日清の「どん兵衛 釜たま風うどん」★だし醤油&たまごダレを絡めて食べる湯切りタイプの釜玉うどん

日清の「どん兵衛 釜たま風うどん」★だし醤油&たまごダレを絡めて食べる湯切りタイプの釜玉うどん

日清食品から2018年5月28日に新しく発売された「日清のどん兵衛 釜たま風うどん」。
今回の新作は、どん兵衛シリーズとしては初めての湯切りタイプ麺で、しかもカップ麺ではなかなか見かけない「釜玉うどん」っていうのはインパクト大ですね。

このどん兵衛はどんな一杯になっているのか、はたしてどこまで「釜玉うどん」を表現できているのか楽しみです!

スポンサーリンク

「日清のどん兵衛 釜たま風うどん」を食べてみた

釜玉うどんは、うどんで有名な香川県の「山越うどん」というお店が発祥らしいです。
ここのお店から全国的に釜玉うどんの人気が広がり、今では揺るぎない定番メニューのうどんになっています。
僕も釜玉うどんは大好きです。

「どん兵衛釜たま風うどん」は、だし醤油と玉子を絡めて食べる「釜玉うどん」を湯切りタイプのカップ麺にしちゃったよっていうものです。
湯切りの後に、「特製だし醤油」と「特製まろやかたまごタレ」をかけて、「きざみのり」をササッと添えるだけで美味しい釜たま風うどんができあがっちゃいます。

「どん兵衛釜たま風うどん」その中身は!?

別添(べってん)している特製だし醤油と特製まろやかたまごタレ。
たまごタレは、キューピー社製とのことです。

具材は、きざみのりとネギのみで釜玉うどんそのものです。
別添しているものは、すべて食べる直前に入れます。
うどんの麺は、見た目はいつものどん兵衛と変わらない感じで、もちもち麺ってことが想像できますね。

商品概要

商品名:日清のどん兵衛 釜たま風うどん
発売日:2018年5月28日(月)
発売地区:全国
麺タイプ:油揚げ麺
スープ:なし(湯切りタイプ)
かやく:特製だし醤油、特製まろやかたまごタレ、きざみのり
内容量:98g(麺74g)
定価:180円(1食/税別)
購入価格:127円(1食/税込)

栄養成分表示1食(98g)あたり

カロリー:425kcal
たんぱく質:5.5g
脂質:20.2g
炭水化物:55.2g
食塩相当量:2.9g
ビタミンB1:0.26mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:146mg

釜たま風うどんをさっそく作ってみた

お湯を注いで待つこと5分、いつもどん兵衛を食べるときにこの時間が長いと思うんですよね。
ラーメンに比べたら麺が太いから仕方ないんですけど。
お湯を投入しても、ここまではいつもと同じどん兵衛やね。

「日清やきそばUFO」を思わせる湯切り口。

UFOと同じ感覚で湯切りすると思ったよりお湯がドバっと出てきて危険やで!
どん兵衛の容器のほうが底が深いので、湯切りがしにくかったです。

待つこと5分「釜たま風うどん」の完成!特製だし醤油、特製まろやかたまごタレ、きざみのりを入れるだけ

甘みのある「特製だし醤油」をぶっかけぇーの、「きざみのり」をサッとふりかけぇーの、キユーピー社製の「特製まろやかたまごタレ」を真ん中にチョコンとのせたら「釜たま風うどん」の完成や!

おぉ~なかなかいいんじゃないんですか!?この見た目は、まさに釜玉うどんのそれ。
本物の玉子じゃないけどなんかそれっぽいし。
いいですね~これは味にも期待できそうだ。

写真はだし醤油をかけてから麺を混ぜてない状態で撮ったので、うどんにだし醤油が染みわたっていませんが、混ぜるといい感じにだし醤油が麺全体に絡まって風味がよくなります。

 魚介と昆布が効いたほどよい甘さの「特製だし醤油」に「特製まろやかたまごタレ」でまろやかさが見事にマッチする

魚介と昆布のダシが効いた甘めの醤油味で、味の濃さは控えめなアッサリした味となっています。
このだし醤油にキユーピーの「特製まろやかたまごタレ」が見事にマッチングし、だし醤油の甘さにまろやかさがプラスされマイルドになり、味に深みが出てきます。
また、きざみのりがあることによって食欲を誘うのりの香りを醸し出します。
麺を豪快にかき混ぜて絡めて食べると、釜玉うどんの雰囲気をバッチリ感じることができてなかなか美味しかったですね。

熱々ホカホカな油揚げ麺は、釜玉うどんをしっかり表現できていて最高です!

麺は、皆さんがお馴染のどん兵衛の「もっちりとしたつるみのあるうどん」とのことです。
いつものどん兵衛の麺と比べると少し太くて厚みがあるように感じますし、食感がしっかりしていてズルズルって一気にすすれる食べ応えがあります。

美味しい釜玉うどんってなんといっても、麺から薄っすらと湯気が漂うくらいの「熱々ホカホカなふっくらした麺」が醍醐味だと僕は思っています。
その熱々ふっくらな麺に「だし醤油」と「玉子」を絡めて豪快にかき込んで食べるのが最高なのです!
これは僕にとっては非常に大事なことで、この「どん兵衛釜たま風うどん」の麺はそれをキチンとやってのけてくれていたのには感動しました。

麺自体は、もちっとした食感で弾力も兼ね備えたうどんになっています。
甘さのあるだし醤油とたまごタレはどちらも主張しすぎない優しい味なので、麺の美味さをより一層ひきたててくれています。
釜玉うどんの美味しさの秘訣は、あくまでも麺が主役なんだぜってことを充分すぎるほど納得させられますね。

麺のコシは、もっちり麺なのであまりないです。
でも、個人的にはこのくらいの柔らかさのほうが、麺がだし醤油とたまごタレによく馴染むので美味しくいただけるかと思います。
今回はお湯を入れてしっかり5分計って作ってみましたが、コシが強めのほうが好きなかたは少し時間を短くしたほうがよさそうですね。

トッピングして好きな釜玉うどんにしてみるのもいいかも

具材は、たまごタレは玉子ではなくてあくまでタレなので「ネギ」と「きざみのり」だけになります。
どん兵衛自慢の揚げや肉などの具は入っていません。

釜玉うどんは麺と出汁の利いた醤油だれ・玉子の絡みを楽しむものなので、これはこれでいいんですが、具材をいろいろトッピングしてみてマイ釜玉うどんにしてみるのもいいかもしれません。
たとえば定番の「天かす」とか、ネギめちゃめちゃ入れた「ネギだく」とか本物の「玉子」を入れてみるとか。
いろいろ想像してみると、ちょっと夢が広がる感じがしませんか!?
ただあまり度が過ぎたものをトッピングして魔改造になってしまわないように気をつけましょう(笑)

まとめ

今回食べてみた日清の「どん兵衛 釜たま風うどん」は、釜玉うどんをよく表現できた感動すらおぼえる一品です。
魚介と昆布のダシが効いた甘めの出汁が醤油だれと上手く合わさることによって、優しい味わい深い仕上がりになっています。
そこにキューピーの特製まろやかたまごタレを加えることによってまろやかさがプラスされ、味の深みが増してコクのある美味しい釜玉うどんができあがります。

カップ麺での「釜玉うどん」っていうのをここまで見事に表現してくれたことには大変感動しました。
さすが天下の日清食品ですね。

まだ日清の「どん兵衛 釜たま風うどん」を食べてないよってかたは、超オススメなので是非食べてみてくださいね!

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

カップ麺カテゴリの最新記事