【絶品なうまさ】『日清麺職人 火鍋風麻辣麺』★唐辛子と花椒の絶妙な辛味!マーラー味の辛い麺職人

【絶品なうまさ】『日清麺職人 火鍋風麻辣麺』★唐辛子と花椒の絶妙な辛味!マーラー味の辛い麺職人

スポンサーリンク

 

「日清麺職人」は、まるで生麺のような食感の麺が美味しいと評判で、主婦層を中心とした女性に人気のカップ麺です。全粒粉入りのノンフライ麺は小麦本来の風味がある本格的な麺で、「日清麺職人」の大きな特長でもありますが、始めて食べたときはクオリティの高い麺の旨さに感動したものです。

今回、そんな「日清麺職人」から新作が登場しました!
女性に人気の鍋料理の味わいを「日清麺職人」らしくアレンジしたとのことで「日清麺職人 火鍋風麻辣麺」「日清麺職人 水炊き風鶏だしそば」の2品が2018年10月22日に期間限定での新発売となっています。

 

▼前記事で「日清麺職人 水炊き風鶏だしそば」のほうは実食済みですので、今回は「日清麺職人 火鍋風麻辣麺」を食べてみたいと思います。

希望小売価格180円(税別)、内容量81g(めん65g)、カロリー305kcal。

内容量が少ないってこともありますが、カップ麺にしてはヘルシーですね。普通に食べる男性には少し物足りないボリュームかもしれません。

 

今回の一杯は火鍋をアレンジしたものとなっており、「チキンをベースに花椒や唐辛子などのスパイスをきかせた、しびれと辛さがやみつきになるうま辛スープと、全粒粉入りノンフライ麺が相性抜群の一杯」とのこと。

火鍋とは、要するに中国の食文化において広まっている辛い鍋料理のことで、中国以外のアジア圏、日本やアメリカの中華街など世界中の火鍋専門店、中華料理店で扱っているようです。

その火鍋をモチーフとした「麺職人」とのことですが、辛味のベースとなるのは花椒と唐辛子。すなわち麻辣味(マーラー味)ってことなのですが、最近では麻辣味のカップ麺がよくリリースしており、人気のあるジャンルのようですね。

麻辣味の火鍋ってどんな感じなのでしょうね!?
辛いのかどうなのか、辛いのならどれくらい辛いのか。その辺が気になるところで、さっそく食べてみました!

スポンサーリンク

火鍋をアレンジした麻辣味の麺職人★その中身は!?

▼「和」がコンセプトの親しみやすいモダンなパッケージ。和柄の手ぬぐいのような落ち着くデザインになっています。

 

▼開封して中身を取り出したところ、「かやく、粉末スープ、調味オイル」が入っていました。

 

▼「麺職人」最大のウリである“全粒粉”入りのノンフライ麺を使用。この麺を食べるだけでも価値のあるカップ麺です。

 

▼このように麺に練り込んである“全粒粉”を目で見てとれます。この“全粒粉”が美味しさの秘訣なのです。

“全粒粉”とは小麦の外皮などを丸ごと挽いた小麦粉の一種で、米でいえば玄米のようなものです。その“全粒粉”を麺に練り込むことで、小麦がもつ本来の風味が加わり美味しさがアップするとのこと。

 

▼かやくは「胡麻、かきたま、ネギ、赤唐辛子」。

「麺職人」に具材のボリュームを求めてはいけないんですが、やっぱり少ない。「具材なんてただの飾りです!偉い人にはそれがわからんのですよ!」ってことなんでしょうね。

 

▼お湯を入れる前に粉末スープを先に加えておきます。

けっこう花椒の利いた香りがプ~ンって漂ってきます。これは期待のできる麻辣の辛味になっていそう。

 

▼熱湯注いで4分間。時間が経ったら調味オイルを加えて仕上げます。

戻し時間は4分ですが、規定通りでも麺がまだちょっと解れにくいです。かなり芯の強い麺なので5分くらいでいい塩梅になるかと思います。

 

▼完成です!

めちゃ赤いやん、このスープ!この赤さ、相当エグイよ!

薫ってくる香りからしても辛そうですね。香りを嗅いでいるだけで食欲が刺激されてきます。

スポンサーリンク

実食!『日清麺職人 火鍋風麻辣麺』を食べてみた

▼さっそくいただきます!

