【吉岡里帆さんのアレンジレシピ第3弾】『日清のどん兵衛 汁なしピリ辛肉みそうどん』★味噌のコクと香り高い甜面醤の甘さ際立つ肉味噌うどん

カップ麺

スポンサーリンク

 

「日清のどん兵衛」のテレビCMで「どんぎつね」として出演中の吉岡里帆(よしおかりほ)さんが考案したアイデアレシピ第3弾『日清のどん兵衛 汁なしピリ辛肉みそうどん』が2019年5月13日に新発売となった。

また、同じく吉岡里帆さんのアイデアレシピ「日清のどん兵衛 レモン仕立ての塩豚ねぎうどん」も5月20日に新登場となる。


Photo by:https://www.nissin.com/

どちらの新作どん兵衛も、吉岡里帆さんが扮する“どんぎつね”が登場する特別パッケージになっており、暑くなり始めた初夏にぴったりの味わいを楽しむことができるとのことだ。

希望小売価格は2品とも180円(税込)。

 

今回は、日清と吉岡里帆さんとのコラボメニュー史上初である汁なしうどんの『日清のどん兵衛 汁なしピリ辛肉みそうどん』を実食レビューさせていただく。

濃厚な味噌の味わいに、甜面醤(てんめんじゃん)の甘さと肉の旨み、唐辛子と豆板醤の辛みを利かせた“つゆ”が、どん兵衛ならではのもっちり食感のうどん麺によく絡み、食欲をそそるピリ辛な味わいに仕上がっているという。

 

ちなみに、吉岡里帆さん考案のアレンジレシピは、第2弾の『日清のどん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん』、『日清のどん兵衛 和山椒香る旨辛ラー油太そば』を食べてみたことがあるが、いずれも美味しく楽しめる一杯となっていた。

【吉岡里帆さんが考案したどん兵衛が新発売】『日清のどん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん』を食べてみた
日清のどん兵衛のイメージキャラクターで女優の吉岡里帆(よしおかりほ)さんのアイデアレシピ第2弾として『日清のどん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん』『日清のどん兵衛 和山椒香る旨辛ラー油太そば』の2品が2018年11...
【なかなか辛いどん兵衛】『日清のどん兵衛 和山椒香る旨辛ラー油太そば』★吉岡里帆さん考案のどん兵衛を食べてみた
日清食品の「日清のどん兵衛」シリーズに新作が登場! 『日清のどん兵衛 和山椒香る旨辛ラー油太そば』と『日清のどん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん』が本日2018年11月26日に新発売となっています! ...

さて、アレンジレシピ第2弾はなかなかのデキだったが、この第3弾の「汁なしうどん」は、いったいどんな味わいになっているのか。めちゃ気になるので、さっそく食べてみた。

スポンサーリンク

吉岡里帆さんのアレンジレシピ第3弾『日清のどん兵衛 汁なしピリ辛肉みそうどん』を食べてみた

カロリーは437kcal。食塩相当量は2.7gで、けっこう塩分控えめ。

 

パッケージには、テレビCMでお馴染の「どんぎつね」こと女優の吉岡里帆さんが登場。

「汁なしも食べてみて!」って、どこを見つめて言っているのかは分からんけれど・・・

ボクはアナタを食べ・・・はい、美味しくいただきます!」

一瞬出たセクハラまがいの言葉を飲み込んだが、僕と同じようなセリフが頭に過ぎった男性諸君は多いはず。(健全な男子ならば、当然のことだと胸を張って言いたい。)

さあ、そこのアナタも如何わしいオッサンの仲間入りだ!

 

今回は汁なしのどん兵衛なので、カップには湯切り口がある。

湯切りタイプのどん兵衛は、今年3月に発売した『日清のどん兵衛 釜たま風うどん』が記憶に新しいが、そうは言っても“どん兵衛で湯切り”というのは、なかなか見慣れない光景には違いない。

【特製たまごタレで仕上げる一杯】『日清のどん兵衛 釜たま風うどん』★湯切りタイプのどん兵衛は魚介と昆布の利いた和風だしの旨みを活かした釜玉うどんだった
「日清のどん兵衛」は、1976年から発売しているカップ麺のロングセラーブランドで、老若男女の幅広い層に人気のあるのは、皆さんご存知のところ。 もはやカップうどんの代名詞的存在である「日清のどん兵衛」なのだが、今回の新商...

 

湯切り口はこんな感じになっている。

どん兵衛のお椀型カップだと湯切りがちょっとやりにくいので、火傷しないように気を付けよう。「焼そばU.F.O.」のような厚みが薄くて平っぺたいカップのほうが断然いい。

 

パッケージ横には、辛さレベルを示すゲージがある。

唐辛子と豆板醤で辛味をつけていて、その辛さはレベル1。ピリ辛という位置づけの「汁なしうどん」だが、いちばん軽い辛さとなっている。

「カレーメシ」なんかはレベル3でピリ辛なので、いったいどの程度の辛さを発揮してくるのか分からない。あまり辛くはなさそうだけど!?

