【トテモカライ】東洋水産『MARUCHAN QTTA(クッタ) EXTRA HOT ラーメン』★QTTAシリーズ初の激辛味!

【トテモカライ】東洋水産『MARUCHAN QTTA(クッタ) EXTRA HOT ラーメン』★QTTAシリーズ初の激辛味!

スポンサーリンク

 

東洋水産の「MARUCHAN QTTA(マルちゃんクッタ)」は、食べた人に「はぁ~、くった~」とホッと一息つける、しっかりとした食べごたえのある「たて型カップ麺」シリーズだ。

そんなクッタから、シリーズ初となる人気の激辛仕様の『MARUCHAN QTTA EXTRA HOT ラーメン』が2019年3月25日に新発売。

この「EXTRA HOT ラーメン」は、スープのベースは味噌とポークになっており、コクと旨味のある濃厚な味わいとのこと。そのスープに唐辛子をふんだんに加え、「激辛」に仕上げ、辛いだけでなく旨さも兼ね備えた一杯となっている。

東洋水産のトップブランドであるクッタ初の激辛味なわけなのだから、一般受けする辛さを狙っているとは考えられるが、どれほどの辛さなのか、想像がつかない。とにかく「辛いものが苦手な方やお子様はご注意ください」との注意喚起をするくらいだから、けっこう辛そうではある。

「EXTRA HOT(エクストラ ホット)」、すなわち「トテモカライ」。どんなカップ麺なのか、ひと目でわかりやすいね。

知っている方もいると思うが、クッタのレギュラー商品は「SHO-YUラーメン」「SEAFOODラーメン」というように英表記になっている。今回新発売した「EXTRA HOT ラーメン」も英表記なため、レギュラーに加わる新フレーバーということになる。

それだけに気合の入った作り込みになっていそうなので、どんな激辛味になっているのか、食べるのがとても楽しみだ。

スポンサーリンク

【トテモカライ】東洋水産『MARUCHAN QTTA(クッタ) EXTRA HOT(激辛) ラーメン』を食べてみた

フタをあけてみると、味噌唐辛子の香りがプンプンと舞う。これはかなり強烈な辛さを想像させてくる。あいかわらずクッタの粉末スープは物凄い量やね。フタをそっと開かないと粉末が飛び散って大変なことになる。かやくは、「味付挽肉、キャベツ、いんげん」。

別添の小袋などはないので、熱湯注ぐだけの簡単調理。3分間待ったら完成だ。はたして激辛クッタの味はどうなのか、まずはスープからいってみることに。

お~こりゃ辛いわ!

激辛と言いつつも、万人受けするレベルにもってきているだろうなって思っていたが、それは浅はかだったと言う他にない。これ、きちんとした辛さがあって、うまいね。

どこに“激辛”という概念を置くのかっていうのは、人によって様々だろう。セブンの「蒙古タンメン中本」やスガキヤの「辛辛魚」と同じ程度じゃないと認めないというのであれば、この「EXTRA HOT ラーメン」は激辛の域までいかない辛さ。

スポンサーリンク

しかしながら、そんなイキ過ぎた辛党な変態はごく一部だろうし、余裕を持って美味しくいただける激辛味のレベルとしては、これくらいの辛さがちょうどいい。

そういうことで、超激辛ではないけれど、きちんと激辛にはなっているってところ。スープを飲んでみれば、唐辛子の辛味が喉に突き刺さってくるほどの攻撃的な辛さだ。その辛さのなかに、コクのある味噌味と醤油の香ばしさもあって、辛さ一辺倒ではない濃厚な辛い味噌味を楽しめる。

今回のクッタの麺は、硬すぎず柔らかすぎずの絶妙なコシがあり、噛めばモッチリとした食感。スープが麺の表面によくコーティングされ、相性よく絡んでいる。ラードを使用した油で揚げたというだけあって、これだけ辛いスープなのに、小麦の香ばしさと甘い麺の旨味がしっかりと堪能できるのは素晴らしい。対抗馬の「日清カップヌードル」はまさしく“ヌードル”といった麺だが、クッタはヌードルではなく“ラーメン”の麺といったイメージだ。

トッピング具材は「味付挽肉、キャベツ、いんげん」。ボリュームは全体的に多めだが、とくに「いんげん」はたくさん入っている。この「いんげん」の独特な食感が激辛味の箸休め的ないいアクセントになっている。どの具材もスープと絡んで辛いんだけれど、スープの辛味がぞんぶんに漬け込まれた肉厚のキャベツが特にいい。口の中へ放り込んでやるとまるで辛旨なキムチの味わいでうまかった。

 

おすすめ度は?(ふつう=星3)
★★★★★★☆☆☆☆(星6)

クッタ初の激辛味である『MARUCHAN QTTA EXTRA HOT ラーメン』を食べてみたが、その名のとおりに激辛な仕上がりで、辛いだけでなく味噌のコクや醤油の香ばしさを感じられる濃厚な味わいとなっていた。

日清のカップヌードルなどでも激辛味は定期的にリリースはするのだが、レギュラーではない。こうしてクッタに激辛味がレギュラー化することで、気軽に縦型カップラーメンの激辛味を楽しめることになるのは素直に嬉しい。

けっこう思い切りのいい展開をしてくるクッタにしては、王道すぎなスープの味だけれど、やみつきになる激辛感でうまいし、ストックしておこうかなってくらいハマリそうだ。

カップ麺カテゴリの最新記事