ほほぅ、これは辛うまやねぇ~

めちゃ辛いってことはない、ちょうどいい辛味。スープの赤々とした色味から激辛レベルを想像していましたが、思っていたよりマイルドな辛さになっています。

 

▼麺は細めストレートの丸麺で、“全粒粉”入りのノンフライ麺。相変わらずのクオリティの高さを魅せていますね。

小麦の香ばしさが良いんですよね、「麺職人」の麺って。
芯が通った硬めの弾力がしっかりとしたすすり心地を生んでいます。噛めばモチモチというよりはムチっとした食感になっていて、これがまた美味しいんです。細い麺なのにスープをガッシリと掴んで離さないため、今回の麻辣スープをしっかりと楽しむことができます。

麺の美味しさは文句の付けどころが全くないんですが、やっぱり麺量65gっていうのは物足りない食べ応えだと感じてしまいます。女性をターゲットにした商品なので、まさに女性にちょうどいいボリュームなのでしょうね。305Kcalの低カロリーでヘルシーなカップ麺ですしね。

 

▼スープは「チキンをベースに花椒や唐辛子などのスパイスをきかせた、しびれと辛さがやみつきになるうま辛スープ」とのこと。

しっかり辛いと感じる麻辣味。唐辛子と花椒の利きのバランスはイーブン。どちらも出しゃばりすぎずに上手く重なり合って辛味を出しています。

辛さは激辛ってほどではなく、辛いものが苦手って方でもギリギリ美味しくいただける辛味だと感じました。僕は辛さにけっこう敏感なほうなので、辛さに強い方には刺激は足りないかもしれませんけど。

万人受けする辛さだと思いますが、花椒と唐辛子が融合した麻辣味ってことからすると、もうちょっとパンチのある強い辛味がほしいところ。しかしながら花椒のシビレは控えめとはいえ舌に残りますし、唐辛子の辛味もピリリと刺激を与えてくれるので、スッキリ爽やかな辛味を味わえます。

このスープ、適度な辛さで美味しいです!
麺に絡んだスープの味よりも、スープをダイレクトに飲んだほうが味に深みがあります。強すぎない辛味なので、スープ本来の鶏を基調とした旨味の塩気とコクが活きていますし、唐辛子の辛味や花椒のスパイス感が加わることでスッキリとした奥深い味わいを堪能できます。

この身体の芯から温まる、ちょうどいい辛味の唐辛子と花椒の利いた麻辣味は、これからの寒い季節にはピッタリなんじゃないでしょうか。

 

▼トッピング具材は「胡麻、かきたま、ネギ、赤唐辛子」という構成。

「麺職人」って相変わらず具材にボリュームがないんですが・・・

 

麺とスープが美味しければ、もうなにもいらないよっ!

 

もうね、「麺職人」を食べるってなったら具材はもう関係なしって割り切りましょう!

スーパーハイクオリティのノンフライ麺が、様々な趣向を凝らしたスープとどう切り込んでいって美味しさを魅せてくれるのか、それが「麺職人」を楽しむ醍醐味なのですから。それ以上多くを求めるのはヤボってもんです。

ハッキリ言って具材は、スープの味わいをほんの少し後押ししてくれればオールオッケー!
今回の具材で言えば、胡麻と赤唐辛子はナイスなアシストをしてくれています。胡麻はコクが出るほど多くはないんですが、芳ばしい香りを添えてくれていて香り高いスープに仕上げます。赤唐辛子もスープにしっかりと寄与しており、麻辣の辛味をさらに強くして火鍋の演出に一役買っていましたね。

鶏ベースの旨味にちょうどいい麻辣の利きが加わるスッキリとした奥深い辛味の麺職人

美味しかったですよ、今回の「日清麺職人 火鍋風麻辣麺」はっ!

麻辣味ってことを加味すると唐辛子と花椒の強い刺激が欲しいところではありますが、とても食べやすい辛さで鶏の旨味もしっかりと味わえる一杯になっていました!

女性をターゲットにした「麺職人」ですので、敢えてあまり強い辛味にせず、ベースとなる鶏を活かした奥深い美味しさを追求したのかもしれませんね。

定価180円ですが、割引率が高めの商品なので100円チョイで購入できるのもポイントが高いです。この価格を考えれば貧弱なボリュームの具材でも全く不満はありませんし、寧ろ低価格で最高峰レベルのノンフライ麺とそれに見合う旨味を魅せるスープを楽しめるのって贅沢なことだと思います。

これだけの美味しさなので期間限定販売ということが悔やまれますが、レギュラー化してほしいって声が多ければ定番ラインナップに加わるかも!?

ぜひ食べてほしいって自信を持ってオススメできる一杯ですので、気になる方はお試しくださいませ!

カップ麺カテゴリの最新記事