「萬楽らーめん」★白胡麻の香り高い風味とラー油の辛味が絶妙な豚骨醤油ラーメン

ラーメン

おはこんばんちは~ラーメン大好きハルチカです。

先週は、台風7号が日本列島を席巻する勢いで暴れまくっていましたが、皆さまのお住まいの地域は被害などはなく大丈夫だったでしょうか!?

僕が住む岐阜県でも、5日の木曜日にかけて今日の早朝6時までの約3日間、大雨警報が発令されておりました。
もちろん子供たちは学校が休校となったわけなんですが、フタを開けてみれば雨はそれほど降ることもなく、「なんだ、学校いけたじゃん」っていう状態でした。
まあ、天候なんて自然の成り行きだし、こればっかりは仕方ないことなんですけどね。

週末はバイクでツーリングがてら、「久しぶりにラーメンでも食べにいこうかな~」って出かけようかと考えていましたが、警報は今朝に解除されたとはいえ、まだまだ雨が降るかもしれないので警戒は必要ですし、今回は車でいくことにしました。

めざすお店は、岐阜県可児市にあります「萬楽らーめん」という中華料理店でございます。
 

 

スポンサーリンク

「萬楽らーめん」で辛い豚骨醤油ラーメンの萬楽麺を食べてきた

僕は7~8年前までは可児市に住んでいましたが、当時住んでいた家から徒歩でいけることもあり、「萬楽らーめん」はよく食べにいっていました。
「お得な価格とボリューム」でお腹いっぱいな至福感が得られる地元で人気のある中華料理店です。

今は可児市を離れてしまったので、来店することはあまり無くなってしまいました。
今回も2年ぶりくらいの再来ですが、「慣れ親しんだお馴染のラーメン」なので、「オラ、わくわくすっぞっ!」ってな感じで心躍っております。

そんな想いをよそに、可児市近くにきたらめっちゃ凄い雨が降ってきました・・・。
まさに豪雨で、車を運転していても前が見えないくらいの土砂降りでした。
やっぱりバイクで来なくて正解でしたね。

ラーメン道中のお供、スバルインプレッサWRX TypeRA STiでやってきました。

96年式で早22歳を迎えましたが、まだまだ元気に走っております。

お店に着きましたが、土曜日の12時30分というお昼時ですので、やっぱり混んでました。
店内は、座敷やテーブル席を含めて40席程度はあるので回転率はよく、10分くらい待って席に案内していただけました。

 

多彩な種類のメニューがズラリと並びます

中華料理店なのでラーメンのほかにも、チャーハンなどのご飯もの、唐揚げや酢豚などのいろいろなメニューがあります。
一品一品がボリュームがあって低価格なので、家族や友人などとシェアするように頼んでみるのもオススメです。

辛い系統のメニュー。

今回食べようと思う「萬楽麺」はピリ辛豚骨醤油ラーメンとなっていますが、「萬楽担々麺」という辛味上位互換的なものもあります。
「担々麺」もあるので、今度食べ比べをしてみるのも面白そうと閃きましたが、1人では食べきれないので大食い助っ人を用意しないとですね。

一部ですが、写真付きのメニューがありました。

中華料理店の定番メニューは揃っています。
「バリそば」、「ジャージャー麺」も美味しそうです。

ここでは紹介しきれないくらい、ほかにもメニューが豊富にあります。

 

お得感のあるボリューム満点のランチはオススメです!

ランチメニューは平日のみっていうお店もありますが、「萬楽らーめん」では土曜日でもあるので嬉しい限りです。

今日のランチは、「萬楽麺」、「野菜炒め」、「ライス」といったナイスな組み合わせ。
今回は、懐かしの「萬楽麺」がメニューに入っているので、一片の迷いもなくオーダーしました。
食後にアイスコーヒーもいただけて750円ってお得だと思いませんか!?

家族4人で食べにきたもんですから、テーブルが所狭しと食器などで溢れかえっています。
もうちょっとスッキリした写真を撮りたかったんですが、これでご勘弁を。

ランチは、その時々で内容が変わりますので、「今日はどんなランチかな~!?」って楽しみに通うかたもいらっしゃるでしょうね。
僕も職場から近ければ、毎日のように食べにいっているかもしれません。

 

辛味のある豚骨醤油ラーメン「萬楽麺」を実食!

