【新しい味のレギュラー商品】『明星 一平ちゃん夜店の焼そば すだちポン酢マヨ醤油味』を食べてみた

【新しい味のレギュラー商品】『明星 一平ちゃん夜店の焼そば すだちポン酢マヨ醤油味』を食べてみた

スポンサーリンク

 

「いっぺん食べたらやめられない。」でお馴染の明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば」シリーズに新商品がリリース。

今回の新商品『明星 一平ちゃん夜店の焼そば すだちポン酢マヨ醤油味』は、季節限定とか数量限定ではなく、レギュラー商品としての新たな味らしい。

希望小売価格180円(税抜)、2019年2月4日に全国のスーパーやコンビニで新発売。

“すだち”をイメージした緑を基本色としたデザイン。大きく描かれた“すだち”のイラストと堂々と書かれた“ポン酢マヨ”の文字が目を惹くパッケージになっている。

“鶏の唐揚げにポン酢とマヨネーズをかけた味わいの和テイストの醤油味焼そば”とのことで、いったいどんな仕上がりになっているのか気になるところだ。

スポンサーリンク

 『明星 一平ちゃん夜店の焼そば すだちポン酢マヨ醤油味』を食べてみた

1食127g当たりのカロリーは581kcal。それに比べて食塩相当量4.1gというのは意外と低め。

フタを開けてみると、中には別添された“液体ソース”、“ふりかけ”、そして“特製マヨ”が入っている。

「明星 一平ちゃん」といえば、もはや代名詞的な欠かせない存在の“特製マヨ”。今回のものは、“すだちの果皮のさわやかな香りを加えた特製すだち風味マヨ”とのことだ。

かやくは“キャベツ”のみ。個別梱包された小袋ではなくて、直にカップに入っているのがカップ焼きそばらしい。そして、カップ焼きそばでは暗黙の了解(!?)となっている具材の少なさ。麺は細麺といってもいい太さの油揚げ麺だ。

湯切りした後に“液体ソース”を加えると、醤油の香ばしさに混ざって、ふわっとした柑橘系の風味が広がってくる。

“液体ソース”を入れてかき混ぜたら、ふりかけをササっと投入。

“ふりかけ”は「ネギ、胡麻、ブラックペッパー」の組み合わせ。

最後の仕上げに、すだち風味の特製マヨでマヨビームだ。これが一平ちゃんの醍醐味やね。

相変わらずマヨビームが下手くそやなぁって思いつつも、これで完成!特製マヨをかけたら、ますます柑橘類の酸っぱさを感じる香りが鼻を優しくくすぐってくる。これは食欲が刺激されてたまらない。

スポンサーリンク

「最初からクライマックスだぜ!」と“ふりかけ”も“マヨネーズ”も麺と絡めて、まずはひと口食べてみると、甘酸っぱい“すだち”の香りがスーっと鼻を抜け、ポン酢の爽やかな酸味がスッキリとした後味を感じさせる。マヨネーズはそんなに前に出てこないけれど、こってりとしたコクをさりげなく演出しつつ、“すだち”と“ゆず”が合わさった柑橘系の香りを惹きたてている。

細めの麺はしなやかな食感で、軽やかな食べ応え。細麺であることからソースの邪魔をすることなく相性良く絡んでくる。醤油ベースのソースはチキンの旨みと鰹の風味がよく感じられ、すだち風味が爽やかな香りをはこんでくるスッキリとした味わいを楽しめる。たしかに鶏の唐揚げの衣にポン酢とマヨネーズをかけたような味がするね。

ネギや胡麻の風味は香り豊かにしてくれていたし、ブラックペッパーも控えめだけれどピリっとした刺激はくる。しかし、どれも弱い利き具合。ガツンと強めではないにしろ、マヨネーズのこってり感はそこそこあるので“ふりかけ”の存在感は希薄になってしまっているかな。

 

おすすめ度は?(ふつう=星3)
★★★☆☆☆☆☆☆☆(星3)

今回の『明星 一平ちゃん夜店の焼そば すだちポン酢マヨ醤油味』は、レギュラー商品としてラインナップに加わった新商品。

醤油ベースのソースにマヨネーズのこってり感を加えた、“すだち”や“ゆず”の柑橘類の香りが際立つスッキリとした味わいのカップ焼きそばとなっていた。

マヨネーズのコクよりもずだち風味を推しだしているんだけれど、“ふりかけ”の「ネギ、胡麻、ブラックペッパー」とはちょっと調和がとれてなかった気がする。ここがちょっと気になるところだ。

夏をイメージさせる爽やかな味わいで、これまでにない「一平ちゃん」というものが楽しめるんだけれど、もう少し“ふりかけ”を活かしたインパクトがほしかったかな。

 

カップ麺カテゴリの最新記事