セブン&アイ限定『日清 濃くてうまい TANMEN』ガーリックを麺に練り込んだ“旨み練り込み麺”がうまい!!

2020年6月22日より、セブン&アイと日清食品のコラボ商品、『日清 濃くてうまい TANMEN(タンメン)』が新発売!

全国のセブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークベニマルなどの約21,500店舗での限定販売となっている。

なお、『日清 濃くてうまい MISO』も同時発売。

この「日清 濃くてうまい」シリーズは、カップラーメンの新たな美味しさと価値を目指し、麺とスープの濃厚さにこだわった商品とのことだ。

濃くてうまい”というわかりやすいコンセプトと、ガーリックを麺に練り込んだ“旨み練り込み麺”が大きな特徴。

スープにニンニクをたっぷり使ったカップ麺は星の数ほどあるけれど、麺にまで練り込んだのはかなり珍しい。

このセブン系列のみでしか味わえないタンメンを、さっそく食べてみることに。

 実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

目を惹くポップなパッケージデザイン


緑黄色野菜をイメージするような、グリーンをベースにしたポップなデザイン。

「濃くてうまい」と明確な商品名に、セブンと日清の確固たる自信がヒシヒシと伝わってくる。


麺までガーリック、やみつきタンメンの文字が、このカップ麺のすべてを物語っている。

さっぱりとした後味の、ガーリック系塩スープがうまい!

スープは、野菜とチキンの旨味に溢れ、ガーリックの粒を加えることで 濃厚な味わいを実現したとのこと。

ガーリック推しのカップラーメンって、豚骨などのコッテリ系スープに多く見受けられるのだけど・・・

しかしながら、今回のスープについては、野菜とチキンを活かした塩味がメイン。

ガーリックの粒々が入っていて、ニンニク風味をしっかり感じらながらも、塩スープとのバランスが非常に良く、コテコテ感は控えめ。

さっぱりとした口あたりになっているから、ついつい最後まで飲み干してしまいそうな美味しさだ。

また、ピリッとした胡椒の辛味も効いて、ニンニク風味の塩スープの味をさらに惹き上げているのである。

ガーリックを練り込んだ麺で、さらにパワフルなニンニク感に!

この「濃くてうまい タンメン」は、ガーリックを麺に練り込んだ“旨み練り込み麺”が最大の特徴。

スープだけ飲んだときは、意外にあっさり系なニンニク&塩味なので、「濃くてうまい」というコンセプトほどではない感じだった。

ところが、麺にもガーリック。

そういうことで、麺とスープのニンニクがダブルでドッキング。

スープを麺に絡めて食べれば、ガツンと味覚に響くパワフルなニンニク風味の「濃くてうまい」な味わいが完成するわけなのだ。

具材も豊富でタンメンらしい食べ応え


「キャベツ、味付豚肉、キクラゲ、人参」の具材が揃う。

たっぷり入ったキャベツの食感が印象的で、ニンニクが効いたタンメンのスープとも相性が良い。

縦型カップ麺にしては具材が多く、製造元である日清のカップヌードルにも劣らないボリュームなのが嬉しい。

麺とスープの組み合わせで「濃くてうまい」タンメンを楽しめる

きちんとタンメンの塩スープのイメージを持ちながら、そのなかにガーリックをバランスよく加えたバランスの良い味になっていた。

ガーリック入りの麺とスープが合わされば、味にムラがなく「濃い味」を楽しめるのが好印象。

ただ、二郎系のような「豚骨!背脂!ニンニク!」といった暴力的なインパクトはないので、味が強くて突き抜けたコッテリ感が好きな方には、ちょっと物足りないかも。

その反面、豚骨や背脂などの強烈なパンチ力に邪魔されることはないので、より純粋に、ストレートにガーリックを感じられる仕上がりだとも言えるかな。

おすすめ度

★★★★★★★☆☆☆(星7)
※星3=基準点(及第点)

セブンイレブン
日清 濃くてうまい TANMEN
■発売日:2020年6月22日
■価格:148円(税抜)
■カロリー:324kcal
■たんぱく質:7.8g
■食塩相当量:5.4g

 

▼こちらもぜひチェックしてみてね!

関連記事

セブン&アイグループ限定で『日清 濃くてうまい MISO(みそ)』が新発売!同日発売の「濃くてうまい TANMEN」とともに、6月22日より全国のセブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークベニマルなどの約21,5[…]

最新情報をチェックしよう!