【うまいよコレ!】東洋水産『MARUCHAN QTTA SHO-YUラーメン(マルちゃん クッタ 醤油ラーメン)』★マルちゃんの本気を感じるこの一杯

【うまいよコレ!】東洋水産『MARUCHAN QTTA SHO-YUラーメン(マルちゃん クッタ 醤油ラーメン)』★マルちゃんの本気を感じるこの一杯

スポンサーリンク

 

「MARUCHAN QTTA(以下マルちゃんクッタ)」は、東洋水産から2017年3月に登場した若い世代向けの縦型カップ麺です。

初登場時は「SHO-YUラーメン」「SEAFOODラーメン」「TONKOTSUラーメン」からのスタートでしたが、今では「CURRYラーメン」「TOMATO CREAM」「スパイシーコンソメ味」「メキシカンタコス味」を加えた7種類の味が楽しめます。わずか1年で大幅なリリースを遂げていることから、その人気が分かりますよね。

この「マルちゃんクッタ」ですが、実はまだ食べたことがないんですよ。今回が初体験なわけであるので、まずは「SHO-YUラーメン」から食べてみるのがセオリーですよね。

MARUCHAN QTTA(クッタ) SHO-YUラーメン』は、希望小売価格180円(税抜)、内容量78g(めん66g)、カロリー346kcal。

縦型カップラーメンで、しかも醤油味っていえばガッツリと国民的支持を得ているアレと丸かぶりですよね。そう、あの誰しもが一度は食べたことがあるカップラーメン界の絶対王者…

日清カップヌードル(ノーマル)!

当然意識をして開発をしているだろうし、隙あらば絶対的な人気と認知度の牙城を崩したいところでしょうね。それだけに気合の入った意気込みで登場させたことでしょうから、これはなかなか期待のできる一杯になっているはず!

それではさっそく実食レビューとまいりましょうか!

スポンサーリンク

さあ食った食った!『マルちゃん クッタ 醤油ラーメン』を食べてみた

▼「QTTA」のQの字をモチーフにしたパッケージ。スッキリとしたスタイリッシュなデザインですね。Qの字の中に写る「肉、たまご、エビ、ネギ」の具材の様子をパッと見てみても、やはり「日清カップヌードル」を意識していると感じますね。

「マルちゃんクッタ」を食べたあとに「はぁ~食った」とホッと一息ついて前向きな気持ちになってもらいたいっていう、メーカーの想いがあるようです。そういう意味で商品名が「QTTA(食った)」ってことのようで、なかなか粋なことを考えるもんですよね。メーカーがちょっとした遊び心を持って楽しんで作ってくれるのって、こっちまでなんだかホッコリした気持ちになってきませんか!?

 

▼中身。「味付豚肉、えび、たまご、ねぎ」の具材が揃っており、やっぱり「カップヌードル」的な感じ。

あまりにも「カップヌードル」って連呼しすぎなのも・・・って思いますが、似てるものは似てるんですからしょうがないですよね。「カップヌードル」に寄せてきているってことは明確ですし、それだけに「カップヌードル」のポテンシャルが凄いってことの裏付けとも言えます。

 

▼お湯を注いで3分間で完成。後入れの別添品がないので、ただこれだけ。やっぱり即席めんはこうでなくっちゃね。

 

▼具だくさんですね。醤油の良い香りがふわっと漂い、「これは美味いぞ!」と脳に直接働きかけてくる気がしてきます。

 

スポンサーリンク

 

▼それでは、いただきます!

うぅん!?これはうまいぞ!!

まずひと口食べてみて驚いたのが、麺の旨さ。芯がしっかりとしていて歯ごたえのある弾力があります。噛めばモチモチっとした食感が良く、ラードによる香ばしさもあり、味わい深い麺になっています。平麺で厚みがあるからなのか、最後まで麺が伸びることはなく美味しさをキープしたまま食べることができるのも良いですね。ズズっとすすったときに若干滑らかさに欠けるかなぁって印象は残りましたが、人によっては気にならない程度。油揚げ麺っていうことを考えれば、それ以外に欠点は見当たりませんね。

そしてスープですが、醤油の旨味を生かしたキレのある仕上がり。チキンとニンニクの旨味が利いた濃厚な醤油味にバランス良く白胡椒と黒胡椒のスパイスが加わっています。「カップヌードル」が胡椒感を前面に出したスパイシーな醤油味ならば、「QTTA」は醤油スープそのものの旨味を香辛料というアクセントで惹きだしている印象です。

 

▼「味付豚肉、えび、たまご、ねぎ」の具材。ボリューミーなのが嬉しいですね。だけど、こうして見てみると「カップヌードル」と区別がつかないですねw

 

▼「味付豚肉」をヒョイっとひと掴み。思わず「謎肉」と言ってしまいそうになりますが、その呼び名は日清だけのもの。「謎肉」と比べてみると柔らかい食感になっています。ミートボールのような味と食べ応えですね。醤油味がよく染みていて噛めばジュワっと肉の旨味が溢れだしてきます。

 

▼「たまご」は濃厚な甘さがあります。醤油スープにはない甘味なのでスープに絡めて食べれば味変にもなるし、「たまご」そのものが旨いんですよね。ふわっとした食感とまろやかな優しい甘味がたまらなくイイんです!

 

▼「えび」は「カップヌードル」のものと似たような食感ですね。プリっとした歯ごたえに「えび」の香ばしさがほんのりと感じられます。よくライバルを想定して研究してきてるなぁって思います。

 

▼味そのものには関係ないんですが、このカップは持ちやすくて食べやすいです。

 

▼ちょうどカップを持つ底面のほうが四角くなっているんですよ。ここを持つことで安定感が増し持ちやすくなるんです。こんなちょっとした気づかいができる東洋水産って素晴らしいですよね。

「日清カップヌードル」をよく研究しているなって感じます

かなり旨い!かなり旨いんですよ、今回の『MARUCHAN QTTA(クッタ) SHO-YUラーメン』。

東洋水産が自信を持って送り出した一杯なので期待はしていましたが、なんだかんだ言っても「日清カップヌードル」の完成された旨さには太刀打ちできないだろうと心の片隅にそういった負の気持ちを持ってはいました。ごめんなさい、少しなめていました。ここまでの仕上がりを魅せてくれるなんて驚きましたね。

でもですよ!?超えてはないんですよね、「カップヌードル」の旨さを。

誤解がないように言いますが、見劣りはまったくしてないんです。「カップヌードル」を研究して負けない味に仕上げているなってヒシヒシと感じますが、それ故に突出したオリジナリティがないんですよね。「カップヌードル」を徹底マークして寄せすぎてしまった為に、「カップヌードル」の牙城を崩せなかったのではないかと思います。

普段「カップヌードル」ばかり食べていて、たまには違うものをってことで「QTTA」を食べてみたら「意外に旨いじゃん!」って新たな発見があるかもしれません。僕がそうでしたしねw

今回食べてみた『MARUCHAN QTTA(クッタ) SHO-YUラーメン』はかなり旨いし、気に入りました!まだ食べたことのない方には、一度は食べてみてほしい一杯です。

カップ麺カテゴリの最新記事