【めちゃ豪華】『日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせそば』★3つの具材を贅沢に使用したリッチな気分になれる蕎麦

【めちゃ豪華】『日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせそば』★3つの具材を贅沢に使用したリッチな気分になれる蕎麦

スポンサーリンク

 

日清食品からどん兵衛の「全部のせ」第一弾として「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」が今年4月に発売しました。「ふっくらおあげ」「サクサク天ぷら」「ジューシィ牛肉」の3つを全部のせした豪華な「どん兵衛」のうどんとして、SNSなどを中心に話題となっていました。

そんな贅沢極まる「どん兵衛」のうどんでしたが、「今度はそばで食べてみたい」という要望が相次いだようで、今回どん兵衛全部のせの蕎麦バージョン『日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせそば』が登場。2018年10月15日から全国で販売となります。

日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせそば』は、「ふっくらおあげ」「サクサク天ぷら」「やわらか蒸し鶏」の3つの具材を入れたボリュームたっぷりな「どん兵衛」のそばになっているとのこと。

食べて慣れているお馴染の「どん兵衛」ですが、カツオ風味が味わい深い甘めのつゆは、すすり心地の良い蕎麦とも相性抜群ですし、今回はど迫力の贅沢な具材が加わることで見た目からしてもインパクトがあって、かなり気になってきますね。

いつも購入しているスーパーで1日早くゲットできましたので、さっそく食べてみようと思います!

スポンサーリンク

実食!『日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせそば』を食べてみた

▼「ふっくらおあげ」「サクサク天ぷら」「やわらか蒸し鶏」の3種類の具材を贅沢に入れ込んだ今回の「どん兵衛」のそば。

希望小売価格313円(税抜)、カロリー512kcal。

「全部のせうどん」は290円(税抜)でしたので少し値段が高いですね。

内容量は110g (麺量66g)で、「日清のどん兵衛 天ぷらそば」の麺量72gと比べると若干少なめになっています。「全部のせ」は絶大すぎな具材のボリュームですから、カップの容量を考えたら麺量を減らすしかなかったのでしょうか。

「だったら大盛りどん兵衛のカップを使えばいいやん!」っていうわけにもなりますが、それはナンセンスというもの。いつもの通常サイズのカップに具材をデーンと詰め込むっていうのが特別感あってテンション上がるんですからね。

 

▼カップの中に具材が入りきらないので、カップのフタの上に別添品が収納されています。

 

▼一番上のフタを外してみると、「かやく、あとのせサクサク天ぷら」が出てきました。残りの具材やスープは、いつもと同じようにカップの中のようです。

 

▼かやくをぶち込みます。「やわらか蒸し鶏、ワカメ」ですね。けっこうな量があります。大きな「ふっくらおあげ」もお目見えです。

 

▼カップの中に入っていた「粉末スープ、彩り七味」。切り取り線があるので2つに分けておくと、使いやすくて便利です。

 

▼粉末スープを入れると、フワッと甘いつゆの良い香りに包まれました。まさしく「どん兵衛」らしい心地よい香り。

 

▼熱湯注いで3分間。七味を加えたら、あとは「あとのせサクサク天ぷら」をのっけるだけ。

 

▼ババ~ン、完成!す、凄い迫力です。さすが「全部のせ」、圧倒的ボリューム。麺が見えないw

 

スポンサーリンク

 

▼では、いただきます!

カツオの出汁と醤油の旨味が染みわたってくる、いつもの味わい深いつゆの味は、まさしく「どん兵衛」のもの。相変わらず王道的な美味しさですね。
「サクサク天ぷら」から染み出た油脂分がコクを加え、揚げからは甘い旨味がつゆに染みだしてくることで旨さが増幅されています。なんかいつもよりも味に厚みがあるように感じます。これはかなりイイです。

麺もいつもと変わらない滑らかなすすり心地が爽快です。ズルズルっと気持ちよくイケる、蕎麦の醍醐味を楽しめる麺になっています。

つゆがしっかりと麺の中まで浸透してくることで、カツオ風味と醤油の旨みのある甘いつゆの味と蕎麦の良い香りがうまくマッチした仕上がりを魅せています。つゆの吸収が良好なだけにヘタレぎみになってしまい、ちょっとナヨっとした弾力でコシが強いとは言い難いですが、柔らかい食感ながらも蕎麦としての旨味はしっかりと味わえる、素性の良さを感じます。

大きい揚げや天ぷらで麺が見えないくらいで、最初はどこから手を付けていいのやらって感じでした。揚げを食べきってから天ぷらをのせれば済む話でもありますが、それは何かが違う気がします。やっぱり「全部のせ」の壮大な見た目を楽しむのも旨さに繋がっていることでしょうしね。

 

▼「あとのせサクサク天ぷら」をはじめて食べたときは、容赦のないサクサク感に驚いたものです。つゆに浸す前に食べたらスナック感覚が美味しい、しっかりと浸して食べたら甘いつゆの味と天ぷらの脂分がドッキングした旨味が楽しめる優れもの。この天ぷらはもはや「どん兵衛」のそばの代名詞と言ってもいいほどではないでしょうか。

 

▼「ふっくらおあげ」は「どん兵衛」のそばっていうよりは、僕の場合「うどん」のイメージがあります。揚げそのものに味がついていて、その上でつゆの甘い旨味をしっかりと浸透させてくるので旨さ倍増。その浸透した旨味を揚げをチューって吸って口にはこぶと、これが旨いのなんのって。・・・なんか貧乏臭いですね、すいません(^-^;でもやったことある方いますよね!?(もしかして僕だけ!?)

 

▼「やわらか蒸し鶏」はその名のとおり、柔らかい食感。鶏のサッパリした旨味とつゆの甘みが合わさることで抜群な旨さを発揮しています。天ぷらや揚げの存在が強くなりがちですが、この具材も3本の矢としてきちんと貢献できるポテンシャルを備えています。

具材が豪華な「どん兵衛」のそば★楽しんで食べればそれでいいんです!

今回食べてみた『日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせそば』、贅沢な気分で楽しめる「どん兵衛」のそばになっていましたね。

スタンダードな「日清のどん兵衛 天ぷらそば」と比べると、若干少ない麺量ではありますが、ボリュームたっぷりな「ふっくらおあげ」「サクサク天ぷら」「やわらか蒸し鶏」の3つの豪華な具材のおかげでお腹は意外に満たされます。

リッチな具材でワクワク感のある「どん兵衛」のそばで、その美味しさはお墨付きですが、313円(税抜)という価格をどう捉えるか。高いのか安いのか人それぞれの価値観でしょうけど、一度はぜひ食べてみてほしいですね。

「天ぷら」も「揚げ」もドドーンと入って「蒸し鶏」もかなり旨い「全部のせ」を心ゆくまで楽しんで食べてみてくださいね!

カップ麺カテゴリの最新記事