【うまうま】東洋水産『マルちゃん 激めんワンタンメン 豆乳担々麺』★豆乳と胡麻が利いたコクまろやかな担々麺

【うまうま】東洋水産『マルちゃん 激めんワンタンメン 豆乳担々麺』★豆乳と胡麻が利いたコクまろやかな担々麺

スポンサーリンク

 

東洋水産の「激めん」は、若者に向けて「激しく生きてほしい」とメッセージを込め、1978年に登場したロングセラーブランドであり、ボリュームのあるワンタンが入った「感激するうまさ」がコンセプトのカップラーメンです。

北海道をはじめとする関東、東北の東日本のみの販売でしたが、発売40周年にあたり、2018年10月1日より全国へ販売エリアを拡大しました。それと同時に定番の「激めんワンタンメン」をリニューアルし、新フレーバーとして「みそ」「豆乳担々麺」の2品を投入しています。

東日本の方には馴染みのある「激めん」とのことですが、西日本の方でも今後は気軽に食べることができるのは嬉しいことですよね。岐阜の僕も今まで食べたことはなく、前回の記事で「激めんワンタンメン」をはじめて食べることができました。

そして今回は、またまた「激めん」からのチョイスで『激めんワンタンメン 豆乳担々麺』を食べてみることにしました。

希望小売価格180円(税抜)、内容量102g(めん60g)、カロリー 455kcalとなっています。実際の購入価格は税込みで116円でした。けっこう割引率が高いのでお得に食べることができます。お店に感謝ですね。

さて、さっそく『激めんワンタンメン 豆乳担々麺』の実食レビューをはじめていきましょうか!

スポンサーリンク

実食!『激めんワンタンメン 豆乳担々麺』を食べてみた

▼「豆乳」を意識してなのか、白乳色をモチーフにしたパッケージになっています。

「感謝感激40周年」のキャンペーンで、ナウでヤングなQUOカード500円分が5,000名に当たるのだとか。カップの中にカードが入っているらしいので、アタリならラッキー。残念ながら今回はハズレでしたね。ナウでヤングな方にしか当たらないのかもしれません・・・。

 

▼液体スープ、粉末スープ2袋が別添されており、麺とかやくがカップの中に入っています。

 

▼かやくは「ワンタン、卵」です。ワンタンは4個。大きくてボリュームがあります。

 

▼粉末スープを加え、熱湯注いで3分間。お湯はワンタンにかかるように入れるのがポイントのようです。

 

▼3分経ったら、最後の仕上げに液体スープを加えて完成です。液体スープによって坦々スープの辛味が加わるわけです。

 

▼完成!坦々麺らしい色味のスープがなんとも美味しそう。胡麻の香りがスゥ~っと鼻に入ってくるので、もうたまらんですね!

 

スポンサーリンク

 

▼スープは、「ごまと豆乳でまろやかさを出し、ジンジャーでメリハリをつけた、ピリ辛豆乳担々スープ」とのこと。

まずはスープからいってみましたが、口当たりがまろやかで飲みやすいスープですね。辛味はマイルドな方向で、控えめな辛さです。花椒のようなパンチのある辛さもなく、担々麺としては少し物足りなさを感じます。成分の記載には香辛料としかないので、花椒そのものが入っているのかさえ分かりませんけどね。

辛味はあまり感じませんが、スープのベースとなる味はかなりまとまっていて好感触です。豆乳によって豚骨を思わせるまろやかなコクが出ており、そこに胡麻のコクと芳ばしさが加わってきます。バランス的には、豆乳よりも胡麻のほうが強い印象で、芳醇な胡麻が坦々スープらしい味に仕上げてくれています。胡麻のコク深い旨味と香り高い風味がたまらなく良いんですよね、これが。スープの成分を見てみると、練り胡麻と炒り胡麻がダブルで加わっていますからね。納得です。

 

▼まろやかなスープがよく絡む細めの油揚げ麺。

適度なちぢれにスープがよく絡みます。油揚げ麺独特の匂いもなく雑味のない麺なので、スープの旨味を損ねることなく味わうことができます。
細いことから、ズルズルっと滑らかにすすれるので、気持ち良く食べすすめることができます。モチモチ感はないですが、歯切れも良く食感も悪くはありません。

決してクオリティが高い麺というわけではないですが、力の抜けたカップラーメンらしいチープさが、いい意味で素晴らしく旨いと感じます。スープとも相性良く絡んでいますし、完成度はかなりなモノだと思います。

 

▼トッピング具材は「ワンタン、卵、ネギ」。

全体的にみるとワンタン中心の具材の構成になります。ワンタンは大きめなモノが4個入っていてボリューム満点です。かき玉風の卵は、ふわっとした柔らかい食感で甘みがあります。スープの辛さに呼応するかのように甘みが際立った味わいになります。ネギは粉末スープに入っていましたが、黄色い卵とネギの緑が鮮やかに坦々スープを彩ります。

 

▼モチっとした食感とたっぷり浸透したスープの旨味が口いっぱいに溢れだしてきて、たまらない旨さ。餡がしっかりと詰まっていて食べ応えがあります。

規定の湯戻し3分間ではまだまだワンタンの皮が硬いです。食べ始めてすぐではなく、少し時間を置いてからワンタンを手にしたほうが美味しくいただけると思いますよ。美味しいモノを食べるのは、待つってことも大切なのですね。

担々麺としては辛さがイマイチ足りないが素直に旨いと言える仕上がり

今回の『マルちゃん 激めんワンタンメン 豆乳担々麺』、なかなかのモノでしたね。

担々麺としては辛さが足りないかなって感じるものの、豆乳と胡麻のバランスがよくまろやかなコクある奥深い味になっており、かなり完成度の高いスープだと思います。良い意味でチープな麺とスープの相性も良く、ノスタルジックなカップラーメンらしさのある旨さは最高だと言えます。

今まで東日本のみでの販売だったのが、全国に拡大されたことによって、いつでも「激めん」の旨さを味わえることができるのはホントに嬉しいですね。

単純に旨いカップラーメンは他にもたくさんありますが、この「激めん」の旨さには何とも言えない虜になる魅力があります。まだ食べたことない方は一度は食べてみてくださいね。これは必食だとオススメします!

カップ麺カテゴリの最新記事