【炭火焼と蒸した鶏肉が絶品な大感謝祭チキンラーメン】日清食品「チキンラーメンビッグカップ チキフェス」★チキンラーメン誕生60周年おめでたい一杯

【炭火焼と蒸した鶏肉が絶品な大感謝祭チキンラーメン】日清食品「チキンラーメンビッグカップ チキフェス」★チキンラーメン誕生60周年おめでたい一杯

今回は、日清食品の「チキンラーメンビッグカップ チキフェス」を食べてみたいと思います。

「チキンラーメン」は日清食品の創業者・安藤 百福 (あんどう ももふく)さん が発明した世界初のインスタントラーメンというのは有名な話でご存知の方も多いことでしょうが、そのチキンラーメンが2018年8月25日に発売60周年を迎えます。
そこで日清食品から60周年記念、大感謝フェスティバル商品として「チキンラーメンどんぶり たまフェス」「チキンラーメンビッグカップ チキフェス」の2品が新発売されたわけです。

「チキンラーメンどんぶり たまフェス」は、具材に味付たまごとかきたまを加えた「たまご尽くしの一品」、「チキンラーメンビッグカップ チキフェス」は、炭火焼チキンと蒸し鶏の2種類のチキンにひよこちゃんナルトを入れた「チキン尽くしの一品」なんだとか。
共に「チキンラーメン」の元祖鶏ガラスープと相性の良い、バラエティ豊かな具材が楽しみな一杯に仕上がっているようですが、まずは「チキンラーメンビッグカップ チキフェス」のほうからレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

日清食品「チキンラーメンビッグカップ チキフェス」を食べてみた

「チキンラーメン」発売60周年大感謝フェスティバルは、「バラエティ豊かな “たまご” と “チキン” の賑やかフェスティバル」っていう2品の「チキンラーメンが楽しめるということは冒頭でもお伝えしたとおりです。

パッケージを見てもわかるように、炭火焼チキン、蒸し鶏、ひよこちゃんナルトの3種の鶏具材がまさに賑やかに揃っており、「ひよこちゃんナルト」が目を引く可愛らしいデザインになっています。
チキンラーメンといえば「ひよこちゃん」。
このたくさんの愛くるしい「ひよこちゃん」の姿を見てテンションが上がってくるのは言うまでもありません。

縦型のカップで容量は大きめです。
「カップヌードルBIG」と同程度なのでボリュームは充分にありそうです。

日清食品「チキンラーメンビッグカップ チキフェス」その中身は!?

いざ、開封してみます。
デデ~ンっと「ひよこちゃん」とご対面!?

「・・・少なっ!ひとつしか入ってへんやん!?」
念のために麺と具材をすべてカップから取り出して探してみたけど、やっぱり他には出てこない。
どれだけ目を凝らして見てみても、たったの1個だけ。

「3種の鶏具材の賑やかフェスティバル」らしいですけどね。

「え?これじゃ賑やかでもなんでもないっすわ・・・。」
お祭り企画なんやから「ワクワク感」が欲しいのに、インパクトが弱すぎるんやないかい!?
「とりあえず入れておいた」感が余計にテンション下がるわ~。
写真と実物が違ってくるのはよくあることなので分かっているつもりですが、これについてはなんか納得がいきません。

僕がたまたま手にしたものが、たまたま少なかっただけなのか!?
いやいや、そんなまさかねぇ!?

まあ、気を取り直して他の具材を見てみましょう。
炭火焼チキン、蒸し鶏、たまご、ひよこちゃんナルト、赤ピーマン、ネギの種類豊富な具材が入っていて彩り豊かです。

炭火焼チキンや蒸し鶏がゴロゴロとしていてボリュームがあります。
四角にカットされているのが炭火焼チキン、細くて長さのあるのが蒸し鶏のようです。
炭火焼チキンの炭火で焼いたコゲはパッと見ではわかりません。
さすがに「チキン尽くし」というだけある満足のいく濃い内容になっていますね。
しかし、「ひよこちゃんナルト」があと数個だけでも添えられていれば完璧な布陣だったのに残念です。
なんだか「ひよこちゃん」の表情も悲しげに曇って見えてきませんか!?

