「がんばれ!受験生」シリーズ★マルちゃん『俺の塩 塩バター風味』を食べてみた

「がんばれ!受験生」シリーズ★マルちゃん『俺の塩 塩バター風味』を食べてみた

スポンサーリンク

 

東洋水産から「がんばれ!受験生」シリーズとして、「マルちゃん がんばれ!受験生 まろやかカレーうどん」、「同 麺づくり あんかけ醤油」、「同 俺の塩 塩バター風味」、「同 ホットワンタン 洋風コンソメ」の4品が2018年12月31日に全国にて新発売しています。

「がんばれ!受験生」シリーズは、受験に向けて頑張る受験生とそのご家族を応援することをコンセプトとしたもので、本格的な受験シーズンに合わせて登場するイヤーモデル。今回で10回目となるとのことで、もはや受験シーズンには定番の商品といったところでしょうか。

 

前回は「麺づくり」バージョンである「あんかけ醤油」を食べてみましたが、アッサリとした醤油味ながらあんかけの甘みのある熱々スープが印象的な仕上がりで、受験勉強の合間に食べる夜食としてちょうどいい優しい味わいに仕上がっていました。

「がんばれ!受験生」シリーズ2018★マルちゃん『麺づくりあんかけ醤油』を食べてみた

 

今回は4品のうちの『がんばれ!受験生 俺の塩 塩バター風味』。

合格発表の時期を思い起こさせるピンクの桜が散りばめられた春らしいイメージのパッケージが目を惹きます。実際に陳列していてもかなり目立っていました。

希望小売価格は180円(税抜)、2018年12月31日に全国にて新発売。実際の購入価格はスーパーセンターオオクワで116円(税込)でした。

 

「キーンコーンカーンコーン♪」の合格の鐘にかけまして、具材にコーンを使用しているとのこと。

この何とも言えないダジャレ感、キライじゃないですが、「がんばれ!受験生」シリーズの4品に共通してコーンが具材に採用されているようですね。

 

塩味でバター風味のカップ焼きそばってことで、なんかパスタっぽいような気もしますが、細かいことは気にしないで食べてみることにします。美味しければ、焼きそばだろうがパスタだろうが関係ないですからね。

スポンサーリンク

マルちゃん『俺の塩 バター風味』★バターがほんのり香る塩焼きそば

まず中身を取り出してみると、別添品が2袋入っています。

かやくと液体ソースの2つです。カップ焼きそばでよく見かける粉末スープは付いていません。液体ソース1本の勝負のようです。

 

カロリーは502kcal。さすがカップ焼きそば、なかなかの高カロリーです。

受験勉強の夜食としては頭をフル回転させ集中させるためにカロリー摂取も必要かなっていうのはありますが、ただの夜食とするにはカロリーオーバーですね。カロリーを気にされる方はお昼ご飯とかにしたほうが賢明かも!?

 

麺は細めの油揚げ麺。極細ではないけれどけっこうな細さ。

かやくはシンプルに「コーン、キャベツ」のみ。コーンを推した商品ではありますが、それほど大量に入っているわけでもなく、ちょっと残念。

湯戻し時間は1分間。クソ短いです。やっぱり麺が細いので、この時間でもオッケーなんですね。

1分経ったら液体ソースを加えて仕上げに入ります。

キャラメルソースのような色合い。バターの香りがプ~ンと漂ってきますね。

麺を混ぜてほぐしてソースを馴染ませます。

しっかりと混ぜたら完成です!

塩焼きそばなので麺がど派手にソース色に染まるわけでもなく、見た目的にはスッキリ、アッサリとしています。ほんのりとバターの香ばしさがしてきて、美味しそうなイメージが膨らんできますね。

スポンサーリンク

アッサリとした塩味ながら、バター風味にしっかりと包み込まれたふんわり優しい仕上がりのカップ焼きそば「俺の塩」。

塩焼きそばって胡椒をガツンと利かせたスパイシーなものがありますが、今回の「俺の塩」はそれとは打って変わってアッサリとした塩味。

かと言って、パンチがなく物足りなさを感じるということはなく、動物系のポークの旨みと野菜エキスやとくに玉ねぎの甘みが感じられます。それらがしっかりと下地をつくっている奥深さのある仕上がりになっていて、絶妙なアッサリ塩味へと昇華させています。

そして、バターの風味がほんのりとしてきて、強すぎず弱すぎないバター感が良いです。いい意味で控えめなバターの演出になっていて、あくまでも主役は塩味っていうことに徹底していますね。

もっとバターを前面に押し出せばコクが出て旨味が増すところ、敢えて名わき役程度に添えることで塩バター味としてバランスの良さが出ているのでしょう。バターが強すぎると、ホントにバター一辺倒の雑な味になっちゃいますからね。

 

塩バターの味はなかなかのものがありましたが、麺はちょっとね・・・。

細麺なのでしなやかで食べやすいかなっていうところ、いやはや何というかパサパサな感じ。

ソース自体がアッサリ味で、細い麺でバランスがとれてはいるので、麺とソースの相性は良んですが、如何せん肝心の食感がハッキリ言ってあまりよろしくないですね。

もっとオイリーなソースであれば、油膜で麺がコーティングされるので誤魔化しが利くかもしれませんが、今回のソースはそれほどオイリーでもないですし。

安価のカップ焼きそばの麺なんてこんなものって割り切って食べれば普通にいただける範囲ではあります。ただ塩バターの味が良かっただけに麺の食感が露呈されてしまったのは否めません。

 

トッピング具材は「コーン、キャベツ」。

キャベツの存在感はあまりなかったですが、コーンは塩バター味とよくマッチする味わいを魅せていました。

コーンの甘みと塩味やバターの柔らかいコクが合わさることで、ひと味違った塩バター焼きそばになりますね。

ただ、麺をすする度にコーンがついてくるくらいには、たっぷりとコーンが欲しかったかなと。コーン推しってことですからもっと強烈なインパクトを望みたいところですが、安価なカップ焼きそばに求めるにはこれって贅沢なことでしょうか!?

麺の食感はやや頼りなさを感じるが、優しくアッサリな塩バター風味は完成度の高い一品

今回のマルちゃん『がんばれ!受験生 俺の塩 塩バター風味』、塩ソースとバター風味がバランスよく合わさったアッサリしながらも奥深い味わいの一品になっていました。

完成度の高い塩バター味に対して、麺の食感がイマイチな感じは受けましたが、安価なカップ焼きそばってことからしてみれば充分買いなレベルにはあるのではないでしょうか。

カップ焼きそばが高カロリーなのは定石なことですから、カロリーを気にされる方は夜食としていただくよりもお昼ご飯などにしたほうがいいでしょうね。受験生の皆さんは若い方ばかりでしょうから、気にせずにガンガン食べて精を付けて勉強に励んでくださいね。いい結果が出ると良いですね!

「がんばれ!受験生」シリーズ2018★マルちゃん『麺づくりあんかけ醤油』を食べてみた

カップ麺カテゴリの最新記事