【話題沸騰中】日清食品『All-in NOODLES ごま香る濃厚担々まぜそば』気軽に美味しくヘルシーに!1日に必要な栄養素を摂れちゃうカップ麺!

【話題沸騰中】日清食品『All-in NOODLES ごま香る濃厚担々まぜそば』気軽に美味しくヘルシーに!1日に必要な栄養素を摂れちゃうカップ麺!

スポンサーリンク

 

日清食品から、話題沸騰中である「All-in シリーズ」の第2弾として「All-in NOODLES(オールインヌードル)」が2019年8月19日に新発売となった。

第1弾の「All-in PASTA」は、カップ麺なのに1日に必要な栄養素を簡単に摂取することができる「完全栄養食」として多大な反響を呼んだのは記憶に新しい。

発売直後の5時間で在庫分が即完売し、その後も常に品薄状態が続く凄まじい人気っぷりは、今までのダイエット食や栄養食にはなかった本格的な美味しさを実現したことも大きいだろう。

 

そんな第1弾のパスタに続き、今回はカップ麺要素がさらに強い「まぜそば」タイプとして「All-in NOODLES」が新登場となったってわけだ。


この「All-in NOODLES」は、日清食品独自の製麺技術「栄養ホールドプレス製法」で作られた中華麺による“まぜそば”タイプの新商品。

「麺、液体だれ、かやく」付きのカップタイプは、「油そば」、「トムヤムまぜそば」、「担々まぜそば」の3種類が用意され、あとは麺のみの袋タイプ1品の全4品がラインアップされている。(日清食品グループ オンラインストアとLOHACOの販売のみ。)

袋麺はホントに麺だけなので、自分で味付けて食べることになり、即席麺という印象は薄い。


今回は「All-in NOODLES」の一品である『All-in NOODLES(オールインヌードル)ごま香る濃厚担々まぜそば』をピックアップしていく。

栄養食、健康食として、またトレーニング・ダイエットクラスタからも注目を集める「All-in シリーズ」のまぜそばがいったいどんな味わいになっているのか、とても楽しみだ。

スポンサーリンク

日清食品『All-in NOODLES(オールインヌードル) ごま香る濃厚担々まぜそば』食べてみた


All-in NOODLES ごま香る濃厚担々まぜそば」の栄養成分表。

1日に必要なすべてのビタミンとミネラル、多くのたんぱく質を含み、カップ麺としては少ない糖質と食塩相当量となっている。


カップの中には、袋麺の「All-in NOODLES」を筆頭に「液体だれ、かやく、スパイス」の別添品が全部で4つ入っている。


袋麺の中には、「ほぐしオイル」も用意されている。


液体だれなど色々あるが、作り方は湯切りタイプのカップ麺とまったく同じ。


フタの湯切り口のツメをあけておき


カップに袋から取り出した麺と、かやくを入れる。かやくは「味付豚ミンチ、チンゲン菜」といった担々麺の定番具材が揃う。


湯戻し時間は長めの6分間。その間に「液体だれ」をフタの上で温めておくべし。


しっかりと湯切りをしたら、「ほぐしオイル」で麺を満遍なくほぐしてやる。


お次は「液体だれ」を加える。真っ赤というか、もはや真紅に染まった色味で、めちゃ辛そうな予感。


麺と「液体だれ」を混ぜ込むたびに、唐辛子の風味漂う担々麺っぽさが出てくる。


別添の花椒を利かせた「スパイス」をふりかけたら完成だ!

Advertisement

▼1食に必要なビタミンやミネラルが練り込まれ、さらに糖質を抑えたノンフライ麺は、まさに「All-in シリーズ」の真髄といったところ。

「ほぐれオイル」でほぐれが良く、かなり硬めの中太麺。噛むと弾き返してくる弾力の強さでムチムチッとした粘りをみせる。

汁なし担々麺って極太または太麺で、もちっもちな食感が特長でもあるけど、それとは全く違った麺の食感だ。

コシがあるというより、硬い弾力といったイメージだが、この強めのムッチリとした食感がなんだか不思議とクセになってしまう。


坦々だれは、醤油をベースに練り胡麻をトコトン利かせ、花椒や唐辛子でガツンと辛味をつけた仕立て。

糖質オフなのに、濃厚な練り胡麻のコクがあり、栄養食やロカボ商品でもないカップ麺の担々麺と遜色のない強い食べ応えとなっている。

花椒はシビレよりも香り高さに焦点を置いているようで、少しピリッと舌に刺激を感じる程度。

辛味は唐辛子やラー油が主体となっており、練り胡麻の強さと辛味のバランスのとれた味わいに、花椒の優雅な風味が加わることで、担々麺の雰囲気を高めてくれるのだ。

 

▼具材は「味付豚ミンチ、チンゲン菜」が揃い、担々麺っぽさはあるけど、600円(税別)の商品にしては寂しい内容かなぁ。

「味付豚ミンチ」は見た目はカップヌードルの「謎肉」。

スナック感は一切ない肉感のある嚙みごたえで、ホロホロと崩れる柔らか食感ではあるものの、200円台のカップ麺の域は出ていない感じ。

チンゲン菜にいたっても、小さいから食感や味も弱く、同じような印象やね。

麺のみが入った袋麺の「All-in NOODLES」が400円(税別)だから、単純に「かやく」や「液体だれ」などで200円(税別)ってこと。

栄養食だからコスト面で厳しいのかもしれないが、ユーザーのひとりとしては、具材の質感をもうちょっと頑張ってほしいかぁって気はしてくるよね。


栄養素がたっぷり詰まっているからか、麺は小麦の甘みは希薄で少し苦みを感じたが、その苦味が坦々だれの辛味を後押しするように寄与していて、一風変わった担々麺を楽しめる。

糖質を抑えた栄養食でありながら、練り胡麻のコクもしっかり利いて、担々麺のツボをきちんと抑えているのが素晴らしい。

栄養食とか健康食とか関係なく、美味しく食事としていただける逸品と言ってもいいだろう。

Advertisement

総評、おすすめ度

★★★★★★★☆☆☆(星7)
※星3=基準点(及第点)

1日で必要な栄養素が賄えるということで大注目の「All-in PASTA」に続く第2弾として誕生した「All-in NOODLES」。

そのうちの一品「ごま香る濃厚担々まぜそば」を食べてみたところ、麺の硬めな食感とやんわりとした苦味がちょっと特徴的だけど、花椒と唐辛子が利いた麻辣を思わせる担々麺になっていて、栄養食ながら美味しくいただけるカップ麺だった。

具材は担々麺の定番「味付豚ミンチ、チンゲン菜」が揃うが、1食あたり600円(税抜)という価格とは見合わない質感と内容が気にはなる。

糖質を抑えて栄養たっぷりのカップ麺を生み出すのは容易ではなく、コストがすごくかかってしまうのは充分承知してはいるけど、やっぱり高価なカップ麺としてのインパクトとプレミア感は欲しいところやね。

ただの食事としての美味しさを求めてしまうと、価格的にたくさんの選択肢ができるから、わざわざ栄養食の「All-in NOODLES」を選ぶまでもないだろう。

カップ麺で気軽に美味しく必要な栄養素が摂れて、健康面でも美容面でも充実できれば・・・っていうところに価値を見出したい商品やね。

なかなかコンスタントにバランスよく栄養を摂取できないってお悩みの方は、一度ぜひお試しで召し上がってみては!?

 

All-in NOODLESは、日清食品グループ オンラインストアで販売中だよ!
https://www.allinseries.jp/noodles/

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

カップ麺カテゴリの最新記事