徳島製粉『金ちゃん亭ぶっかけうどん』★甘めの“つゆ”に生姜の風味が絶妙に合うスッキリした味わいの一杯

徳島製粉『金ちゃん亭ぶっかけうどん』★甘めの“つゆ”に生姜の風味が絶妙に合うスッキリした味わいの一杯

スポンサーリンク

 

突然ですが、「金ちゃんヌードル」でお馴染の“徳島製粉”をご存知でしょうか?

知っているかたにとっては「今更なにを」ってな話でしょうが、「金ちゃんヌードル」を含めた徳島製粉の商品は、静岡から西の地方のみでしか販売されていない、“ローカルカップ麺”なんです。
なので、関東より東のかたは知らないかもしれませんね。

徳島製粉は、徳島県で唯一の製粉会社で、自社製造の小麦粉「鳴門金鶴(なるときんつる)」を使用し、「金ちゃんヌードル」をはじめとするインスタント麺の製造、販売をおこなっています。
「金ちゃん」っていう名前は、使用している小麦粉「鳴門金鶴」の「金」からきているそうです。

四国を中心に西日本のかたには、馴染み深い「金ちゃん」の即席麺。
僕も小さい子供のころから慣れ親しんできた「金ちゃん」なんですが、今回は生タイプ麺の「金ちゃん亭ぶっかけうどん」を食べてみたいと思います。

スポンサーリンク

金ちゃん亭ぶっかけうどん その中身は!?

生タイプ麺の金ちゃん亭シリーズは、「鍋焼」タイプ5種類、「ぶっかけ」タイプ3種類、「焼うどん」という、全部で9種類のリリースとなっています。
今回食べてみようと思うのは、ぶっかけタイプのうちの一品である「ぶっかけうどん」です。麺の味わいを楽しみたければ、やっぱりオーソドックスな「うどん」に限りますよね。

▼別添(べってん)しているのは、“つゆ”、“ふりかけ”の2袋で、どちらもお湯を入れて出来上がりあとに入れます。

うどんは、生麺タイプでパック包装されています。

▼パック包装から「うどん」を取り出したのが、こちら。

透き通るような白さがキレイな麺です。

▼「うどん」ってことだけあって、やっぱりカロリーは275kcalと控えめです。

カップラーメンやカップ焼きそばに比べたら、とってもヘルシーですね。
塩分は2.2gとなっていますが、ほとんどが“つゆ”の塩分だと思われます。

つくってみよう!「金ちゃん亭ぶっかけうどん」

▼お湯を入れて2分待ちます。

生麺タイプなので、乾麺と違って調理時間は早いですね。

▼2分経ったら、麺をほぐします。

麺をほぐす前に湯切りをしてしまうと、麺がくっついた状態のままになってしまうので、気を付けましょう。

▼湯切りしたあとの「うどん」はこんな感じ。

ホカホカでとっても美味しそうです。
麺から湯気の熱気とともに、小麦の良い香りがふわっと鼻をくすぐってきます。

▼カツオと昆布のダシが利いた“つゆ”を麺にぶっかけて染みこませ、ジンジャーコースと紅生姜揚げ玉の“ふりかけ”を麺の上からササッとまぶしたら、「金ちゃん亭ぶっかけうどん」の完成やぁ!

“つゆ”の醤油の甘い香りと“生姜”の良い香りが食欲をそそる、見た目の彩りも華やかな一杯に仕上がりました。

スポンサーリンク

さっそく「金ちゃん亭ぶっかけうどん」を実食!

▼麺は生タイプの「LLうどん(ロングライフうどん)」を使用しているとのこと。
「LLうどん」とは、常温での長期間保存ができる完全包装茹麺で、高レベルの味と品質保持を両立させた麺です。
要するに“パック包装されたうどん”ってことですね。

“つゆ”と“ふりかけ”を入れる前の麺ですが、真っ白で美しいと言っても大げさではない見た目です。

▼カツオと昆布の旨味が利いた“つゆ”。

醤油をベースに、“かつお削りぶし”や“かつおエキス”、“こんぶエキス”などを加え、旨味を出しているようです。
醤油の甘みとカツオや昆布のダシの旨味がしっかりと合わさることで、全体的に爽やかな風味ですっきりした味わいになっています。

▼トッピング具材は、“ジンジャーコース”、“紅生姜入り揚げ玉”、“ねぎ”、“ごま”の4点が、どれもふんだんに入っています。

“ごま”がめちゃ大量に入っていますので、ごまの風味がとても感じられます。
生姜の味付けとして、“ジンジャーコース”と“紅生姜入り揚げ玉”が入っていますが、バランス的には“ジンジャーコース”のほうが味が強いですね。

▼甘みのある出汁に、生姜の風味が絶妙に合わさる麺。

醤油ベースに、カツオと昆布の旨味を利かせたちょうどいい甘さの“つゆ”になっていますが、“生姜”の擦り下ろした香りと大量の“ごま”の風味が合わさり、香り高くサッパリした味わいになっています。

麺のつるつるっとした食感は、さすが生麺タイプ。
味も風味も新鮮味があって美味しいです!

それほど強くはない適度なコシですが、モチモチした食感で舌触りもよく、“つゆ”にもよく馴染んでいて出汁の旨味を一緒に充分堪能できます。
麺をするするっとすすると、“つゆ”の甘みと適度にキレのある生姜と香ばしい胡麻の風味が口の中に一気に広がり、鼻に抜けていきます。
そして、カリカリした食感の“紅生姜入り揚げ玉”の噛み応えが、麺のつるつるっとした食感と絶妙に相性がよく、いいアクセントになっています。

「これはホントにカップ麺なのか!?」っていうくらいの出来栄えです。
ふつうのうどん屋にも匹敵するくらいの味わいですね。

まとめ

今回は、徳島製粉の「金ちゃん亭ぶっかけうどん」を食べてみましたが、さすが「生麺タイプ」のカップ麺でかなりクオリティの高い仕上がりになっています。

醤油の甘みとカツオや昆布の旨味に、“ジンジャーコース”と“紅生姜入り揚げ玉”によって生姜の味付けと風味がうまい具合にマッチしているスッキリした味わいの一杯です。

なんと言っても凄いのは、このレベルの「生麺タイプうどん」が近所のスーパーで安売り時ですが、なんと「90円(税別)」で買えちゃうんです!
こんなにお安く美味しいうどんが食べられるなんて、徳島製粉さんに感謝ですね。

お湯を入れたら2分で美味しい「ぶっかけうどん」。
のど越しよく食べやすいし、すっきり爽やかな後味なので、これから暑くなる季節にはぴったりではないでしょうか。

気になるかたは是非お試しあれ!

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

カップ麺カテゴリの最新記事