ファミリーマート『とろーり3種チーズの豚丼』驚きのうまさに舌鼓!甘濃い醤油タレと芳醇で濃厚なチーズの素敵な出会い!

コンビニブロガーのハルチカ(@haruchika_blog)が、毎日コンビニ商品をご紹介!実際に食べてみて、率直に感じたことをレビューしていくよ!

 

今回は、ファミリーマートの『とろーり3種チーズの豚丼』を食べてみることに。価格は462円(税込498円)。

「ゴーダ、モザレラ、チェダー」の3種のチーズを使用した、伸びるチーズが特徴の豚丼。「醤油、みりん、昆布だし」などを合わせた、コクと旨みが感じられる甘めに仕上げたタレは、ごはんとの相性が抜群とのこと。(1食あたり617kcal)

さっそく実食レビューしていくので、よろしければ最後までお付き合いを。

実食レビューについて:
個々による味覚、その時の筆者の体調や気分または嗜好などによる不確定要素を含み
、すべての方に当てはまる内容ではありません。あくまでも筆者の一個人の感想と見解だということをご理解ください。

ファミリーマートの『とろーり3種チーズの豚丼』を食べてみた


単なる豚丼では有らず、チーズをトッピングした豚丼。

しかも、「ゴーダ、モザレラ、チェダー」の3種のチーズを使用している凄いヤツ。

これはもう期待しかないよね。


器はセパレート式になっていて、上のトレーにチーズや豚肉などの具材、下の器に真っ白なご飯が盛られている。

こうすることで、具材の汁気でベチャつくことなく、ご飯を美味しくいただけるわけだ。


具材をご飯の上に盛り付けたら完成。たっぷりかけたチーズがとろけて、めちゃ美味しそう!


「醤油、みりん、昆布だし」などを合わせ、甘濃く仕上げたタレの味。

芳醇な香りと旨味を持つチーズと抜群に相性が良く、これってまさに最強コンビの組み合わせ。

醤油ベースでコクと旨味がある甘いタレの味わいと、濃厚なコクと香り豊かなチーズの素敵な出会いってところだ。

もちろん、醤油タレとご飯の相性は抜群であり、そこに3種のチーズが贅沢に加わってこれば、もう無敵のうまさって感じ。


チーズが絡んだご飯を箸で持ち上げると、チーズがにょ~んっと伸びる。

とろ~りとしたチーズが、ご飯や豚肉に絡みまくってくるので、これが激しくうまい!

醤油タレの甘さとチーズの塩気が相まって、「甘」が少し先行したバランスの良い甘しょっぱさになるんだよね。

ガツンと濃厚なチーズのコクと薫りを味わえ、それでいてクドさはなく、わりと後味はさっぱりしているかな。


豚肉は柔らかく、甘めの醤油タレがよく馴染んで美味しい。

「豚丼」を語るほど豚肉の量は多くはないけど、コンビニの豚丼なら納得はできるボリュームやね。


甘濃い醤油タレと濃厚なチーズの組み合わせは、想像していた以上のクオリティの高さだった。

ただ、めちゃくちゃ美味しいんだけど、最後のほうはちょっと味が単調に感じてしまうかなぁっと。

粗めの黒胡椒や紅生姜なんかでアクセントをつけると、もっと美味しくいただけるんじゃないかな。

総評:

★★★★★★★★☆☆(星8)
※星3=基準点(及第点)

牛丼チェーン店でも食べることのできる豚丼。

メニューの中には、チーズをのせた豚丼もあったりするわけだが、某牛丼チェーン店よりもファミマのほうがチーズのボリュームが多い。

その反面、ファミマのほうは豚肉が少なく、豚丼っていうよりもチーズ丼っていうイメージのほうが合うような気もする。

しかしながら、豚肉のボリュームは劣るものの、このチーズ豚丼の内容で税込498円はお得感があるし、一度食べればクセになってしまう美味しさになっているはず。

ガッツリとしたお弁当を探しているのなら、まさに打ってつけなファミマのチーズ豚丼。

気になる方はぜひ食べてみてね!

最新情報をチェックしよう!