東洋水産「マルちゃん 黒い豚カレー焼そば」★ピリ辛なスパイス感で甘みとコクもあるソースが絶品なカレー焼きそば

東洋水産「マルちゃん 黒い豚カレー焼そば」★ピリ辛なスパイス感で甘みとコクもあるソースが絶品なカレー焼きそば

今回は、東洋水産の「マルちゃん 黒い豚カレー焼そば」を食べてみたいと思います。

「マルちゃん 黒い豚カレー焼そば」は、2018年6月25日に発売した新商品です。
前記事でレポートした「マルちゃん 赤いきつね焼うどん」との同時発売となっており、「 黒い豚カレー焼そば」は、毎年夏の時期に登場するイヤーモデルで、夏場にぴったりな食欲をそそる人気の一品だとか。

「カレーうどん」の美味しさにみられるように、「カレー」×「麺」ってのはとっても相性がいいですよね。
当然、カレーと焼きそばの組み合わせだってバッチリなはずなので、食べるのが楽しみですね!
 

 

スポンサーリンク

東洋水産「マルちゃん 黒い豚カレー焼そば」を食べてみた

「マルちゃん 黒い豚カレー焼そば」は、なめらかな食感の麺に、甘さとスパイス感が効いたカレー風味のソースが特徴の焼きそばってことです。
ソースは、同シリーズのうどん版である「黒い豚カレーうどん」をイメージしたものらしく、「黒い豚カレーうどん」を食べたことがないので再現度はどのようになっているのかは検討もつきませんが、パッケージに「香りとコクのスパイシーソース」ってあるように、香辛料が効いた本格的なカレー風味が楽しめる一品になっているようですね。

 

「マルちゃん 黒い豚カレー焼そば」その中身は!?

別添しているのは、“かやく”、“粉末ソース”、“液体ソース”の3袋です。

麺は、丸い中細の油揚げ麺です。
“かやく”は、“味付豚肉”と“にんじん”の2種が入っています。

「黒い豚カレー」ってことで豚肉が入っていますが、量が少なめなので、もう少しボリュームがほしかったですね。
“にんじん”は箸でツマみにくいくらいの小ささで、やはり少量ですので、具材は全体的にちょっと寂しいですね。

カロリーは522kcalなので高めです。

塩分は2.8gと意外に少ないですが、スパイスを効かせた味付けが中心ってことなんでしょうね。

 

熱湯入れて3分で「黒い豚カレー焼そば」のできあがり

お湯をそそいで3分間待ちます。

作り方がフタに記載されていますが、“かやく”を麺の上にあけてからお湯をそそぎます。
“液体ソース”と“粉末ソース”は、3分経った食べる直前に投入します。

そして、3分経って湯切りをした状態がこちら。

具材はやっぱり少なめですが、なめらか食感で食べやすそうな麺です。

そして、液体ソース”と“粉末ソース”を麺にぶっかけ、混ぜまくって麺とソースをしっかり馴染ませたら、「マルちゃん 黒い豚カレー焼そば」の完成やぁ!

彩りはカレーということもあり、麺と具材は茶色系なので華やかさには欠けますが、麺がカレー色に染まってカレーの良い香りがプンプンしてきて食欲が刺激されますね。

 

ポークと野菜の旨味や醤油の甘味に、絶妙なスパイス感が合わさったカレー焼きそば

ポークをベースに、野菜の旨味を加え、醤油の甘さとスパイス感のあるカレー味に、バジルの風味を効かせたソースとのこと。

香辛料がしっかりと効いてスパイシー感たっぷりですが、強烈に効いているわけではなく、ちょうどいいピリっとしたスパイシーさのカレー味ですね。
強いカレー味が目立ち過ぎるということはなく、ポークや野菜の旨味と醤油の甘みに、ほど良いスパイスが効いたカレーの風味が加わり、甘みのあるコク深い味わいになっています。

辛いものを食べると額にすぐ汗をかいちゃうくらいの僕が食べても適度なピリ辛味なので、辛いのが得意ではないってかたでも大丈夫なスパイシー加減じゃないでしょうか。

麺は丸い中細の油揚げ麺で、なめらかで弾力がある食感です。

細めの麺なので、ソースの味わいを前面に押し出してくれて、スパイシーなカレーの旨味と風味を充分に堪能することができます。
やや硬めの食感ということもあって、中細麺でありながら歯ごたえがあるので、麺の存在感は強いカレー味にも負けてはいませんし、90gというボリュームもあるので食べ応えは申し分ないくらいにあります。

ポークと野菜の旨味や醤油の甘味に、香辛料をうまく効かせた絶妙なスパイス感が合わさったコクある味わいのカレー焼きそばに仕上がっていると思います。

“かやく”の“味付豚肉”ですが、焼きそばの肉具材と言えばやっぱり「豚肉」ですよね。

けっこう硬めな食感で、嚙みごたえがあります。
噛むとほんの少しだけどジュワっと肉の油が染み出てきますが、なんかサラミを食べてる感覚にちかいですね。

豚肉以外の具材は、“にんじん”のみですが、めちゃ小さめにカットされています。
具材は全体的に量が少ないですね。
焼きそばの具材の定番の“キャベツ”でもあればボリュームが出るのでしょうが、あくまでもカレーの具材ってことなので、“キャベツ”は今回のスパイシーなカレーのイメージにあまり合わないですね。
いっそのこと“ジャガイモ”でも入れてカレーらしさをもっと出してみるのも面白いかもしれません。

 

まとめ

今回は、東洋水産の「マルちゃん 黒い豚カレー焼そば」を食べてみましたが、少々ピリ辛なスパイス感で甘みとコクもあるカレー味が美味しい焼きそばに仕上がっていました。

同シリーズの「黒い豚カレーうどん」をモチーフにした焼きそばってことだったんですが、「黒い豚カレーうどん」を食べたことがないので、どこまで再現ができているのかってことは残念ですがわかりません。
しかし、カレー焼きそばとしての完成度は高いと思いますし、スパイスが効いていると言っても、辛いものがそんなに得意ではない僕がスパイシーさを楽しんで食べることのできるカレー味なので、その懐の深い味わいは東洋水産の本気度を垣間見た気がします。

気になるかたはオススメなので是非お試しあれ!
 

 

カップ麺カテゴリの最新記事