カロリーは416g、塩分は5.5gと、ビッグサイズなのでそれ相応の数値になっています。

スープのカロリーは29kcalということなので、ほとんどが麺とかやくで占めたカロリーのようです。

スポンサーリンク

いつものチキンラーメンに2種類の鶏肉が絶品の旨さ

別添品は何もなく、お湯を入れるだけ。
あとは3分間、できあがりを待ちます。

そして、「チキンラーメンビッグカップ チキフェス」の完成やぁ!

チキンラーメン独特の芳ばしいチキン風味が漂ってきます。
褐色のスープと麺に、炭火焼チキンや蒸し鶏の白、たまごの黄、ネギの緑が色鮮やかに映えています。

まさしく「チキン尽くし」のフェスティバルな贅沢仕様。
60周年を飾るにふさわしいビックカップのチキンラーメンです!

さっそくいただきます!
食べてみれば、元祖鶏ガラスープやチキン麺は、いつもどおりの「チキンラーメン」の味。
まあ、当然なんですけどw

国産チキン100%のローストしょうゆ味のスープは、鶏の旨味や風味が利いたしょっぱさのある味わい。
しょうゆで味付けされた芳ばしいチキン麺とも相変わらずのマッチングの良さで、特別に「旨い!!」ってわけではないのに、思い出してはまた味わいたくなってくる魅力のあるチキン味は健在です。

スープや麺は食べ慣れた「チキンラーメン」なので特筆することはないです。
何といっても今回の目玉はその具材にあります。
トッピング具材は、炭火焼チキン、蒸し鶏、たまご、ひよこちゃんナルト、赤ピーマン、ネギの豊富な種類が入っています。

炭火焼チキンと蒸し鶏がボリューム豊かです。
ここまで肉系具材が充実しているのはスゴイし、嬉しくなってきます。
「大感謝フェスティバル」は伊達ではないってことですね。

四角くカットされた炭火焼チキンは一口サイズで食べやすく肉厚もあります。
噛めば繊細な柔らかい弾力が心地の良い歯触りで、ギュっと詰まった鶏の旨味が溢れだしてきます。

蒸し鶏は細めに切ってありますが、しっかりとした大きさがあります。
こちらも鶏の旨味満載で食べ応えのある具材になっています。

“たまご”も鶏肉たちに負けじと大量に入っています。
甘い味付けは塩気のあるチキンスープとの相性もよく美味しくいただけます。

2種類の鶏肉を楽しめる豪華さで、たまごなどの具材のボリュームも申し分ない贅沢な味わいは最高ですね。

ここまでの内容を見せつけられると、「ひよこちゃんナルト」1枚はやはり寂しい感じがします。
もう少し「賑やかし」があれば心ウキウキでいられたはずです。
ホントに1枚だけなのかどうか、個体差によるものなのか、今回購入した店とは違うルートでの商品で検証してみる必要がありますね。

まとめ

今回は、日清食品の「チキンラーメンビッグカップ チキフェス」を食べてみました。

チキンラーメン誕生60周年記念として新発売となった「チキンラーメンビッグカップ チキフェス」は、炭火焼チキンと蒸し鶏の2種類の鶏肉やたまごなどのバラエティに富んだ具材を贅沢に使用した大感謝祭にふさわしい「チキンラーメン」に仕上がっていました。

今回の記念商品は具材に特化した内容なので、「チキンラーメン」の味わいはそのままにいただけます。
食べ慣れている元祖鶏ガラスープやチキン麺は「やっぱり旨い」とまたリピートしたくなる安定感がありますね。

いつもの「チキンラーメン」のお祭り企画バージョンとなっている「チキンラーメンビッグカップ チキフェス」は、鶏肉が主役のトッピング具材となっており、とくに炭火焼チキンの厚みのある肉感と柔らかい食感はホントにすごくて旨いです。
もはやカップ麺の具材のレベルではないクオリティと感じましたし、この旨味のある鶏肉がテンコ盛りになっているのは、まさに「賑やかフェスティバル」。
ただしつこいように言うと、「ひよこちゃんナルト」の内容だけが悔やまれるだけで、味とボリュームについては文句の付けどころがないトッピングでオススメな一杯になっています。
誕生60周年の大感謝祭バージョンの「チキンラーメン」で、日清食品へのお祝いとお祭り気分を味わってみてはどうでしょうか!?

カップ麺カテゴリの最新記事