ファミリーマートの『野菜マシにんにく醤油ラーメン』★ファミマ版の二郎系ラーメン!?を食べてみた

コンビニ商品

スポンサーリンク

 

ファミリーマートから『野菜マシにんにく醤油ラーメン』が新発売している。

 

・・・うん!?

野菜マシに、ニンニクだとぅ!?

それってまさか

 

二郎系ラーメン

 

ってヤツなのか!?

 

ラーメン好きなら知っていて当然なくらいの超有名な「ラーメン二郎」。

豚骨ベースの醤油ラーメンに、“ヤサイ”、“ニンニク”、”アブラ”、“カラメ”という4種類のトッピングが無料で、その圧倒的なボリュームのある食べ応えを楽しめることから、超絶な人気を支持している。

 

アブラは背脂、“カラメ”はタレを追加でかけてより濃厚な味にできる。麺は自家製の平打ち麺で、極太サイズのゴワゴワした食感が特徴的。そこに、ブタという名称の大きくて分厚いチャーシューとてんこ盛りの野菜をのっけて食べるわけなんだけれど、はじめて食べたときはニンニクをトコトン利かせたパンチのある味とそのど迫力なボリュームに度肝を抜かされたのをよく覚えている。

スポンサーリンク

「ジロリアン」と呼ばれている熱狂的信者も大勢いるようで、その人気に肖ってか「ラーメン二郎」のラーメンをパクってインスパイアしている店も今ではよく見かけるようになった。もはや二郎系というワードはラーメン界に多大なる影響を与えるブランドといってもいいだろう。

 

そんな二郎系ラーメンをモチーフにしたと思われる商品をファミマが登場させてきたっていうんだから、これは食べてみないわけにはいかない。さっそく購入してきた。

 

これがその『野菜マシにんにく醤油ラーメン』、ファミリーマート価格550円(税込)。手に持ってみるとけっこう重い。麺や具がいっぱい詰まっていそうだ。

パッケージにしっかりと「野菜マシ」と書かれている。「野菜マシ」とは、二郎系ラーメン店でトッピングするときの“コール”というヤツだ。そこに「にんにく」ときたら、やはり二郎系をインスパイアしたコンビニラーメンっていうのは間違いなさそうだ。

そして、レンジで温めるだけの簡単調理。カップラーメンよりもお手軽に作って食べられるのだ。

それではファミマから新発売となった『野菜マシにんにく醤油ラーメン』を食べてみよう。

スポンサーリンク

コンビニの二郎系ラーメン!?ファミリーマートの『野菜マシにんにく醤油ラーメン』を食べてみた

レンジで温めてからフタを開けると、熱々の湯気とともにニンニクの香りがムワ~っと立ち上がってくる。食欲を刺激してくる、かなり強烈なニンニク臭だ。人と会う予定の前には食べないほうがいいだろうね、これ。

野菜は“もやし”と“キャベツ”が入っている。「ラーメン二郎」や「二郎系」の店のラーメンと比べてしまうと、それほど大盛りということもないけれど、コンビニのチルド麺としては充分なボリューム。その野菜の上には、一味唐辛子がふりかかり、チャーシューが真ん中にのっかっている。

スープは、ニンニクがめちゃ強めに出てくる味。刻みニンニクは入ってはいないので、スープの中にニンニクの旨みが凝縮されているってこと。ニンニクの旨みが、かなりドカンとくる。

この尖ったニンニク感は、まさしく「二郎系」といった力強さがある。ただ、アブラ(背脂)ってはあまり感じない。「二郎系」と呼ぶには、もっとギトギトしたアブラを楽しみたいところなのだけれど…。

しかしながら、アブラは控えめとはいえ、醤油のコクが充分すぎるほど分厚いので、これはこれで濃厚感のある味になっている。最初に飲んだときは、醤油じゃなくて味噌かと思ったくらい、カラメでコクのある味わい。この醤油味にニンニクの旨みと一味唐辛子のピリ辛感がのっかってきて、豪快なニンニク醤油味となるのだ。

スポンサーリンク

全粒粉入りでもちもち食感の麺。嚙みごたえとのど越しの良い麺だ。極太で食べ応えがあるんだけれど、柔らかめの弾力でコシは強くはない。二郎系のゴワゴワな平打ち麺とは違う方向性となっている。

つるっとした滑らかさと歯切れの良さ。そして極太でしっかりとした食感を楽しめる。いやなんかこれって“うどん”だよね。そう感じてしまったら、もう“うどん”にしか思えなくなってしまうのだけれど、うまいから「まあ、いっか」ってね。

野菜やチャーシューは申し分のないボリューム。コンビニのチルド麺としては充分な量だ。

麺とスープの上にドカンとのっかっている“もやし”や“キャベツ”を食べてみると、ちょっとシナっとした食感。シャキシャキ感は薄い。

このまま食べると、“もやし”や“キャベツ”はどちらも淡白な味だから、スープに充分浸してから食べたほうがオススメ。ニンニク醤油味が野菜に染みこむので、それによって味付けされるのだ。

チャーシューは小ぶりだけれど、程よい脂がのって、なかなかの肉感。二郎系の大きくて分厚いチャーシューではないけれど、これはこれで充分な肉の旨みを味わえる。

もういっそのこと、麺も具材も全部かき混ぜてしまえ。麺、野菜、そしてパンチのあるニンニク醤油味をすべて絡めて、口の中へいっぺんに放り込んでしまえばいい。上品な食べ方ではないけれど、それがいちばんうまいのだ。

 

おすすめ度は?(ふつう=星3)
★★★★★☆☆☆☆☆(星5)

ニンニク醤油ラーメンとしてはクオリティの高い一杯。「野菜マシ」としてはいるが、別に二郎系と謳ってはいない。

しかし、どうしても「二郎系」のイメージは拭えないし、期待をしてしまうのだけど、アブラの強さや麺のゴワゴワ食感という「二郎系」の特長を引き継いではいないので、「二郎系ラーメン」を意識しすぎて食べると楽しめないだろう。

コンビニ商品のニンニク醤油ラーメンとしてなら、ニンニクの旨みを惹きだした旨みのあるラーメンになっているので、これはうまいとオススメできるかな。

【コンビニの二郎!?】セブンイレブンの『中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン』を食べてみたら超絶うまいコンビニの二郎系ラーメンだった
“セブンイレブンの二郎系ラーメンがめちゃうまい” そんな話がSNSなどのネット上で盛り上がっている。千葉にある超人気ラーメン店「中華蕎麦 とみ田」が監修したという二郎系ラーメンが新発売したらしいのだ。 こ...
スポンサーリンク

コメント

  1. 通りすがりの仮面ライダー より:

    ローソン価格??

    • ハルチカ より:

      通りすがりの仮面ライダーさん

      ご指摘ありがとうございます。ローソン価格ってなっていましたね・・・ご迷惑お掛けしました。なぜだか分かりませんが打ち間違えておりました。ボーっと生きてんじゃないよってことですね。