日清食品「カップヌードル シーフードヌードル ガーリックシュリンプ味」★ハワイB級グルメの味わい!?エビの甘みと魚介の旨みがよく利いたシーフードヌードル

日清食品「カップヌードル シーフードヌードル ガーリックシュリンプ味」★ハワイB級グルメの味わい!?エビの甘みと魚介の旨みがよく利いたシーフードヌードル

今回は、日清食品の「カップヌードル シーフードヌードル ガーリックシュリンプ味」を食べてみたいと思います。

「カップヌードル シーフードヌードル ガーリックシュリンプ味」は、日清カップヌードルには欠かせないお馴染の「謎肉」の新たな美味しさを提案する「珍種謎肉」シリーズの第2弾として2018年7月16日に新発売したものです。

第1弾の「カップヌードル スモーキーチリしょうゆ味」は、唐辛子を謎肉に練りこんだ辛味が特徴の「チリ謎肉」でしたが、第2弾の「謎肉」は魚肉と大豆をベースに香ばしいえびの風味をきかせた「えび謎肉」だといいます。
うん!?魚肉って肉というより練り物のような気もしますが・・・。

まあ、細かいことは置いておいて、「珍種謎肉」シリーズの第2弾「えび謎肉」のカップヌードル、さっそく食べてみましょう!

スポンサーリンク

日清食品「カップヌードル シーフードヌードル ガーリックシュリンプ味」を食べてみた

「カップヌードル シーフードヌードル ガーリックシュリンプ味」のスープは、お馴染のシーフードヌードルをベースにしたもので、ローストしたガーリックを利かせ、レモンの風味が加えられているとのことで、それに合わせて「えび謎肉」の香ばしい風味が染みだし、濃厚で香り高い仕上がりになっているようです。

プリプリな食感の海老をたっぷりのガーリックバターで炒めたシンプルな「ガーリックシュリンプ」の味わいをカップヌードルにしちゃったわけなんですが、いかにも美味しそうなイメージしか浮かんでこない言葉の響きです。

ハワイのB級グルメである「ガーリックシュリンプ」味のカップヌードルは、まさに南国風で夏にピッタリな一杯だと期待できますね!

 

「カップヌードル シーフードヌードル ガーリックシュリンプ味」その中身は!?

別添しているものはなく、いつものカップヌードルのように、“かやく”、“粉末スープ”はすでにカップの中に入っています。

“かやく”は、えび謎肉、たまご、ガーリック、ネギの4種です。
「えび謎肉」は、いつもの「謎肉」と同じくらいの大きさですが、紅く染まった見た目はエビっぽさを醸し出しています。
粉末スープの香りと色味はシーフードヌードルそのままですが、ガーリックの芳ばしい香りも控えめに加わってきます。

気になるカロリーですが、324kcalです。
ベースになっているシーフードヌードルは323kcalなので、ほぼ同じ数値となっています。

塩分は4.6gで、4.8gのシーフードヌードルよりは若干低めですが、これもカロリーと同様に大差はありません。
シーフードヌードルをベースにアレンジしていますが、カロリーや塩分に違いはほとんどないっていうのも面白いですね。

 

熱湯入れて3分で「えび謎肉カップヌードル」のできあがり

お湯を注いで3分間待ちます。
カップヌードルなどの縦型カップ麺は、この時間がセオリーですね。

お湯が少し触れただけで、具材がフワっと膨らんできて美味しそうな感じ。

3分経ったら、麺をかき混ぜスープをよ~く馴染ませたら、「カップヌードル シーフードヌードル ガーリックシュリンプ味」の完成やぁ!

白く輝くシーフードスープに、彩り豊かな具材が華を添え、食欲を誘ってくる見た目です。
「はやく食わせろ!」とお腹が主張してくる勢いです。

 

エビの甘みと魚介の旨みがよく利いたシーフードスープが美味しいカップヌードル

スープは、ベースのシーフードヌードルがしっかりとした旨味があるので間違いはないんですが、そのシーフードスープに「えび謎肉」の芳ばしい風味が加わり、魚介の旨みとエビ甘みや風味を感じられるスープになっています。

レモンの風味は控えめに利いているので、意識しないとあまり感じられない気がします。
それよりも「えび謎肉」から染みだす旨味のほうが強いので、いつものシーフードのクリーミーさは影を潜んでおり、エビの甘みや魚介の旨みがよく利いたシャープな印象のスープだと言えます。
ガーリックによるニンニクの風味がスープの味わいに加わってきますが、それほどはっきりとしたニンニク味ではなく、スッキリとしたアクセントを与えるだけに留まっており、「ガーリックシュリンプ」といったガンガンにガーリックを利かした旨味を想像していただけに、この大人しい味わいは少し物足りなさを感じてしまいます。
ただ、これは僕が勝手に期待していただけのことなので、このスープ自体は充分に美味しいと思います。
しっかりと惹きだしたエビや魚介の旨みはシーフードスープとの相性は抜群で、更なる美味しさを追求したスープに仕上がっていると間違いなく断言できます。

麺はいつものカップヌードルの油揚げ麺です。

シーフードヌードルの原材料を見てみても、同じ麺を使用していると思われます。
柔らかめな歯ごたえで、なめらかな食感はすすり心地は良くて食べ応えがあります。
エビの甘みが利いたシーフードスープがよく絡み、麺をすするたびに魚介やエビの風味が口いっぱいに広がって優しく鼻から抜けていきます。

トッピング具材は、えび謎肉、たまご、ガーリック、ネギが入っています。

やっぱり今回の注目すべき具材は、えび謎肉です。
エビなのでプリプリした食感を想像しますが、嚙みごたえはほとんどなく、めちゃ柔らかい食感です。
一緒に入っているお馴染の“たまご”よりも柔らかい食感で、フワフワなカニカマというか、練り物というような食べ応えです。
エビよりもカニのような味わいですが、美味しいのかどうなのか、よくわからない不思議な感覚です。
えび謎肉の旨みがスープに染みだし切ってしまって、残りカス程度しか旨味が出ていないのかもしれません。

まとめ

今回は、日清食品の「カップヌードル シーフードヌードル ガーリックシュリンプ味」を食べてみましたが、お馴染のシーフードヌードルの魚介の旨味に、しっかりと利いたエビの甘みと風味が加わり、いつもとはひと味違うシーフードヌードルに仕上がっていました。

ハワイのB級グルメである「ガーリックシュリンプ」をイメージしたカップヌードルということで、エビの旨味とガーリックの芳ばしい風味がガツンと利いたパンチのある味わいを思い浮かべますが、そこまでの力強いインパクトのある味わいではありません。

しかしながら、定評のあるシーフードヌードルの美味しさをエビの甘みと風味でうまく生かした味わい深い仕上がりを魅せてくれていると思います。

第1弾の「スモーキーチリしょうゆ味」は6月、今回の「シーフードヌードル ガーリックシュリンプ味」は7月に登場しています。
しょうゆ味、シーフードってきたら、まあ次はあの味ですよね~。
このパターンなら、第3弾は来月にお目見えするってことなので、とても楽しみです!

謎肉シリーズは、ちょっと変わり種のカップヌードル。
美味しさも大切ですがメーカーの遊び心に乗っかって、「今度はどんなの出してくるんやろぉ~」ってワクワクしながら楽しんで食べていきたい一杯です。

気になる方は是非食べてみてくださいね!

カップ麺カテゴリの最新記事