マルちゃん『吉祥寺 Tombo(トンボ)監修 醤油の旨味ソバ』★TRYラーメン大賞2018-2019 新人大賞部門 総合1位の一杯を再現したカップ麺

マルちゃん『吉祥寺 Tombo(トンボ)監修 醤油の旨味ソバ』★TRYラーメン大賞2018-2019 新人大賞部門 総合1位の一杯を再現したカップ麺

スポンサーリンク

 

講談社が発行する情報書籍「業界最高権威 TRYラーメン大賞2018-2019」。TRYとは「Tokyo Ramen of the Year」を意味し、ラーメン界で著名な6名の審査員によって最高の一杯が決定される、ラーメン業界最高権威の特集をおこなっているとのことだ。

その特集のなか、「新人大賞部門」で総合1位を獲得した「Tombo(トンボ)」。その「Tombo」の味わいをカップ麺で再現した、東洋水産と「Tombo」のタイアップ商品が新登場。

こちらがその『吉祥寺 Tombo(トンボ)監修 醤油の旨味ソバ』。2019年3月11日に全国にて新発売。希望小売価格210円(税抜)、カロリー426kcal。

“総合1位”と大きな文字で前面にアピールしたパッケージ。“今最も輝いている人気行列店”の一杯をカップ麺で気軽に楽しめるってことなので、パッケージを眺めているだけでも「どんな味になっているのか」がめちゃ気になる。

「Tombo」は2017年に東京の吉祥寺でオープンしたラーメン店。オープン当初から、連日行列が絶えない人気っぷりで、“豚骨と鶏ガラをベースに、魚介の旨味を合わせ、香味野菜の風味とコクを利かせた「醤油の旨味ソバ」”が看板メニューのようだ。

もちろん今回の一杯は、その看板メニューである「醤油の旨味ソバ」の味を追求しているとのことで、店主の榎本直記さんが監修したカップ麺となっている。いつも思うのだが、店主や店員さんが写真を撮られるときのポーズは、必ずと言っていいほど腕組みするのはなぜだろう・・・。ラーメン業界での決まり事なのか!?まあ、そんなことはどうでもいいので、さっそくいただいてみることにしよう。

スポンサーリンク

マルちゃん『吉祥寺 Tombo(とんぼ)監修 醤油の旨味ソバ』を食べてみた

フタの上に張り付けられている別添品の「特製スープ」。香味野菜の香りを利かせ、風味豊かでコクのある一品とのことだ。「Tombo」の味わいの特長でもある香味野菜の風味を担う、この「特製スープ」が味の決め手になりそうだ。

フタをめくって中身を覗いてみると、かやくの「味付豚肉、メンマ、ねぎ」が入っている。麺は中細の油揚げ麺だ。カップに鼻を近づけて匂いを嗅いでみたが、この時点では醤油の香りなどはしてこない。

湯戻し時間は短めで2分間だ。熱湯注いで2分待ったあとに、後入れの「特製スープ」を加えていく。

「特製スープ」を投入した瞬間から、醤油の香ばしさと香味野菜の甘みを感じさせるいい香りが。スープはけっこう油脂分があって少しギトっとしている。

麺とスープをしっかり混ぜ合わせたら完成。いかにも醤油ラーメン的な色味のスープと中細麺の組み合わせがオーソドックスな見た目の一杯。醤油と香味野菜の香りがふわっと優しく鼻をくすぐってくる。

スープは、“チキンとポークの旨味をベースに、魚介のだしを加えた、優しい味わい”とのこと。一見、鶏ガラが利いた醤油スープのような印象であったが、よくある鶏ガラスープにみられるような塩気はかなり控えめで、鶏の旨みだけ抽出した感じだ。もちろん豚の旨みも絡んでいて、しっかりと醤油スープの下地をつくり出している。

スポンサーリンク

豚脂や鶏脂の油脂がけっこう浮いていて、まろやかな甘さのあるコクをスープに加えてくる。コク深い味わいになっているが、コッテリとはしすぎず、寧ろアッサリした飲み口だ。

たっぷりと浸透した鶏や豚の旨味に、魚介だしの旨みが加わり、じみじみとした味わい深さを味わえる。そこに香味野菜の甘みと風味が香り豊かな醤油スープへと昇華させてくるのだ。このスープ、かなりいい。鶏や豚のコクと、醤油や香味野菜の甘さを前面に推しだしつつも、コッテリ感は控えめで優しい味わいを楽しめる。

麺は中細でやや縮れのある油揚げ麺。そんなに太くはないが、弾力は強めで時間が経過しても質感の劣化はほとんどない。表面はつるみがあってシコシコした食感、噛んでみるとムチっとした歯切れの良さがある。優しい味わいの醤油スープの主張を邪魔することなく、しっかりとスープの旨みを絡めとってくるし、麺とスープの相性は抜群だ。

具材の味付豚肉は、小さめながらも、しっとりとした豚肉らしい嚙みごたえで、味付けは濃いめ。甘めの醤油スープの味わいにマッチしていて、スープの旨みを後押ししてくる。コリコリとした食感のメンマも醤油スープに合っているし、ねぎの風味も香りづけとしてひと役買っている。

 

おすすめ度は?(ふつう=星3)
★★★★☆☆☆☆☆(星5)

マルちゃんの『吉祥寺 Tombo(トンボ)監修 醤油の旨味ソバ』を食べてみたが、鶏や豚の旨味に、魚介や香味野菜の風味を加えた、優しい味わいの醤油味の一杯になっていた。

「TRYラーメン大賞2018-2019」の「新人大賞部門」で総合1位という実績を疑う余地のないクオリティの高さ。その味わいは、揺るぎない美味しさとなっていて、目新しさはないがオールドタイプの醤油ラーメンとしては、もはや絶品といったところ。

東京の吉祥寺にある人気ラーメン店「Tombo」の味わいを気軽に楽しむには最高のカップ麺になっていてオススメ。ぜひ一度ご賞味を。

カップ麺カテゴリの最新記事