【20倍の辛さ!?】日清食品『カップヌードル クレイジーチリチリ♪チリトマト ビッグ』★辛い!辛い!辛い!超激辛なカップヌードル!

【20倍の辛さ!?】日清食品『カップヌードル クレイジーチリチリ♪チリトマト ビッグ』★辛い!辛い!辛い!超激辛なカップヌードル!

スポンサーリンク

 

日清食品のカップヌードルから新たに『カップヌードル クレイジーチリチリ♪チリトマト ビッグ』が登場しました!

はじめにお伝えしておきますが、今回の新作カップヌードルはかなりマジで激辛です。

「チリトマトヌードル」と言えば、ピリッとしたチリの辛さにトマトの甘みと酸味がマッチした美味しさが人気ですが、今回の新作はその「チリトマトヌードル」の辛さをさらに強化したものになっているんだとか。

商品名に“クレイジー”なんて付いてるけど、一体どれだけ辛いというのか!?

 

 

その辛さは通常の「カップヌードル チリトマトヌードル」の・・・

 

 

 

クレイジーな刺激のカップヌードルですので激辛注意!!

 

いやぁ、実際食べてみましたがホントに辛かった・・・。
もともとの「チリトマトヌードル」はさほど辛くはないんですけど、その20倍ってなると強烈な辛さになっちゃうんですね。

このカップヌードルを食べてみようかなっていう方は覚悟をもって挑んでください!
辛いもの苦手って方にはあまりオススメできない辛さです。僕は辛党ではないので分かりませんが、辛いの大好物って方はハマる美味しさになっているのかな!?

 

ということで、今回は激辛の『カップヌードル クレイジーチリチリ♪チリトマト ビッグ』をご紹介していくわけですが、ぜひ最後までお付き合いしていただけたら幸いでございます。

スポンサーリンク

『カップヌードル クレイジーチリチリ♪チリトマト ビッグ』★その中身は!?

▼『カップヌードル クレイジーチリチリ♪チリトマト ビッグ』、セブンイレブンでGET!
2018年10月22日に全国で新発売されたBIGサイズのカップヌードルです。

希望小売価格205円(税抜)、内容量102g(めん80g)、カロリー468kcal。

1982年の発売から人気のロングセラー商品「カップヌードル チリトマトヌードル」の辛さがパワーアップされた超激辛カップヌードルになっており、その辛さは素の「カップヌードル チリトマトヌードル」のなんと20倍!

昨年11月にも「カップヌードル チリトマトヌードル」の18倍の辛さで「カップヌードル チリチリ♪チリトマトヌードル」が登場しており、激辛好きを中心に好評だったらしく、今回さらに辛さを増して帰ってきたってわけです。しかも通常サイズからBIGサイズになって内容量も同時に強化されています。

 

▼「チリの辛みとマイルドなトマトのうまみがマッチしたスープに、唐辛子の辛みと食欲をそそる薫製の風味が特長の“超激辛チリチリチリ♪オイル”を入れることで、通常のチリトマトヌードルの20倍の辛さを体感」できるのだとか。

 

▼おなじみの「謎肉」ですが、今回は「チリ謎肉」を使用しています。

「チリ謎肉」は、「謎肉」 の新たな美味しさを提案する「珍種謎肉」シリーズの第1弾として登場した「カップヌードル スモーキーチリしょうゆ味」に入っていたもので、唐辛子を謎肉に練りこんだ辛味が特徴でクセになる味わいなのです。

 

▼開封して中身を見てみましょう。

かやくは「チリ謎肉、トマト、卵、キャベツ」。「チリチリリ♪オイル」はフタの上に張り付けてありました。

 

▼熱湯注いで3分間。仕上げに「超激辛チリチリリ♪オイル」を加えて完成なのですが・・・

 

▼「小さなお子様や、辛みが苦手な方の飲食には十分ご注意ください。」との注意書きが。

激辛レベルのカップ麺なので、その辛さの様子をみながら徐々にオイルの辛味を足していけば間違いはないんですが・・・

 

そんなの関係ねぇ!(全部いったれーっ!)

 

▼完成ですっ!

見るからに辛そうやねぇ!
しかも匂いまでもが、明らかに辛味のある香り。

いきなり20倍にしてもうたけど、大丈夫かなぁ。少し心配になってきた・・・。

スポンサーリンク

日清カップヌードルの新作『カップヌードル クレイジーチリチリ♪チリトマト ビッグ』を食べてみたらマジで辛かった

▼さっそく20倍の辛さ、いただいてみましょう。
見せてもらおうか、チリトマトヌードル史上最強の辛さとやらを!

いつもより慎重にズルっとひとすすり。

おぉ、辛いねぇ~!

確かに辛いっ!
けど思ったよりは辛くない!?

トマトの酸味と麺の旨味を落ち着いて味わえるけど・・・

 

うぉっ!?

アカン!

やべぇっぞ!

 

辛いぃぃーーーー!!!

 

ってか痛いっ!!!

 

いきなり辛いのキタ!!!Σ(・□・;)

舌がヒリヒリとシビレまくり、ついでに唇もジリジリと熱くなってきやがる!すごい刺激だっ!
お茶でガブガブっと口の中を潤してみるけど、辛さは全然おさまらない。

やっぱり伊達じゃなかった、20倍の辛さは。まさにクレイジーだと言えよう。辛すぎぃ!

