【食べ比べてみた】東洋水産『マルちゃん 復刻版 赤いきつねうどん』×『赤いきつねうどん』★発売40周年!新旧の赤いきつねうどんを徹底比較

【食べ比べてみた】東洋水産『マルちゃん 復刻版 赤いきつねうどん』×『赤いきつねうどん』★発売40周年!新旧の赤いきつねうどんを徹底比較

スポンサーリンク

 

東洋水産の「赤いきつねうどん」が2018年8月で発売40周年を迎えました。その記念として発売当初の商品をイメージした復刻版の「赤いきつねうどん」と「緑のたぬき天そば」が2018年10月8日に新発売しており、このブログでも「復刻版 緑のたぬき天そば」のほうは記事にして実食レビューしました。

この2品は先月に登場したものでありますが、いつも購入しているスーパーには「復刻版 緑のたぬき天そば」のみしか置いていなくて何故か「赤いきつねうどん」のほうはいくら待っても入荷しなかったんです。もちろん、その他のスーパーやコンビニ、ドラッグストアまで行動範囲内の店舗を探し歩き廻りましたが、見つからず・・・。

そして先日、遠出した帰り道に飲み物でも買おうとフラっと立ち寄った見知らぬドラッグストアで、ついにご対面できたんですよ!いやぁ、探しているときは見つからないんですけどね。狙って探し当てたわけではないけど、やっと手に入れることができたので意気揚々と買ってきた次第でございます。

 

▼ようやく『マルちゃん 復刻版 赤いきつねうどん』、ゲットだぜっ!

定価180円、カロリー403kcal。2018年10月8日に期間限定での新発売。

 

今回の復刻版は、発売当初である40年前の麺、つゆ、具材をイメージしたものとなっていて、「なめらかな食感のうどんに、東西の2種類に分けた和風だしを利かせたつゆ、メイン具材に油揚げを使用」とのこと。

ちなみに「赤いきつね」は、東向けと西向けに加え、関西や北海道バージョンなんかもあり、地域ごとに合った味付けで分類されています。日清のどん兵衛でもこういった味の分類はされていることですし、皆さんもよくご存じじゃないでしょうか。

東と西の分岐は天下分け目で有名な関ケ原とされているようで、岐阜と滋賀が境目ということになります。僕は岐阜っ子なのでギリギリ東エリアってことなので、今回の「復刻版 赤いきつね」はもちろん東向けのものです。

そして今回は『 復刻版 赤いきつねうどん(東向け)』と現行販売の「赤いきつねうどん(東向け)」と食べ比べてみて、どのような違いがあるのか、どのような仕上がりになっているのか、そのあたりを踏まえて実食レビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

復刻版と現行品の赤きつねをいろいろ比較★その中身は!?

▼復刻版(左)のパッケージはレトロな雰囲気です。思い起こしてみると、子供の頃はこんな見た目だったかなぁって気もします。

 

▼40周年とひと目でわかるロゴと「復刻版」と書かれた文字。1978年からの販売って、その歴史の重みを感じますね。

発売当初の頃ってまだ物心つく前でしたし、「赤いきつね」どころかカップ麺でさえ食べたことなかったかもしれません。当然、復刻版で懐かしい味って言われてもよく分かりませんし、食べていたとしても遠い遠い記憶ですので覚えているはずもなく・・・。覚えている人っているとしたら東洋水産の方くらいじゃないの!?それも古株の社員の方でしょうし、ほんの一握りかも。

 

▼開封したところ、2品とも一袋ずつ別添品が入っていました。復刻版(左)、現行品(右)です。

現行品のほうは、粉末スープと七味唐辛子が分けられています。復刻版のほうは粉末スープと七味唐辛子は同梱包のようです。

フタを開けてみてパっと目についたのはお互いの油揚げの大きさ。復刻版は現行品と比べてみるとかなり小さい・・・。

 

▼並べてみると、その差は歴然。

昔の油揚げはこんなに小ぶりだったのかぁ。時代の流れか、時代が求めたのかどうかは分かりませんが、油揚げも大きくなって進化してきたんですね。

 

▼横にしてみて厚みもチェック。これは両方変わらずですね。復刻版が小さいしペラペラだったら残念極まりないところでしたが、まずは一安心。

 

▼油揚げをどかして、他のかやくを見てみます。復刻版(左)、現行品(右)です。

2品ともまったく同じ内容で「卵、かまぼこ」が入っています。明らかに復刻版のほうが多いのは一目瞭然です。復刻版「卵6個、かまぼこ5個」に対し、現行品は「卵3個、かまぼこ2個と半キレ1個」。この辺は個体差によるものもあるんでしょうけど、ほとんど倍の差になってますからね。現行品のほうがあまりにも寂しすぎるので、ちょっと何とかしてほしいかなぁ。

 

▼麺はお馴染のカップうどんらしい平打ちの油揚げ麺。復刻版(左)、現行品(右)。

麺の幅、厚み、色味、どれをとって見ても違いがわからない・・・。成分を比較してみると現行品は復刻版には無い材料を使用しているので違う麺なのは確か。

「小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、卵白」は2品とも共通していますが、これに加えて「植物性たん白、乾燥酵母」の2つが現行品に入っています。「乾燥酵母」は味に直接関係はなさそうですけど、「植物性たん白」ってのはどうなんでしょうか!?

