東洋水産「マルちゃん ボンカレーゴールド 中辛風ヌードル【ローソン先行商品】」★ポークの旨みと野菜の甘みにマイルドなスパイスが効いたカレーラーメン

東洋水産「マルちゃん ボンカレーゴールド 中辛風ヌードル【ローソン先行商品】」★ポークの旨みと野菜の甘みにマイルドなスパイスが効いたカレーラーメン

今回は、東洋水産の「ボンカレーゴールド 中辛風ヌードル」を食べてみたいと思います。

この商品は、2018年6月26日の発売で、「ボンカレーゴールド 中辛風焼そば」と同時にローソンで先行発売されたものです。
マルちゃんでお馴染の東洋水産と、もはや国民食と言ってもいい「ボンカレーゴールド」の大塚食品のコラボにより、あの「ボンカレー中辛」をイメージして作られた中辛風ヌードルです。

今年で50週年を迎える「ボンカレー」の記念商品的な位置づけの「ボンカレーゴールド 中辛風ヌードル」ですが、果たしてどんなお味なのか、とても楽しみであります!
 

 

スポンサーリンク

東洋水産「ボンカレーゴールド 中辛風ヌードル」を食べてみた

子供の頃から慣れ親しんで食べている「ボンカレー」ですが、甘口から大辛まで4段階ある辛さの中では、中辛がいちばんポピュラーな味わいで人気を誇っているようです。

その「ボンカレーゴールド中辛」の味をイメージした今回の一杯は、野菜の旨味に、ほど良い甘みと辛さのバランスに優れたコクのあるカレースープが特徴のカップラーメンとのことです。

パッケージにもありますが、「ボンカレーゴールド中辛」をそのまま使用しているわけではなく、大塚食品の監修のもと、大塚食品と東洋水産の共同開発された商品ってことなのです。

 

「ボンカレーゴールド 中辛風ヌードル」その中身は!?

最近のカップ麺って“粉末スープ”、“液体スープとか2種類のスープを配合したり、“調味油”とかで風味を加えるとか、いろいろ別添されているものが多いんですが、今回は何も別添されたものはありません。

フタをぺろっと開けて、お湯をそそぐだけっていうのは久しぶりに出会う気がします。
本来の“即席めん”としてのカップ麺はこうでなくてはいけません。
袋を開けて何かを加えるって、極端な話をすれば調理ってことなので、“即席”ではなくなってしまいます。

“かやく”は、カレーの定番具材が揃っていて、“ポテト”、“味付豚肉”、“たまねぎ”、“にんじん”が入っています。
“ポテト”と“味付豚肉”なんかは大きめにカットされ、ゴロゴロと並んでいて具だくさんです。

カロリーは480kcalで塩分は5.2gです。

カロリーも塩分も、カップ麺としては普通の数値ですね。

 

熱湯入れて4分で「ボンカレー」のラーメンのできあがり

お湯を入れて4分間待ちます。
別添されているものがないので、ただそれだけ。
簡単でお手軽な即席めんはこうでなくてはいけません。

通常、このサイズのカップ麺だと3分がセオリーですが、待機時間は少し長めの4分間です。
それだけ麺にコシ、弾力があるってことなんでしょうね。

4分経ったら封を外して、麺とスープを混ぜて混ぜてコネくり回して、カレー粉末を溶かしきったら、「ボンカレーゴールド 中辛風ヌードル」の完成やぁ!

うお~、カレーの良い香りが漂ってきて「早くたべさせろ」とお腹がグゥ~っと響きそうです。
さっきまでの“かやく”状態とは違い、具材がスープを吸い込み、厚みが出て美味しそうな見た目になりました。
“ポテト”なんか、ふっくらとしていて食べ応えがありそうですね。

 

ポークの旨味と野菜の甘みに控えめな辛さのスパイスが効いたカレースープの一杯

カレースープは、野菜の旨味、とくに“たまねぎ”の甘さが効いています。
ボンカレーゴールドの中辛がどの程度のものだったかは思い出せませんが、薄っすらとスパイス感はあるけど、辛くはなくてマイルドなカレー味ですね。

麺は、太めの油揚げ麺で、ちょっと平ぺったくて、控えめな縮れ具合です。

いくら辛くはないマイルドなカレースープとは言っても、カレー味なのでスープはそれなりに強いですが、この太い油揚げ麺はスープとのバランスは良かったです。

コシのある食感で、つるっとしたのど越しがよく、カレースープともよく絡み、麺の旨味とカレーの風味が気持ちよくツルツルっと口にはこべます。
太麺なので弾力もあるんですが、ちょっと硬い印象があり、歯切れがよいとは言えません。
4分ではなくて5~6分くらいの調理時間で、もう少し麺をスープに浸してみたほうがいいと感じました。

歯切れの部分はちょっと気になりますが、麺の張りとコシに、つるみのある食感はとても美味しくいただけますので、僕はこういう麺って好きですね。

トッピング具材はカレーでは外せない、“ポテト”、“味付豚肉”、“たまねぎ”、“にんじん”が入っています。
まずは、“味付豚肉”ですが、しっかりした歯ごたえのある食感で、意外に肉厚で豚肉の旨味もしっかりあります。

“ポテト”は、皮付きになっていて、「じゃがいも感」が出ています。
大きめにカットされているのでホクホクな食感が楽しめ、カレーの風味もしっかり染みこんでいて美味しいですね。

“にんじん”もカレーになくてはならない具材です。
ちょっと小さいですが、柔らかい歯ごたえで、噛めば“にんじん”独特の甘みが感じられ、カレー味とも相性はバッチリです。

 

食べ終わってみて

ボンカレーの中辛をイメージしているとのことですが、辛くはありません。
ポークの旨味をベースに、“たまねぎ”を中心とした野菜の甘みが味わい深く、ほんの少しスパイシーな風味が加わったコクあるカレースープになっています。

辛さについては、ボンカレー自体がマイルド路線なレトルトカレーなので、「まあ、こんなものかな」っていう印象です。
「もっと辛味がほしいんだよ!」って場合には、ココイチみたいにお好みでスパイスを足してやればいいかもしれませんね。(そう言えばココイチ10年は食べてないや。)

前述でもあったように、「ボンカレーゴールド中辛」をそのまま使用しているわけでもなく、あくまでもイメージ商品ってことです。
「ボンカレーゴールド中辛」がどんなんだったか、最近食べていなくて忘れてしまっているので、どこまで再現できているのかっていう意見は言えませんが、とろみの強いカレールウを「ご飯」で食べるのと、スープ状にしたカレーを「麺」で食べるのでは全く志向が違うので、そもそも比べることが間違っているのではないかと思えてきました。

 

まとめ

今回は、東洋水産の「ボンカレーゴールド 中辛風ヌードル」を食べてみましたが、ポークと野菜の旨味に、ほんの少しのスパイス感でスッキリとした口当たりの良いスープと仕上がっていて、麺のつるみが最高な食べ応えのある一杯でした。

大塚食品の監修により、「ボンカレーゴールド中辛」をイメージしていますが、ボンカレー50周年という節目を迎えて「こんな企画やってみました」っていう遊び心が大事なことで、「ボンカレーゴールド中辛」との味の比較とか、どう再現されているのかっていうのは、二の次でいいような気がしてきましたね。

ボンカレー誕生50周年のお祭りコラボ商品として、「大塚食品、おめでとう!ボンカレー、ありがとう!!」って祝福しながら、楽しんで食べる一杯ってことでいいんじゃないでしょうか。

気になるかたは是非食べてみてくださいね!
 

 

カップ麺カテゴリの最新記事