「萬楽麺」は、豚骨醤油スープのベースに、白胡麻の風味とラー油が加わったピリ辛なラーメンです。
具材はチャーシューが1枚、メンマ、輪切りのネギ、ワカメ、海苔が1枚となっています。

ラー油で褐色といってもいい赤みのあるスープに、白胡麻がふんだんに入っています。

醤油豚骨に、炒り胡麻とラー油がたっぷり浮いていて、担々麺に近い見た目です。
こんな担々麺チックな「萬楽麺」ですが、「萬楽坦々麺」はいったいどれだけぶっ飛んだ担々麺になっているんでしょうかね。

スープは、豚骨醤油よりもラー油の辛さと白胡麻の風味がより利いたバランスです。
ピリリとしっかりした辛みがあり、豚骨醤油のまろやかな甘みのあるコクが後から利いてきますので、ちょうどいい絶妙な辛味の豚骨醤油味に仕上がっています。
惜しげもなく大量に入っている炒った白胡麻が、なによりも香ばしい風味を口に届けてくれますので、豚骨醤油とラー油が融合した辛みのあるマイルドな奥深い味わいをさらに惹きたててくれています。

相変わらずの辛旨な豚骨醤油スープは「ブレていない美味しさ」が感じられて最高です!

麺は、やらかめな湯で加減の中細麺です。

やわらかい食感で弾力やコシがあるとは言い難いですが、麺のすすり具合は良いので、ズルズルっとイケちゃいます。
麺を奥歯で噛めば、麺の甘さをしっかり味わえますし、しっかりした縮れのある麺なので、スープとよく絡んでコクある辛旨な味わいを口いっぱいに満喫することができます。

肉厚のあるチャーシューが1枚入っています。

甘めの味付けで、肉感たっぷりな嚙みごたえのあるチャーシューです。
程よい弾力のなかに肉の身はしっとりとした食感があり、「肉を食べてるぞっ」っていう感覚が得られて美味しいです。

メンマは、コリコリっとした歯ごたえで、辛みのある豚骨スープの口休めにひと役買う存在です。

ワカメはラー油がよく染みこんでいるのか、ワカメの甘みとラー油の辛みの相性バッチリな味わいが楽しめます。

海苔はスープをひたひたに漬け込んでから、白く輝くご飯に巻いて食べるのが定番ですね。
ご飯の旨みに、海苔の風味やラー油の香ばしさがミックスされて、このうえない美味しさです。

野菜炒めは醤油の甘さを生かした優しいふんわりとした味付けがGood。
胡椒などの香辛料を使ったパンチのある味わいも好きですが、これもなかなか美味しいですね。

「萬楽麺」がそこそこなボリュームなので、ライスと野菜炒めまで食べたらお腹パンパン。
「あ~食った食ったぁ」ってなもんで、満足感がハンパないですね。

 

まとめ

今回は、岐阜県可児市にある「萬楽らーめん」にて、2年ぶりに懐かしの「萬楽麺」を食べてみました。

土曜日だというのにランチがあるのは好ポイントで、お目当ての「萬楽麺」がランチメニューになっており、いい日に来店できましたね。
萬楽麺、野菜炒め、ライス、食後にはアイスコーヒーまでと、お安くボリュームたっぷりなお得感ある内容のランチでした。

久々に食べてみた「萬楽麺」は、やっぱり変わらない美味しさで安心しました。
ベースの豚骨醤油スープがしっかりと甘みとコクを生み出し、絶妙に利かせたラー油の辛さと、なんと言っても白胡麻の香り高い風味がキーポイントになっているクセになる辛さの豚骨醤油ラーメンになっています。
ここまで胡麻を生かしているラーメンって僕が知る限りは今のところ出会えてません。

まだ「萬楽麺」を食べたことないっていう可児市周辺にお住まいのかたはモチのロンですが、名古屋からでも1時間もあれば来店できますので、ドライブやバイクツーリング、飛騨高山方面などに向かうのであれば是非一度寄っていって食べてみてくださいね!

 

お店のデータ

萬楽らーめん

Googleマップで詳しく見てみる

住所:岐阜県可児市広見851-1
最寄駅:名鉄新可児駅、JR可児駅より徒歩10分
TEL:0574-61-1044
営業時間:11時30分~14時00分、17時00分~0時00分
定休日:月曜日
駐車場:有
 

 

スポンサーリンク

コメント