東洋水産「マルちゃん ボンカレーゴールド 中辛風焼そば【ローソン先行商品】」★野菜の旨味に、爽やかなスパイス感が効いたカレー焼きそば

東洋水産「マルちゃん ボンカレーゴールド 中辛風焼そば【ローソン先行商品】」★野菜の旨味に、爽やかなスパイス感が効いたカレー焼きそば

今回は、東洋水産の「ボンカレーゴールド 中辛風焼そば」を食べてみたいと思います。

「ボンカレーゴールド 中辛風焼そば」は、2018年6月26日にローソン先行販売したもので、「ボンカレーゴールド 中華風ヌードル」と同時発売の登場となっています。

今年で50週年を迎える「ボンカレー」の記念コラボ商品としての一品で、大塚食品と東洋水産の共同開発による「ボンカレーゴールド中辛」の味をイメージしたカップ焼きそばです。

前記事でレポした「ボンカレーゴールド 中華風ヌードル」同様、国民食と言っても過言ではない「ボンカレーゴールド」と「カップ麺」のコラボレーションが楽しめるようですので、食べるのが楽しみです!
 

 

スポンサーリンク

東洋水産「 ボンカレーゴールド 中辛風焼そば」を食べてみた

「ボンカレーゴールド中辛」の味をイメージしたカップ焼きそばってことなんですが、パッケージを見てみると「ボンカレーゴールド中辛は使用しておりません」とあるように、あくまでも大塚食品と東洋水産のコラボによるイメージ商品だということです。

最近は、「ボンカレーゴールド」そのものを食べていないので、「ボンカレー中辛」の再現はどうなっているのとかっていうのは、僕にはわかりません。
前記事の「ボンカレーゴールド 中辛風ヌードル」のときにも書いたんですが、ボンカレー誕生50周年の記念商品として、「こんなことやってみました!」っていう遊び心を楽しみながら食べる一品なんだと思っております。

 

「ボンカレーゴールド 中辛風焼そば」その中身は!?

別添しているのは、“かやく”、“粉末ソース”、“液体ソース”の3袋です。

麺は中細の油揚げ麺です。
大盛の麺量130gなのでボリューム満点です。

“かやく”は、“ポテト”、“味付挽肉”、“にんじん”、“たまねぎ”が入っています。

大きくカットされた皮付きの“ポテト”がゴロゴロしていて、他にもカレーには欠かせない具材たちが揃っています。

麺は大盛サイズで1食あたり168gあるので、カロリーは高めの802kcalとなっています。

それと比べてみて、塩分は意外にも4.4gと少なめです。

 

熱湯入れて3分でマルちゃんの「ボンカレー焼きそば」のできあがり

お湯をそそいで3分間待ちます。

大盛サイズのカップ焼きそばなので、お湯もそれなりに量が必要です。
500ml程度の湯量が一般的ですが、目安としては660mlあればいいようですので、いつもより多めに沸かしておきましょう。

お湯を入れて3分後に湯切りした状態がこちら。

ホクホクな具材たちと、ホカホカで真っ白な艶のある麺が良い感じですね。

“粉末ソース”と“液体ソース”を麺の上にぶっかけてやります。

ソースたちをぶっかけたら、香ばしいスパイスとカレーの風味が一気にプンプン漂ってきて食欲を刺激してきます。

そして、麺を思いっきりかき混ぜまくって、麺とソースを満遍なく馴染ませたら、「ボンカレーゴールド 中辛風焼そば」の完成やぁ!

 

野菜の甘さとコクある旨味に、爽やかな辛さのスパイス感が効いたカレー焼きそば

「ボンカレーゴールド 中辛風焼そば」は、野菜の旨味に、ほど良い甘みと辛さのバランスに優れたカップ焼きそばとのことです。

“たまねぎ”の甘さが中心のコクある野菜の旨味に、甘い醤油の風味が加わり、スパイス感で味を引き締めているカレー焼きそばとなっています。

辛さはあまり感じられず、ちょうどいいスパイシーさが口当たりもよく、野菜の旨味によるコクがしっかりとあるカレー味は、なかなかに美味しいです。

麺は中細の油揚げ麺で、若干の縮れも見られます。

コシがあるというより、少し硬めという印象の食感ですが、のど越しは良いのでスルスルっと食べることができます。
麺とソースの絡みもよく、野菜の旨味とスパイシーな風味がひと口食べるごとに、口いっぱいに広がっていきます。
細めの麺なことから、スパイス感の強いカレーソースのほうがバランス的に勝っており、麺の味はほとんど感じられません。
その分、よりカレーのスパイシーな風味を味わえるので、これはこれでオッケーかなと思いますし、麺の食感とすすり具合は良くて食べ応えはありますので、麺とソースの相性は合っているんじゃないでしょうか。

“ポテト”、“味付挽肉”、“にんじん”、“たまねぎ”と、カレー定番の具材が揃って入っています。

とくに注目したいのは、大きく乱切りされた“ポテト”。
皮付きなので、外はシャクシャクっとした嚙みごたえがよく、中はホクホクな食感に甘さもあって美味しいです。
量も多めでボリュームがあるのも嬉しいですね。

 

まとめ

今回は、東洋水産の「ボンカレーゴールド 中辛風焼そば」を食べてみましたが、“たまねぎ”が主体の野菜の甘さとコクが感じられ、その旨味にスパイス感がうまく合わせてくる爽やかな辛さのあるカレー焼きそばになっていました。

「ボンカレーゴールド」の辛さはマイルド路線な傾向があるので、「中辛」をイメージしたとは言っても、それほど辛くはないです。

細めの麺は、ソースが麺の芯までしっかりと絡むくらいの印象で、スパイス感のあるカレー味を大きく惹きだしています。
130gという大盛サイズの麺量なので、食べ応えは充分にあり、お腹も満たされますし、ちょうどいいスパイシーな味わいの「カレー焼きそば」は完成度が高く、素直に美味しいと言い切れます。

「ボンカレーゴールド中辛」をどこまで再現されているかとか、そんな野暮なことを言ってはいけない気がしています。
国民食と言ってもいいくらいの「ボンカレー」は50周年を迎え、大塚食品と東洋水産が世に送り出した今回のこの一品。
昔から庶民の胃袋を支え続けてくれている大塚食品に感謝しつつ、この記念商品を楽しんで味わう心意気ってのが大切なことなんです。

辛いのはちょっと得意じゃないけど、しっかりとしたカレー味の焼きそばをガッツリ食べたいってかたにはオススメな一品です。

気になるかたは是非食べてみてくださいね!
 

 

カップ麺カテゴリの最新記事