『カップヌードル コッテリーナイス 濃厚!クリーミーシーフード』★脂質・糖質50%オフ、カロリー控えめなのにコッテリ濃厚クリーミーなシーフード

『カップヌードル コッテリーナイス 濃厚!クリーミーシーフード』★脂質・糖質50%オフ、カロリー控えめなのにコッテリ濃厚クリーミーなシーフード

スポンサーリンク

 

日清のカップヌードルから『カップヌードル コッテリーナイス』が新登場。「濃厚!ポークしょうゆ」「濃厚!クリーミーシーフード」「濃厚!キムチ豚骨」の3品がラインナップされており、いずれもレタス約4個分相当の食物繊維をたっぷりと練り込み、糖質を従来より抑えた新開発のノンフライ麺を使用しているとのことだ。

2016年4月から販売されている商品で、今回はリニューアルしての新発売となっている。体型の変化が気になり始めるアラフォー男性を中心にとても人気があるカップヌードルなのだという。

人気ロックバンドの「マキシマム ザ ホルモン」がCM制作を担当したことでも話題となっているので、すでにご存知の方は大勢いるだろう。

そんな意識高い系カップ麺の『カップヌードル コッテリーナイス』なのだが、今回はそのうちの一品である『カップヌードル コッテリーナイス 濃厚!クリーミーシーフード』をいただいてみることに。

昔の初代ファミコンを思い起こさせるドット調の文字が印象深いパッケージ。コミカルでレトロな雰囲気を醸し出しているが、ひと目見てカップヌードルシリーズだと分かるデザインがいいね。

カップヌードル コッテリーナイス 濃厚!クリーミーシーフード
発売日:2019年3月4日
希望小売価格:180円 (税別)
内容量 (麺量):56g (40g)
カロリー:176kcal

意識高い系カップ麺『カップヌードル コッテリーナイス』は、脂質・糖質50%オフ、カロリーも通常のカップヌードル1食分353kcalに対して約半分の176kcal。しかも麺にレタス約4個分の食物繊維が練り込まれているっていうんだから、これを意識高い系と言わずして何をもって言うのか。

脂質や糖質、カロリーまで約半分に抑えながらも、いつも食べているカップヌードルよりもコッテリ濃厚なスープの味わいに仕上がっているというのだから、これは凄いし嬉しいことだ。そういうことでカップラーメンを食べても「罪悪感無いス(ナイス)!」ってこと。たしかにこれはお腹のお肉が気になりだした年代の方にはウケるはずだね。

果たして、脂質、糖質、カロリー控えめのコッテリしたカップヌードルの味わいっていうものがどんな仕上がりを魅せてくれているのか。めちゃ気になるので、さっそく食べてみることに。

スポンサーリンク

こってりナイスな意識高い系カップ麺『カップヌードル コッテリーナイス 濃厚!クリーミーシーフード』を食べてみた

フタをめくってみれば、見慣れた光景が目に飛び込んでくる。いつもの「カップヌードル シーフード」よりも少ないが、「たまご、キャベツ、イカ、カニ風味かまぼこ、ネギ」といった具材が揃っている。香りを嗅いでみると、通常のシーフードとは少し違い、ミルク系の甘い香りがほんのりと鼻をかすめる。

熱湯注いで3分間待つ。ここは通常のカップヌードルと変わらない、お湯を入れるだけの簡単調理。

3分経ったら完成。見た目はシーフードヌードルそのまま。

香りは少し違って、シーフードの香りに、ミルキーな甘さを思わせる香りがミックスされた香り立ち。まるでクリームチャウダーやシチューのような香りだ。カップ麺ランキングではいつも上位に食い込んでくるし、超人気のある「カップヌードル シーフード」。その味わいが「コッテーリーナイス」となり、どのような仕上がりを魅せてくれるのか。

さっそく食べてみると、以前食べたミルクシーフードを直観的に思い出す。しかし、系統は同じだがミルクシーフードよりも断然コッテリ感がある。スープの色味が白いし、まるでミルクをたっぷり入れたような甘さ。かなり濃厚なクリーム感とミルキーな味わいとなっている。人によっては甘ったるいと感じてしまうほどコッテリだ。

【牛乳入れたらうまかった】日清食品『カップヌードル 北海道ミルクシーフー道ヌードル』★ミルク入り!濃厚クリーミーなシーフードヌードルはうまいヤツ

やや“とろみ”がついており、まさにコッテリとした濃厚クリーム系のシチューといった印象だが、ただ濃いだけの味ではなく、まろやかさのある飲みやすい口当たりとなっていて飽きがこないうまさがある。これはクリーミーでミルキーな濃い味の中に、魚介の旨みが活きたシーフードの味わいが感じられるからだろう。このシーフードの味わいが、Wスープの鰹や昆布だしの旨味のようにしみじみと利いてきて、これがまたうまいのだ。

スポンサーリンク

麺は“レタス約4個分相当の食物繊維をたっぷりと練り込み、糖質を従来より抑えた新開発のノンフライ麺”とのこと。生麺のような食感を味わえることで定評のあるノンフライ麺を使用とのことだが、今回に限っては狙いが違うことは明白だ。油揚げ麺では、ここまで脂質や糖質、カロリーまでを抑えることはできないはず。

幅は狭めの平打ち麺で、厚みも薄め。っていうか光に充てると向こう側が空けて見えるほどに薄い。それだけに麺の主張は控えめで、ヌードルというよりは春雨にちかいような感覚。麺が弱いのでコッテリとしたスープの味がより際立って味わえる。あくまでも麺はオマケでスープのコッテリ感を存分に楽しんでねってことなのだろう。

「たまご、キャベツ、イカ、カニ風味かまぼこ、ネギ」というシーフードと同じ構成の具材。具材のボリュームは本家のシーフードより少ないが、40gという少量の麺量を考えれば均衡のとれたボリュームといったところか。

キャベツ、カニ風味かまぼこ、ネギは、濃厚なスープを前にしてあまり目立つことはないが、イカや“たまご”はその存在感をしっかりと示す。イカの旨みは、クリーミーでミルキーな濃厚スープに、しっかりと海鮮の味わいをもたらし、たまごのふんわりとした優しい甘さが、ミルキーな味わいとマッチして際立ちを魅せている。

 

おすすめ度は?(ふつう=星3)
★★★★☆☆☆☆☆☆(星4)

糖質制限ダイエットやロカボ食が流行っている最中、糖質オフのカップ麺をリリースしてくれるっていうのは嬉しいことだ。

“カップ麺=太る&身体に良くない”といったイメージがどうしても先行してしまうので、カップ麺を食べるのってどこか罪悪感があったりするもの。しかし、脂質・糖質50%オフ、カロリーも控えめに抑えられた今回の『カップヌードル コッテリーナイス 濃厚!クリーミーシーフード』ならば安心して食べることができちゃうのだ。しかもレタス約4個分の食物繊維も摂取できるわけだし、健康志向のカップ麺なのにコッテリとした味わいできちんと美味しいのだから、もはや感動の域やね。

ひとつ気になることといえば、スープに比べて麺の主張が大人しいので、食べ応えは大元のシーフードにはさすがに敵わないってこと。しっかりとした食事としては満足できないかもしれないが、ちょっと小腹が空いたときや夜食なんかに軽く食べたいときには重宝できる一品。麺がオマケで入っているスープという考えで食べるのが一番ベターじゃないかな。

カップ麺カテゴリの最新記事