別添品は、「液体つゆ、かやく」の2袋が入っている。「かやく」は先入れ、「液体つゆ」は後入れ。

 

麺はどん兵衛お馴染の油揚げ麺。「汁なし」ってことだからか、いつもより幅広になっているね。

その麺の上に「かやく」の「肉ミンチキャベツネギ」をあける。肉ミンチは細かくボソボソっとしていて、なんだか頼りなさを感じる。

キャベツは少々、ネギはそこそこ多めといった内容で、具材のボリュームはそれほどない。

調理方法は、よくある湯切りタイプのカップ麺とまったく同じ。「焼そばU.F.O.」をつくる感覚でオッケーだね。

熱湯注いで5分間。「液体つゆ」はフタの上で温めるとのこと。

 

こちらは湯切り後の麺。

真っ白な色味が輝いているようで、食べなくても“ふかふか”で“もちもち”食感が伝わってくる。

その純白の麺に、「液体つゆ」をぶっかけて仕上げていく。

 

ややドロっとした粘り気のある“つゆ”。

“つゆ”をかけた瞬間から、味噌と甜面醤の甘さのある香りがふわっと立ち上ってくる。唐辛子のような辛みを感じさせる香りは漂ってはこない。

 

麺を存分に混ぜ混ぜしたら、どん兵衛『汁なしピリ辛肉みそうどん』のできあがり!

麺を混ぜ込んだら、味噌と甜面醤の食欲をそそる香りが、ますます広がってきた。

香りからすると、唐辛子の辛みよりも、味噌味を推しだしたような味わいになっているような予感がしてくるが、果たしてどのような仕上がりになっているのか、さっそく食べてみることに。

スポンサーリンク

麺をずるずるっとひと口すすってみると、まずやってくるのは・・・

 

「味噌のコクと甜面醤の甘さ」

 

味噌のコクまろやかな旨みと、甜面醤の香り高い甘さがものすごくキテるね。

味噌と甜面醤をかなり前面に推しだしたバランスの味わいで、唐辛子の辛みは「どこ吹く風」っていう感じ。

なにより甜面醤の甘さが強烈すぎて、唐辛子や豆板醤の影は薄く、ピリ辛よりも穏やかな辛みとなっている。

麺をすすり終わったあとに、辛みの刺激がほんのちょっぴり舌に残るものの、また味噌と甜面醤が口の中に訪れてくると、甘さ一色の味わいが口いっぱいに広がってくるのだ。

 

汁なしピリ辛肉みそうどん』ということで、「肉味噌」の味わいが期待されるが、肉感は乏しく、やっぱり甜面醤の甘さ一辺倒といったイメージ。

具材の肉ミンチは、ホントに小さくて細かく、ボソボソっとしているため、それほど「肉味噌」感は出てこない。

もう半分崩れてしまっているモノもあり、きちんと食感があるものも僅かな数で、全体的にみたら希薄といったところ。

もう少し肉ミンチに手ごたえのある食感と旨みがあれば、『肉みそうどん』としてのクオリティが保たれるようになったはず。

キャベツやネギの風味は、強い甜面醤の香りの前では太刀打ちできずに香ってこない。キャベツは少ないが、シャクっとした食感はなかなかで、麺と絡めば良いアクセントになっていた。

 

具材のボリュームと内容はちょっと物足りなさがあるが、やはり「どん兵衛は麺が命でしょ!」ってことに落ち着くだろう。

濃い甘さの“つゆ”の味わいでも、どん兵衛のふっくらとした麺と一緒に食べれば、安定したうまさを発揮する。

いつもよりも幅広になっているので、食べ応えに豪快さが付け加えられ、もっちもちな食感が堪能できる。

唐辛子や豆板醤は後味に極々残るだけで、ピリ辛とはほど遠く、「肉みそうどん」としてはダイレクトな肉感がくることもない。

ちょっと商品の謳い文句とは違ってきている印象を持ったが、甘い“つゆ”の汁なしうどんとして食べてみれば、濃厚な味噌の旨みと甜面醤の甘さは、コクまろやかな味わいでなかなかなもの。

麺の“ふかふか”なすすり心地と合わさることで、食べ応えのある汁なしうどんを楽しめるはずだ。

超個人的主観のオススメ度

★★★☆☆☆☆☆☆☆(星3)
※星3で、ふつうにオススメ

吉岡里帆さんのアレンジレシピ第3弾の『日清のどん兵衛 汁なしピリ辛肉みそうどん』を食べてみたが、味噌のコクと甜面醤の甘さに特化した“つゆ”になっていて、コク深くまろやかな味わいで穏やかな辛さの一杯になっていた。

“ピリ辛”、“肉みそ”という2つの要素はあまりにも弱く、「ピリ辛肉みそ」という看板は掲げないほうがよかったかも。

コク深い味噌の旨みと甘みの強い甜面醤の味わいが突出しているが、甘い“つゆ”を絡めて食べる汁なしうどんって考えれば、きちんと美味しくいただける一品になっている。

しかし、この甘い味付けは「甘すぎるよ~」って受け付けない方もいることだろうし、強くオススメすることはしないが、気になる方はぜひ召し上がってみては。

実食レビューについて:
あくまでも個人的主観によるものであり、その時々の筆者の体調や気分または嗜好などの事由から、感じ方に違いが出る場合があります。
また、個々に寄る味覚の違い、筆者の勝手な独断と偏見である一個人の意見ということをご理解ください。

スポンサーリンク

コメント