マルちゃん『冷しぶっかけたぬきそば』★暑い夏に食べたい緑のたぬきの冷やし蕎麦

マルちゃん『冷しぶっかけたぬきそば』★暑い夏に食べたい緑のたぬきの冷やし蕎麦

スポンサーリンク

 

東洋水産のマルちゃんから、「湯切りタイプ」の「緑のたぬき」が新登場!

「赤いきつねうどん」「緑のたぬき天そば」でお馴染みの、和風丼カップ麺シリーズから2019年7月1日に新発売となっている。

冷たい麺が楽しめる湯切りタイプの冷やし蕎麦をコンセプトにした商品だ。

 

こちらがその『冷しぶっかけたぬきそば』、193円(税抜)。

歯切れの良い滑らかな蕎麦に、昆布や椎茸の旨みを利かせた、ぶっかけタイプの冷やし蕎麦。ツルツルッと喉を通りそうで、暑い夏にはぴったりのカップ麺だ。

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

スポンサーリンク

マルちゃん『冷しぶっかけたぬきそば』を食べてみた


湯切りタイプの「緑のたぬき」。たしかに湯切り口がある。


お湯を注いで湯戻しをするところまでは従来と同じだが、湯切り後に冷水で麺を冷やすらしい。


出典:東洋水産

湯切りでお湯を捨て、それから「冷水を注いで捨てる」を3回繰り返して麺を冷やしていく。ちょっと面倒な作業かもしれないけど、麺を冷水でシメることで、より美味しくいただけるってことなのだ。


別添の小袋は、「液体つゆ、あとのせかやく」の2つ。


カップには見慣れた「かまぼこ」の姿がお目見え。なんかいつもの「緑のたぬき」よりも麺が太いような気がする。


先ほど言ったように、湯切りして冷水で麺を冷やしたら、「液体つゆ」を麺にぶっかける。


よ~く麺を混ぜ混ぜし、つゆを満遍なく絡めていく。

 

そして、「あとのせかやく」の「オニオン揚げ玉、小えび天ぷら」をそっと添えたら、「冷やしぶっかけたぬき」の完成だ!

いつもの天ぷらが入っていないので少し寂しいような気もするが、紅白のかまぼこが「緑のたぬき」っぽく、艶のある麺とふわっと香るつゆが食欲そそる感じでいいね!

Advertisement

さっそくいただきます!まずは麺をするするっと。

歯切れの良い滑らかなすすり心地の蕎麦で、しっかりとだしの旨みと香りがついてきてるね。柔らかい弾力でコシがあるとは言えないが、蕎麦の風味はなかなか。

ざる蕎麦などの冷やし系蕎麦って、しっかりとしたコシの強さとスルスルッとイケるのど越しの良さが美味しさのポイントだと思っているんだけど、そういった食感は弱いかな。

もうちょっと麺の張りとコシがほしいところだけど、湯戻しを4分じゃなくて3分とか短めにしてみたほうがいいのかもしれない。

 

麺はちょっと好みではなかったけれど、和風だしのクオリティはさすがといったところやね。

かつおベースの和風だしは、昆布や椎茸の旨みが利いて甘さのある味わい。蕎麦の風味も加わって、風味豊かでさっぱりとした冷やし蕎麦らしさを楽しめる。

麺をすすれば時折ついてくる「オニオン揚げ玉、小えび天ぷら」のサクサクッとしたスナック的な食感がいい。とくに「小えび天ぷら」のちょっとした甘みが良いアクセントになっているね。

これから暑くなる季節にはいいかもしれない、こういう「緑のたぬき」も。従来の湯切りタイプよりも少し手間がかかる作り方だけれど、夏バテ気味で食欲が沸かないときでも美味しくいただけそうだ。

食べてみた感想

★★★☆☆☆☆☆☆☆(星3)
※星3=基準点(及第点)

もう少し麺の張りとコシがあると良かったけれど、歯切れと滑らかさはある蕎麦で、カップ麺としては充分なポテンシャルを持っていたんじゃないかな。

かつおベースの和風つゆの美味しさは間違いなく、さすがマルちゃんの「緑のたぬき」と納得の味わい。冷やし蕎麦になっても、堅実なクオリティを発揮していたね。

あっと驚くような斬新的なものはないけれど、定番中の定番な仕上がりで、確かな美味しさがあるカップ麺ってところやね。

ただ、天ぷらがないので193円(税抜)という価格は少しお高いイメージでお得感はあまりないかな。コンビニは割引がないので、スーパーやドラッグストアなどで買ったほうがいいかも。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

カップ麺カテゴリの最新記事