とにかく超激辛!

この一言に尽きる。
いや、それじゃ実食レビューとしては中途半端やんってなるけど、辛すぎるんだよね。お子さんや辛いもの苦手な方は絶対食べないほうがいいですよ、これ。

これだけ辛いとじっくり味わうってレベルじゃないですね。
しかしですね、僕の場合もそうだし、他のカップ麺ブロガーの方々もそうでしょうけど、「記事を書かなきゃ」っていう志があるから超激辛でも何とか味を見出してやろうって気にもなるわけです。

そんなわけで全神経を集中して味わってみせますよ!

さてと仕切り直しだ!

 

▼スープは「チリの辛さとマイルドなトマトのうまみがマッチしたスープ」とのこと。

確かに辛さだけでなく、オイリーなスープからは芳ばしい燻製の風味が漂ってきます。トマトの旨みから出るコクと酸味もしますが、やっぱり辛みが強いのと燻製の強い風味で少しボヤケてしまってトマト味は弱めです。

このスープは、燻製の香りが辛味とともにスーっと鼻から抜けていくのが心地良く、その燻製の強い香りとチリならではの辛味や唐辛子の辛味が際立っていますね。
これだけ強さのある辛味ですので、トマトを基調としたスープなのにトマトが脇役として隠れ気味になってしまい、「チリトマトヌードル」らしさの欠片も見当たらないのは残念です。

ですのでトマト味を楽しむのではなく、暴力的な辛さを楽しむものですね。辛さは間違いなくカップ麺の中ではトップクラスに入るレベルになっていますし、カップ麺として味わえるギリギリの辛味の強さなのではないでしょうかね!?まさにクレイジーな辛さです。

 

▼いつものカップヌードルの油揚げ麺。安定した美味しさが光る。

カップヌードルの麺ってスープをめちゃめちゃ吸うんですよね。今回もよくスープの味を絡めとってきています。

麺の旨味や香ばしさなんて、超激辛スープの前では消し飛んでしまっていますね。ひたすらに強い辛味を麺と一緒にすすり上げて食べるだけ。景気よくズルズルってイキすぎるとムセてしまいそうになる辛さなので注意が必要です。

口の中は火傷したような感覚だし、舌はヒリヒリどころかビリビリとした強い刺激がいつまでも残ります。唇もジンジンしてきて痛いくらいな辛さ。
これだけ辛いと食べてすすめていくうちに、だんだん辛さがツラくなってきます。BIGサイズなので麺量も多いですしね。

今回に関して言えば、麺はスープをすくい上げて超激辛な味わいを口に届けるだけのものかもしれません。「麺なんてただの飾りです!偉い人にはそれが分からんのですよ!」ってことです。

まあ、このスープに太刀打ちできる麺があるのだとすれば、それはもうカップ麺の麺ではないってことでしょうね。

 

▼トッピング具材は「チリ謎肉、トマト、卵、キャベツ」。

キャベツはほんの少しだけど、なかなかのボリュームになっています。

スープがかなり強い辛味なので、具材にまで辛味が浸透すると何が何だか分からない味になってしまうところ、卵はそれなりに辛味と張り合っていました。超激辛スープと絡むことで、相乗効果で卵の甘みが増してきて美味しかったです。キャベツはまあオマケ的なものでした。

かやく状態のときには、トマトはブロック状になっていましたが、お湯で戻したらスープに溶け込んでしまって跡形もなくなってしまいます。スープに溶け込んだと言っても前述にあったようにトマトの旨味としては弱めですね。スープに寄与しているかどうかっていうのは分かりにくかったです。

 

▼「チリ謎肉」は、唐辛子を練り込んだ辛味のある謎肉。

スープが浸透する前に食べれば、唐辛子の辛味を感じてめちゃ美味しいです。そしてスープを吸い込んだらダブル効果で旨辛な謎肉になっちゃうんですよね。

いつもの謎肉のジャンキーな食感はそのままに、辛さがピリっと利いた刺激のある味になっています。この「チリ謎肉」、通常の謎肉よりも好きかも。

超激辛カップヌードルはマジでやばい!食べるときには要注意!

あ~辛かった!
いやホントに。

最後の仕上げに調味油である「超激辛チリチリリ♪オイル」を加えるのですが、僕のようにいきなり全部入れしないほうがいいかも。辛いの大好きっ子ならいいんですが、ナメてかかると痛い目をみます。

頭の毛穴から毛穴というまで汗が噴き出してくるくらいの辛さで、まるでサウナに入っているようでした。食べ終わってから30分くらいは口の中や唇がビリビリしていましたしね。

めちゃ辛くて、ヒーヒー言いながら完食したんですが、何故だか「また食べたい」と思える美味しさがあります。なんかクセになっちゃう味なんですよね、このカップヌードルって。

この「チリトマトヌードル」20倍の辛さ、カップ麺として食べる辛さの限界をみた気さえします。それくらいの強烈な辛さでしたので、食べてみようって方は心してかかってくださいね!

 

カップ麺カテゴリの最新記事