『カップヌードル コッテリーナイス 濃厚!ポークしょうゆ』★脂質&糖質50%オフで低カロリーなのにコッテリ濃厚なカップヌードル

『カップヌードル コッテリーナイス 濃厚!ポークしょうゆ』★脂質&糖質50%オフで低カロリーなのにコッテリ濃厚なカップヌードル

スポンサーリンク

 

日清の「カップヌードル ナイス」は、いつも食べているカップヌードルよりもコッテリなのに、“脂質50%オフ”&“糖質40%オフ”で、しかもカップヌードル1食分 (353kcal) の約半分となる “カロリー176kcal” を実現させた“罪悪感軽減型”のカップヌードル。2016年4月の発売から、“体型の変化が気になり始めるアラフォー男性”を中心に大好評の商品だ。

その「カップヌードル ナイス」が「カップヌードル コッテリーナイス」として商品名を変更し、商品の特長である「コッテリ濃厚な味わい」をより具体的にアピールするのと同時に、さらに糖質オフを進化させ、新たにリニューアルしての新販売となっている。

Photo by:https://www.nissin.com/

今回のリニューアルでは、「カップヌードル コッテリーナイス 濃厚! ポークしょうゆ」「カップヌードル コッテリーナイス 濃厚! クリーミーシーフード」「カップヌードル コッテリーナイス 濃厚! キムチ豚骨」の3品をリリースしており、コッテリ濃厚なスープの味わいはそのままに、脂質のみならず糖質40%オフから糖質50%オフを実現し、さらに罪悪感なくおいしく食べることができるようになったのだとか。

 

そして今回食べてみるのは、こちらの『カップヌードル コッテリーナイス 濃厚! ポークしょうゆ』。“豚骨エキスで濃厚感とコクを表現したこってり醤油スープが特長”とのことだ。

カップヌードル コッテリーナイス 濃厚! ポークしょうゆ
発売日:2019年3月4日
希望小売価格:180円 (税別)
内容量(麺量):57g(40g)
カロリー:176kcal

 

すでに前回「カップヌードル コッテリーナイス 濃厚! クリーミーシーフード」を食べているのだが、日清が謳っているように、シーフードの海鮮の旨味は残しつつも、クリーミーでミルキーな濃厚なスープがおいしくいただけるカップヌードルになっていた。これが脂質、糖質、カロリーにいたるまで抑えられているなんて、信じがたいほどの濃厚な味わい。まさにビックリ仰天って感じ。

『カップヌードル コッテリーナイス 濃厚!クリーミーシーフード』★脂質・糖質50%オフ、カロリー控えめなのにコッテリ濃厚クリーミーなシーフード

“シーフード”の「コッテーリーナイス」が上々なクオリティであったので、“ポークしょうゆ”にも期待をしているのだが、果たしてどんな濃厚な味わいになっているのか、さっそく食べてみることに。

スポンサーリンク

意識高い系!?こってりナイスなカップ麺★日清の『カップヌードル コッテリーナイス 濃厚!ポークしょうゆ』を食べてみた

今回のリニューアルによって、糖質40%オフから糖質50%オフとなっており、脂質&糖質はともに50%オフ、カロリーまで通用のカップヌードル (353kcal)の約半分176kcal。麺は、レタス約4個分相当の食物繊維をたっぷりと練り込んだという、糖質を従来より抑えた新開発のノンフライ麺とのことだ。

パッケージにもあるように、色々半分だから、コッテリしたカップ麺を食べるのにも「罪悪感は無いス!(ナイス)」ってことやね。最近、お腹のお肉が気になってきたなぁって方にも、気軽に楽しめるんじゃないかな。

フタをめくってみると、かやくの「キャベツ、味付豚ミンチ、たまご、ネギ、赤ピーマン」が一面に散らばっている。ベースとなるカップヌードル(しょうゆ)に入っているエビはないが、変わりにキャベツがあってヘルシーなイメージがしてくる。けっこうな量の具材だし、食べ応えの満足度は高そうだ。

