『縦型ビッグ 黒い豚カレーうどん』★定番の「黒い豚カレーうどん」が縦型ビッグになって新登場!鰹だしが利いた風味豊かなカレーうどん

『縦型ビッグ 黒い豚カレーうどん』★定番の「黒い豚カレーうどん」が縦型ビッグになって新登場!鰹だしが利いた風味豊かなカレーうどん

スポンサーリンク

 

マルちゃんの「赤いきつねうどん」「緑のたぬき天そば」でお馴染の和風シリーズから、定番の「黒い豚カレーうどん」が縦型ビッグになって新登場!

 

こちらがその『縦型ビッグ 黒い豚カレーうどん』、希望小売価格220円(税抜)。

人気のある丼ぶり型の「黒いカレーうどん」を縦型ビッグカップで再現した商品で、コシが強いうどんに豚の旨みと玉ねぎの甘さ、鰹だしが利いたカレー風味豊かな一杯になっているのだとか。

定評のある「黒いカレーうどん」が縦型ビッグになって、ますますラインナップが充実した和風シリーズ。「黒いカレーうどん」は折り紙付きの安定したうまさだし、縦型ビッグになってもそれは変わらないはず。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

マルちゃん『縦型ビッグ 黒い豚カレーうどん』を食べてみた

開封すると、カレーの香りがプンプンと漂ってくる。かやく具材は「味付豚肉、にんじん、たまねぎ」で、これは本家の丼ぶり型とまったく同じ内容だ。

別添品は何もないのでお湯を注いで5分間待てば完成だ。さっそく食べてみよう!

 

まずは麺をずるっとひと口食べてみる。

丼ぶり型と比べてみると幅が狭くて厚みもない気もするけど、小麦の風味が香りよく、適度なコシと歯ごたえのある弾力があるね。カレーつゆをしっかりと包み込むように絡めてくるし、ふっくらでもっちりとした食感がいい!

 

カレーつゆは安定した味わいで、豚のコクと玉ねぎの甘みをベースに魚介をしっかり活かしている仕上がり。

辛さはまったくなく寧ろ甘口で、カレーの旨みはマイルドなコクがあり、昔ながらの大衆食堂なんかで食べるような、どことなく懐かしさのあるカレーって感じ。どこか突出したものはないけれど、味わってみるとほっとする安心感のあるカレーつゆで、「黒い豚カレーうどん」そのままの味わいだ。

 

具材は丼ぶり型と内容は同じ。

和風カレーうどんの風味を牽引しているネギはいつもの仕事っぷりだし、ニンジンは小さめだけど優しい甘さがアクセントになって、ちょっと嬉しくなってくる具材。味付豚肉はよくあるカップ麺のチープさだけれど、豚肉らしい嚙みごたえと甘みがカレー味の中で映えていてよかった。

大元の丼ぶり型と今回の縦型ビッグのスープの成分を比べてみると、ちょっと違った原材料を使ってはいるみたい。それが大きく味わいに関わっているとは感じないし、麺の幅と厚みはややスケールダウンしているけど、ふっくらでもっちりとした食感はそのまま。

相変わらずの安定感は素晴らしく、従来の「黒いカレーうどん」と変わらぬ美味しさを味わえると思っていいんじゃないかな。

Advertisement

食べてみた感想

★★★★☆☆☆☆☆☆(星4)
※星3=基準点(及第点)

目新しさはまったくないが、いつもと変わらぬ安定した「黒いカレーうどん」の味わいを楽しめる一品だった。

じゃあ、丼ぶり型のままでいいじゃんって話だけれど、家の在庫で保管するときなんかは、どんぶり型より縦型のほうが幅をとらないし積みやすい利点はあるかなぁっと。メーカーもコンビニ中心の商品展開としているようだし、何か特別な狙いがあるのだろうしね。

気になる方は食べてみてね!

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

カップ麺カテゴリの最新記事