【めちゃうまい豚骨醤油ラーメン】キンレイ『お水がいらない ラーメン横綱』を食べてみた

冷凍麺

スポンサーリンク

 

買ってきましたよ、「ラーメン横綱」の冷凍麺を。

スーパーで買い物していたら、冷凍食品売り場でふと目に飛び込んできた「ラーメン横綱」の文字。見つけてしまったからには、これはもう食べるしかないってことで。

 

こちらがその『お水がいらない ラーメン横綱』。

「ラーメン横綱」の監修商品でキンレイから発売しています。キンレイのオンラインショップで4個で1,200円でしたので、定価は300円ってことですね。

 

ところで「ラーメン横綱」ってご存知でしょうか!?

「ラーメン横綱」は京都で屋台からスタートし、今では関西を中心に東海、関東に展開しているチェーン店で、かれこれ40年の歴史をもつ「豚骨醤油ラーメン」が人気の有名店なんです。全国チェーンってわけではないので知らなかった方もいるかもしれませんね。

 

ひと昔前はよく通っていました。はじめて「ラーメン横綱」を食べたのは岐阜の片田舎の高校を出てからでしたが、こんなにも美味しいラーメンが世の中にはあるのかって感動したのをよく覚えています。豚骨醤油ラーメンの魅力を僕に教えてくれたのは「ラーメン横綱」と言ってもいいくらいです。

 

僕にとってはそんな「ラーメン横綱」でしたが、大好きな横綱の豚骨醤油ラーメンが気軽に自宅で楽しめるのであれば、心踊る嬉しさに違いありません。今回のお水のいらない冷凍食品の「ラーメン横綱」がどこまでお店の味を再現できているのか、興味津々で期待しまくっております!

スポンサーリンク

超簡単調理!お水のいらないラーメンは自宅で気軽に本格的な味がたのしめちゃうんです!

中身は具材、スープ、麺がひとつに梱包されたものが一袋だけ。

 

パッケージ袋にもあるように、水を入れることなく鍋にそのまま入れて火をかけるだけで作れちゃうんだとか。

要するに、麺、スープ、具材がまとめて冷凍されているだけってこと。火にかけることでスープが溶けてくるので水がいらないってわけですね。

 

横から見てみると、冷凍状態のスープの上に麺がのっかっています。

なるほど、スープが鍋底のほうになるから先に温まって溶け出すわけですね。そして溶けたスープで麺や具材を煮込んで完成ってことのようです。

 

つくり方が袋の裏に記載されています。

まずは具材を表向きにして鍋に放り込む!

スープが溶け出してくるまでは、じっくり弱火で。

スープが溶け始めたら強火に切り替える!グツグツするまで煮込みます。

鍋に火をいれてから、ここまでだいたい5分間で完成です。

  • 麺を茹でることがなくて
  • スープをお湯で割ることもない
  • 具材を用意する必要もないし
  • ただ温めるだけの簡単調理でめちゃお手軽

これだけで「ラーメン横綱」の味が楽しめちゃうのってステキやん。

だけど調理時間は明確ではないんですよね。「ぐつぐつ煮立ったら」「約6分30秒」ってありますが、カップラーメンの熱湯で3分間とかハッキリとしたものがありません。

どんな塩梅になるのか、一回作ってみないと分かりませんね。麺は硬めがいいとか柔らかめがいいとか個々に好き好きもあることですし、出来あがりのタイミングを見計らっていかないとですね。

スポンサーリンク

「ラーメン横綱」の冷凍麺、ヤバイくらいにうまいぞ!

ババ~ンっと「ラーメン横綱」の豚骨醤油ラーメンのできあがり!

さっそく食べてみましたが、結論から言うと・・・

 

めちゃ美味しい!

 

スープの香りからして横綱のラーメンらしい豚骨臭がプンプンしてくるし、まさに横綱のラーメンが自宅で楽しめるといった感じ。

正直、ここまで再現できているとは思ってもみませんでした。鍋に入れて5分間でこの味ができちゃうわけなんですよ、凄いもんですね~。

 

豚骨をじっくりと煮込んだコクのあるスープは、ハマるとやみつきになるクセになる味。それが横綱のうまさの源。

もちろんスープは豚骨醤油ですが、横綱の特徴をしっかりと捉えた豚骨のコクある味わいがよく出ています。

豚脂など油脂でのギトギト系ではなく、豚骨の素材の味を存分に惹きだしたスープです。

豚骨の旨味と醤油の甘みがガツンと濃厚なこってり感を演出しつつも、まろやかな口当たりを兼ね備えた飽きのこさせない仕上がりをつくり出しています。

お店の味のほうが塩気があって力強さがありますが、この何度でも食べたくなってしまう味わいは、まさに横綱そのものの味ですね。

 

麺はスープとよく絡む細めのストレート麺です。

お店の麺よりも、柔らかめの弾力です。コシは強くはないですが、しなやかな食感でモチモチしていて美味しいですよ。

スープがハッキリした豚骨醤油味になっているので、この細めの麺で均衡がとれるのか心配されるところ、これは素晴らしく合っていますね。麺とスープ、お互いに尊重して旨味を惹きだし合っているように感じます。

 

トッピング具材は、チャーシュー2枚、メンマ3切れ、ネギが少々。

「ラーメン横綱」はお店で食べるとネギ入れ放題っていうのが嬉しいんですけど、今回はそうはいきません。ネギは少なめなので、お好みで付け足してみてください。ネギ多めだとめちゃ旨いですから!僕はドカっとネギをぶっこんで食べるのが横綱流だと勝手に思っています。

 

チャーシューは2枚も入っています!

脂身もしっかりとあって、このチャーシューは美味しすぎですよ!

赤身と脂の旨味のバランスがよくて、肉感たっぷりのチャーシューです。

 

メンマもなかなか良いですね。

コリコリではなく、柔らかめの歯ごたえ。甘みがあって豚骨醤油スープともよく合っています。

まさに「ラーメン横綱」の豚骨醤油ラーメン!太鼓判を押せる美味しさです!

冷凍麺でこのレベルの豚骨醤油ラーメンが楽しめるって驚きましたね。

そりゃお店の一杯と比べてしまったら敵わないかもしれませんが、ヘタなラーメン店のラーメンよりは絶対美味しいレベルになっていますし、これが店まで出向かなくても自宅で食べられるっていうのが素晴らしいです。しかも鍋に入れて火にかけるだけで、気軽に「ラーメン横綱」の味が楽しめちゃうわけで。

冷凍麺ってめちゃ美味いんだなって今回痛感しましたね。スーパーで250円程度で購入できちゃうんすよ、これが。お高いカップ麺とそんなに変わらない価格ですもん。カップ麺はカップ麺の良さがありますが、高価格のカップ麺だったら迷わず冷凍麺を選んでしまいますよね。

ただ、内容量が465g(めん160g)でお子さんや女性には最適な量だと言えますが、男性にはちょっと物足りないボリュームかと思われます。メインの食事としては物足りないって方は、夜食なんかに合っているかもしれませんね。

今回はキンレイの『お水がいらない ラーメン横綱』の紹介でした。「ラーメン横綱」ファンの方はもちろん、食べたことのない方にもぜひ味わっていただきたい一杯です!

スポンサーリンク

コメント