぱさと辛さのある酸辣湯の味を口まで届けてくれます。

辛さの度合いは個人差があるので、物足りない辛さだと感じる方には黒酢の酸味がより強くなる味になるかもしれませんが、それでも黒酢の酸味がよく利いた深い味わいを堪能することができる一杯だと思います。

スポンサーリンク

コメント