熱湯注いで3分間。これは通常のカップヌードルとまったく同じ。なにか香りが漂ってくることは、この時点ではまだない。

コロコロッとした豚ミンチ、鮮やかなたまごの黄色みが、いつものカップヌードルのような雰囲気を醸し出している。「コッテーリーナイス」としての濃厚な味わいがどのようになっているのか。

さっそくスープをひと口飲んでみたが、まず濃厚なコクのある豚の旨味に驚かされる。かなり豚が強めに活きているのだが、ちょっと臭みを感じるほど。豚骨とは違い、醤油の香ばしさと豚から発するうまみ成分の香りが混ざったような香り。食べ始めの一瞬だけちょっと豚臭いかなって感じただけだし、それほど強烈な臭みではなかったが、気になる方もいるかもしれない。

食べ慣れているノーマルのカップヌードルは、適度にピリリと利いたスパイス感があるのだが、今回のポークしょうゆにはそれは感じられない。カップヌードル独特の醤油のキレがある味わいは受け継ぎつつも、豚のコクある旨味とコッテリ感を前面に推しだしてくる強い味わい。本家カップヌードルのスパイス感をそのまま豚の旨味にスワップしたような印象だ。

濃厚な豚のコクをトコトン味わえるスープとなっているが、意外にクドさはない。適度に利いた豚脂がコクとコッテリ感をスープに与えつつも“まろやかさ”を生んでいて、濃い豚の味わいながらもスッキリとした後味にまとめてくる。最後の一滴まで飽きずに飲み干せてしまうほど、スッキリ感と濃厚な豚の旨味を楽しめてしまうスープだ。

スポンサーリンク

その豚の旨味溢れる濃厚スープに絡んでくるノンフライ麺。生麺のような食感がウリのノンフライ麺であるが、それは期待しないほうがいいかな。幅は広くはなく、厚みも薄めで柔らかい弾力。張りとかコシはほとんどないし、麺の主張が弱く、カップ麺としては食べ応えに少し欠けるのだ。

しかしながら、麺が主張してこないだけに、コッテリ濃厚スープの味わいが際立って楽しめる。麺の柔らかさもあってか、めちゃくちゃスープが食いついてくるのだ。麺単体では特別おいしいってわけでもないが、ダイエット食品やロカボ食品にあるようなこんにゃく麺やローカロリー麺なんかよりは幾分うまいレベル。スープを味わうための麺としてはかなり優秀といったところやね。

カップヌードルには欠かせないエビが入ってはいないが、そのかわりにキャベツ、赤ピーマンが新たに加わる。エビのないカップヌードルの姿に少し戸惑いつつも、ゴロゴロとした味付豚ミンチと、ふっくらとした“たまご”の存在感は大きく、頼もしいとさえ感じる。

キャベツも多めで、その甘さがコッテリ濃厚スープに合っていたし、ネギのシャキっとした食感もなかなかいい。赤ピーマンは小さいし少量なので、それほど印象には残らない。

 

おすすめ度は?(ふつう=星3)
★★★★☆☆☆☆☆☆(星4)

今回は『カップヌードル コッテリーナイス 濃厚! ポークしょうゆ』を食べてみたが、豚のコクある旨味がかなり際立ったコッテリ濃厚な味わいのカップヌードルになっていた。

豚の旨味は強烈だが、口当たりはまろやかで後味は濃厚さのわりにはスッキリとしている。本家のカップヌードルのように油揚げ麺ではなく、ノンフライ麺を使用しているが、これは脂質や糖質を抑えるためのもの。正直、生麺のような食感は期待できないのだが、スープの旨みを前面に推しだしてくるような麺とスープ絡みは、コッテリ濃厚スープをよりよく味わうには最高のバランスとなっている。

麺量が40gで、小食な方や女性にもピッタリなサイズ感。ちょっと小腹が空いたときや夜食なんかにもちょうどいい。最近体形が気になってきたしダイエットしている、けど「たまにはカップ麺が食べたい!」ってなったら絶対にこれ。ぜひお試しを。

カップ麺カテゴリの最新記事