 

▼次に粉末スープを見てみましょう。

色味といい、鼻に通ってくる香りといい、これもパッと見だと違いが分からないですね。ひとつハッキリしているのは、現行品の七味唐辛子が後入れなのに対し、復刻版には粉末シープと一緒にあらかじめ入っているということだけ。でも粉末スープに隠れて見えにくいほどに復刻版の七味唐辛子は少ない。

 

▼ともに熱湯注いで5分間で完成!できあがったものをそれぞれ見てみましょう!
まずこれが復刻版の「赤いきつねうどん」。下の写真のものが現行品になります。

甘さのある醤油の香りがたまらなく良いですね、両者ともども。「赤いきつね」はやっぱり素敵やね。
ふわっと香る醤油風味と麺やスープの色艶に相違は感じられず、油揚げの大きさと具材のボリュームの差以外に変わったところは見当たりません。現行品の油揚げのほうが見た目的には“ふっくら”としていて美味しそうではありますけど。

スポンサーリンク

復刻版と現行品の赤いきつねをそれぞれ食べ比べてみた

さっそく復刻版と現行品を食べ比べてみます!
見た限りでは麺、つゆに違いは見当たりませんでしたが、実際食べてみることで何か違いが分かるかもしれません。果たして、そのお味はどうなっているのか!?

 

▼それでは、いただきます!

復刻版(上の写真)、現行品(下の写真)。

まずは2品を交互にひと口ずつ、ずるずるっとイキます!

う~ん!?全然違いがわからんっすわ・・・(^-^;

 

どっちもおいしい!

 

ってことは分かりますけどね!

 

麺の食感や旨味、滑らかなすすり具合は両者譲らずといったところで、カップうどんらしい旨さのある麺ってことは言うまでもないですし、鰹節と昆布の出汁が利いた甘めの醤油つゆも相変わらず深い味わいをもたらしています。

復刻版(上の写真)、現行品(下の写真)。

ひと口食べてみて「どっちも美味しいやん!」って感じでしたが、めちゃ集中して再度味わってみれば、若干の違いは感じます。それもかなり微妙に。

鰹と昆布出汁に醤油の甘さが際立つ味の方向性は全く同じですが、現行品のつゆと比べると復刻版のつゆのほうが鰹節の旨味と風味が若干抜き出ている印象です。反対に現行品は復刻版に対し、鰹節よりも昆布の旨味を重視した味わいになっているように思います。つゆの甘さはどちらも同じくらいかなぁ。

ほんと~に微妙な違いですよ。復刻版と現行品の2つを用意して食べ比べをしているから、かなり意識しているんですもの。それでそれほどの違いを見いだせないってのは、ほとんど同じ味っていうことでしょうね。
まあ、僕の味覚に自信と信用があるのかって言えば、胸を張って「ある!」とは言い難いんですけど・・・。僕がバカ舌だからってことを抜いたとしても、普通に食べていたら分からないレベルなんじゃないかなぁって思います。

 

▼麺は共通して平打ちで厚みのある油揚げ麺。

復刻版(上の写真)、現行品(下の写真)。

麺は、つゆ同様に違いはそんなに見当たりませんが、復刻版のほうが現行品よりも幅広だけど厚みが薄いかなぁ!?でも食感に明確な差はありませんね。何も知らなくて普通に食べていたら、どっちの麺なのか分からないんじゃないでしょうか。

双方とも滑らかな“つるみ”とモチっとした歯切れの良い食感がカップうどんらしい美味しさを魅せていますし、純白の麺が“つゆ”の色味に染まってくるくらいに、鰹と昆布の旨味が利いた醤油つゆとの絡みの良さを持ち合わせています。

 

▼「赤いきつね」と言えば、やっぱり油揚げ。

復刻版(上の写真)、現行品(下の写真)。

油揚げのほかに卵や蒲鉾(かまぼこ)が2品とも入っていますが、どちらとも違いはありません。油揚げは見るからにその違いが分かります。

とりあえず目につくのは大きさが全然違うってことですね。復刻版は現行品より一回り以上小さいんです。復刻版の油揚げのあとに、現行品を箸で持ち上げるとズシっとした重さが伝わってきて、その大きさの違いが明確に分かります。

味、食感についてはどちらも同レベルの範囲で、いつもの「赤いきつね」の油揚げの味。
油揚げ自体に濃く甘い味付けがされていて、さらに“つゆ”がしっかり染みこんでくるので旨味がアップしています。これもいつもと同じ旨さですね。

味や食感に違いはないですけど、大きさのある現行品のほうが“つゆ”の浸透量も多くなっているし、やっぱり大きいので食べ応えは復刻版より現行品のほうがありますね。

復刻版と現行品のクオリティに大きな違いはなく、どちらもカップうどんらしい美味しさがある

今回は東洋水産の『マルちゃん 復刻版 赤いきつねうどん』と食べてみるうえで、現行品の「赤いきつねうどん」と比較検証してみました。

「赤いきつね」の代名詞的な存在の油揚げについては2品とも食感と味は同じでしたが、復刻版油揚げは現行品のものより小さく、食べ応えは現行品の油揚げに分があります。それ以外に大きな違いは見受けられず、カップうどんらしい麺の食感と鰹や昆布出汁の醤油つゆの組み合わせは、いつもの「赤いきつね」そのものの味でしたね。

40周年記念で発売当初の味を再現した復刻版ですが、当時の仕上がりが今回と同クオリティであったのであれば、ひと昔から変わらぬ美味しさを貫き通してきたってことになります。発売始めから完成された味だったという裏付けになるでしょうし、これってなんか凄いことなんじゃないでしょうか。

2品とも価格180円ですが、どちらも同じような割引率で価格に差がないようであれば、味と質感に大きな差がないことですし、わざわざ復刻版を選ぶ必要はないかもしれません。しかも「赤いきつね」のシンボルとも言える油揚げが現行品よりも小さい復刻版ですしね。

カップ麺カテゴリの最新記事