【じゅわりと溢れる肉汁の旨み!?】日清食品『日清のどん兵衛 肉そば』★これは旨い!だしの利いた関西風の肉蕎麦

【じゅわりと溢れる肉汁の旨み!?】日清食品『日清のどん兵衛 肉そば』★これは旨い!だしの利いた関西風の肉蕎麦

カップ“うどん”や“そば”の先駆者的な存在と言ってもいいくらいカップ麺好きに愛されてやまない『日清どん兵衛』。
“きつねうどん”、“天ぷらそば”をはじめとする多種多様な味が揃っており、大変人気のあるシリーズなのは皆さんご存知のとおりですよね。

『日清どん兵衛』のうどん麺は、油揚げ麺とは思えないツルっとしたのど越しが光る麺になっています。もはや同ジャンルに位置づけするカップうどんでは太刀打ちできないほどの完成度になっています。
今回食べてみるのは、『どん兵衛』シリーズのひとつである『日清のどん兵衛 肉そば』なので、「うどん」ではなく「そば」。油揚げ麺ながら質の高さを魅せるうどん麺から想像すると、同じ『どん兵衛』シリーズである「そば」のデキにも期待をしてしまいますが、その味わいは如何ほどに!?

スポンサーリンク

『日清のどん兵衛 肉そば』その中身は!?

▼『日清のどん兵衛 肉そば』、価格は180円(税別)。カロリーは360kcalでそこそこにあります。

大きく「肉」と主張したロゴが目立つデザインになっています。「じゅわり、肉汁の旨み」っていうフレーズが肉感あることを想像させてくるので、「早く食わせろ!」とお腹がグ~っと知らせてきます。

▼“粉末スープ”と“かやく”の2袋が別添されています。

 

▼かやく具材は、今回のメインである“牛肉”、“ワカメ”、“ネギ“の品揃え。

そこそこな数の“牛肉”が入っており、ワカメやネギもそれに負けないくらいのボリュームです。この時点では牛肉は小さめですが、お湯で戻したらどうなるのか!?「オマエの本気を見せてくれ!」と願わんばかりです。

▼“粉末スープ”をお湯を注ぐ前に投入。

 

▼お湯を入れて3分待てば、『日清のどん兵衛 肉そば』のできあがり!

鰹の利いた魚介だしの良い香りが漂ってきます。お湯で戻したことでワカメがブワっと大きく増えたよう。
牛肉の大きさはあまり変わらないかな!?ボリュームが出なかったのは少し残念でありますが、その肉汁の旨みに期待したいところです!

スポンサーリンク

「じゅわり」とした肉汁の旨み!?『日清のどん兵衛 肉そば』実食!

▼まず、“そばつゆ”からひと口。

うん、これは美味しい!

醤油の甘みにカツオや魚介のダシが利いた“そばつゆ”になっています。強めな醤油甘みですが、口当たりはアッサリしていていますね。牛肉から染み出た旨味がコクを出し、カツオの風味がよく利いています。醤油の甘味、牛肉の旨味、カツオの風味がそれぞれバランス良く惹きたて合い、まさに三位一体の美味しさに仕上がっています。イメージ的にはダシを主体としたアッサリな関西うどんの味になっていると思います。

パッケージにもあるように「肉」っていうことを強調している『どん兵衛』なので、もっとガツンとした肉感ある濃さを想像してしまいますが、それとは逆の路線で優しい味わいの“そばつゆ”です。「上品」なダシの利いた甘さのある醤油味に仕上がっていると印象を受けました。

▼麺は、蕎麦らしい細めストレートな油揚げ麺です。

これは、しっかり蕎麦の風味が感じられる麺になっていますね。麺をすすれば蕎麦の良い香りが鼻からスーっと抜けていきます。
甘めの“つゆ”がガンガンに麺に絡んでくることはないので、蕎麦そのものの味や風味を損なわず食べすすめることができます。これが太くてちぢれのある麺であれば“つゆ”の甘さが強めに主張した味になるのでしょうが、細くてまっすぐな蕎麦であるからこそ今回の甘めな“そばつゆ”とも調和のとれた味わいに仕立て上げることができるのでしょうね。“そばつゆ”と抜群にバランスのとれた味わいを楽しむことができる良くできた麺になっていると思います。

▼トッピング具材は、“牛肉”、“ワカメ”、“ネギ”。

今回の注目の品である牛肉はかなり甘めの味付けがされています。この味付けが“そばつゆ”にも染みこむことで旨味に厚みを出しているようです。牛肉自体に脂分もありますが「肉らしさ」がある「肉汁」も多少はあるように感じます。パッケージにある「じゅわり、肉汁の旨み」というほどのものは残念ながらありません。食感的には牛肉らしい嚙み味と旨味が味わえます。「肉」を強調しているわりには「インパクトが薄い」とどうしても感じてしまうボリュームで、一緒に入っている“ワカメ”のほうが食べ応えがあったくらいです。コスト的にも致し方ないところなのはわかっちゃいますが、牛肉という味わいは、まあまあ堪能できるのでヨシとしておこうかといったところですね。

まとめ★関西風のだしが利いた深い味わいの蕎麦になっていました

今回は、『日清のどん兵衛 肉そば』を食べてみました。甘さのある醤油味の“そばつゆ”は、鰹や魚介のだしがしっかり利いたアッサリとした仕上がりで蕎麦の風味と素晴らしくマッチした味わいを魅せる一杯になっていました。
麺は『日清どん兵衛』のうどん麺のクオリティにも負けずとも劣らない食感と質感で、カップ麺ということを忘れてしまうくらいの美味しさでした。これだけの蕎麦の良い香りを口に運んでくれるのは大変すごいことだと思います。
「肉そば」ということで期待をしていた牛肉具材は、強めな甘さのある味付けで牛肉の食感や旨味は感じられたものの、「肉」と前面に押し出してくる主張からしてみると弱いインパクトです。コストのかかる牛肉ではなく、思い切って豚肉にしてしまえばって考えましたが、「肉そば」としてはアリなんでしょうかね!?

ガツンとした「肉」を思いっきり楽しみたいっていうことはできませんが、牛肉そのものの味はきちんとした旨味があります。関西風のだしの利いた甘めの醤油つゆで香り豊かな蕎麦をすするということについては太鼓判を押せるほどに旨いです!

カップ麺カテゴリの最新記事