日清食品『カップヌードル 四川麻辣 よだれ鶏味』ちょうどいい辛さのあとに爽やかさがついてくる!夏にピッタリな辛いカップヌードル

日清食品『カップヌードル 四川麻辣 よだれ鶏味』ちょうどいい辛さのあとに爽やかさがついてくる!夏にピッタリな辛いカップヌードル

スポンサーリンク

 

暑い夏に向けて「カップヌードル」「日清のどん兵衛」「日清焼そばU.F.O.」から、”” の3つの辛さを楽しめる「夏の辛口トリオ」が2019年7月29日に新発売された。

今回は”” のメニューである「カップヌードル 四川麻辣(しせんマーラー)よだれ鶏味」をご紹介。希望小売価格は193円(税抜)。

食べ物に「よだれ」ってなんかなぁ・・・って声が聞こえてきそうだが、そもそも「よだれ鶏」はいったいどんな料理なのか!?

日清の公式サイトによれば「よだれ鶏」とは・・・

中国の四川料理の一つで、「この料理を思い出すだけでよだれが出るほどおいしい」が名前の由来。ゆでて冷やした鶏肉に、薬味と香辛料がきいた風味豊かな旨みと辛みのあるソースをかけた冷菜です。

引用元:https://www.nissin.com

なるほど、ヨダレが出るほど美味しい辛い鶏肉料理ってことなんやね。

でも、冷菜なんだよね、「よだれ鶏」って。冷たい鶏料理をどうやってカップヌードルと合わせているのか、そこんとこが気になるよね。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

日清食品『カップヌードル 四川麻辣 よだれ鶏味』を食べてみた


味の決め手になる「四川よだれ鶏味特製ラー油」がフタの上に張り付けてある。別添品はこれひとつ。


辛さレベル2とのことで、それほど強い麻辣の刺激でもなさそう!?


かやくは「鶏ミンチ、赤唐辛子、キクラゲ、ネギ、炒りごま」が揃う。ゴロゴロッとたくさん鶏ミンチがあって嬉しい。


熱湯注いで3分間、いつもの待ち時間。「四川よだれ鶏味特製ラー油」は、フタの上で温めておく。


湯戻しの時間が経ったら、いよいよ「四川よだれ鶏味特製ラー油」を投入するとき!


さっそく食べてみたところ、唐辛子とラー油の辛さがけっこう出ていて、花椒によるビリビリッとした刺激が舌に響いてくる。


辛さレベル2ってことだったけど、味覚的にはそれ以上の辛さ。ピリ辛以上、大辛未満なしっかりとしたラー油と麻辣の辛みが合わさっているから、辛いものが得意でないなら食べるのは注意したほうがいい。


充分に辛さを楽しめ、ただ単に辛いだけでなく、その辛味のなかに凝縮されたチキンの旨みもある。

担々麺や麻婆豆腐などとはひと味違う麻辣味になっていて、これが「よだれ鶏」の旨みなのか!?

それにしても、なかなかいいじゃないか、カップヌードル流の「よだれ鶏味」っていうのは。


カップヌードルご自慢の謎肉じゃなく、今回は鶏ミンチ。

見た目は白い謎肉ってところだけど、しっとりとした食感で、鶏肉らしいサッパリとした旨みがある。

スープの辛さに相反するかのごとく、鶏肉独特の甘みが際立って、これがホント美味しいのだ。


これが「よだれ鶏」をうまく再現できているっていうのは、正直わからない。「よだれ鶏」を食べたことないから。

「よだれが止まらない!」ってほどのインパクトはなかったけれど、きちんと美味しい辛いカップヌードルになっているんじゃないかな。

Advertisement

総評、食べてみた感想

★★★★★☆☆☆☆☆(星5)
※星3=基準点(及第点)

強烈な麻辣とラー油の辛さじゃなく、一般的な辛党の方が楽しめる辛いカップヌードルだった。

「よだれ鶏」そのものを味わったことがないので、再現率はよくわからないが、「辛味のなかに旨みあり」といった仕上がりで、さすがカップヌードルといったところだ。

辛さも飛び抜けてはいないから食べやすく、食べてみれば辛味のあとに爽やかさがついてくる。まさに夏向けの辛いカップヌードルだ。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

カップ麺カテゴリの最新記事