【ココイチのカレー蕎麦を食べてみた】『CoCo壱番屋監修 濃い出汁香るカレーそば』★ココイチ×エースコックのコラボカップ麺が新発売!

【ココイチのカレー蕎麦を食べてみた】『CoCo壱番屋監修 濃い出汁香るカレーそば』★ココイチ×エースコックのコラボカップ麺が新発売!

スポンサーリンク

 

今回のカップ麺は、エースコックの『CoCo壱番屋監修 濃い出汁香るカレーそば』です。商品名からも分かるように、カレー専門店チェーンの「ココイチ」こと「カレーハウスCoCo壱番屋」とエースコックのコラボ商品となっており、これからの寒い季節に需要の高まる和風メニューとしてカレーと蕎麦をドッキングさせたとのことです。

 

▼『CoCo壱番屋監修 濃い出汁香るカレーそば』は、定価200円、2018年11月5日に全国で新発売となっています。

「ココイチ」が監修した濃厚なカレースープと蕎麦がしっかりと絡み、“特製和風とび辛スパイス”で仕上げるカレーそばは、このコラボのみで味わうことができる、特別感満載な一杯となっているようです。

「CoCo壱番屋」のカレーって、誰しもが一度くらいは食べたことがあるっていうくらい超メジャーなカレーですが、バラエティ豊富な具材を好きなだけトッピングして自分流のカレーを作って食べるのが「ココイチ」の醍醐味ですよね。今回のコラボでは当然トッピングを選ぶことはできませんが、慣れ親しんだカレーの味をどこまでエースコックが再現しているのか気になるところ。

「ココイチ」のカレーのイメージを崩さず、しかも蕎麦を活かしたカレーは果たしてどんな仕上がりになっているのか、さっそく食べてみました!

スポンサーリンク

ココイチとエースコックのコラボ!「CoCo壱番屋」監修のカレー蕎麦を食べてみた

▼パッケージには大きく「CoCo壱番屋」監修って記載されています。商品棚に陳列している時もかなり目立っていたので「ココイチ」ファンの方は迷わず手に取ってしまうことでしょう。

 

▼「和風とび辛スパイス」が味の決め手になるよう。“魚粉ブレンド”ってことは、こいつで魚介出汁の旨味が出るのか!?

 

▼開封して中身を取り出す。中には「かやく入り粉末スープ、スパイス」の2袋が入っていました。

 

▼あとは三角にカットされた「味付油揚げ」が一枚と麺。麺はカップ蕎麦でよく見られるような中細の油揚げ麺です。

 

▼粉末スープの中には、「ネギ、卵」といった具材も同封していました。カレー粉でよく見えませんが確かに入っています。鼻を粉末に近づけてみればカレーの香りをほのかに嗅ぐことができます。この時点ではまだ香りは控えめです。

 

▼熱湯注いで3分間。お湯を入れたらカレーの香りがふわ~っと立ち上ってきます。いつ嗅いでもカレーって良い香りです。

 

▼3分経ったら、ここで「和風とび辛スパイス」を加えます!

 

▼完成です!

「ココイチ」監修のカレー蕎麦のできあがりってなもんですが、スパイスの量がけっこうエグイ!
まさか5辛並の辛さとかじゃないでしょうね!?アレだと刺激が強すぎて舌が死んじゃいますからね・・・。もしかして辛いのかなぁって少し身構えてしまいますが、さっそく食べてみましょう!

 

スポンサーリンク

 

▼では、いただきます!

・・・そんなに辛くはない。

ピリリと舌に残るスパイス感はあるけれど、控えめな辛さ。ピリ辛まではいってないレベルなので、中辛カレーを食べることができればお子様でもイケちゃうんじゃないかな。

辛さはそんな感じですけど、カレーのコクよりも塩気のある味になってます。もともと「ココイチ」のカレーって塩気が強く「しょっぱい」ので、再現度は高いと言えますね。カレーのスパイスで味わいたい場合、この塩気って気になるところでして、「ココイチ」はなんか苦手って方だと今回のカレー蕎麦も「しょっぱい」と感じることでしょう。
僕も「ココイチ」って「しょぱい」って思います。ある程度歳を重ねてくるとキツめの味が受け付けなくなってくるのか、なんか違和感が出てきたんですよ。若いころはあんなにガツガツと食べていたのに不思議なものです。もう「ココイチ」って7~8年は食べてないんじゃないかなぁ。

 

▼「しょっぱい」ってケチをつけたようになっちゃいましたが、「ココイチ」のカレー味の再現度は高く、「ココイチ」ファンの方にも納得のできるスープの仕上がりになっているのではないでしょうか。

今回はカレーライスじゃなくてカレー蕎麦なので、カレーと和風だしを合わせたスープになっています。

確かに利いています、和風だし!
鰹を主体とした和風だしで、魚介の旨味が強く出ています。カレー味にも負けてはいませんし、しょっぱいカレー味と和風だしのまろやかで甘さのある旨味が融合することで、うまくバランスの取れた味わいになっています。

本来カレーの風味ってかなり強いんですが、和風だしの利いた蕎麦つゆの香りをよく感じ取れるんです。カレーの味より塩気とスパイスによる辛味が際立っており、鰹を中心とした魚介の旨味が深みのある味わいに導いてくれています。

「ココイチ」らしいカレーのイメージをしっかり追求できていますし、和風だしの利いた蕎麦つゆの味を活かすことのできている完成度の高いスープだと思います。

 

▼蕎麦はのど越しと香りが命ってことで、今回の麺はカレー味と絡むことでどうなっているのか。

中細の麺は歯切れも良く、蕎麦を食べている気にさせるのど越しの良さもあります。だけど蕎麦の香りは少し弱いかな。っていうよりカレーの香りに消されてしまっているのかも。いくら和風だしが利いたスープと言っても、やっぱりカレーの強い香りには敵わないのか・・・。蕎麦の香りは残念ながらあまりしませんが、蕎麦独特の旨みは味わえますし、カレーラーメンやカレーうどんとはひと味違った美味しさを楽しめますね。

 

▼味付油揚げは甘い。かなり濃い甘さになっています。

三角にカットされていて大きくもないんですが、「どん兵衛」や「赤いきつね」と同系統の味と食感です。ですが味付けは大御所2品よりも濃いめでかなり甘い。スープのスパイスの辛さによって、余計に甘く感じることもあるのかもしれませんが、ガツンとくる甘さでなかなか美味しい油揚げです。

 

▼小さい卵がいくつか入っていますが、スープをかき混ぜると崩れてしまう柔らかさ。

これも甘いですね。油揚げほどじゃないけれど。スパイス感のあるスープにはちょうどいい甘みです。量が少ないのでもうちょっとあればいいかなぁって思いますが、少ないながらもしっかりと存在感を示している具材だと思います。

再現度の高いココイチのカレー味に和風だしが活きたカレー蕎麦

今回は「ココイチ」監修によるエースコックの『CoCo壱番屋監修 濃い出汁香るカレーそば』を食べてみましたが、忠実に再現したココイチのカレー味に鰹主体の和風だしの旨味と香りが惹き立った一杯となっていました!

カレーだけにスポットを当てて考えると、スパイスを生かしたインドカレーのような本格派が好きっていう方や「ココイチ」の塩気のあるカレーに満足できないって方にはあまりオススメできません。しかしながらカレー味の一辺倒ではなく、しっかりと和風だしが利くことで蕎麦らしい旨味を損ねることなく食べることができ、カレー蕎麦としての完成度は高いんじゃないかなぁって思います。

「ココイチ」が好きな方なら間違いない美味しさになっているはずですので、気になる方はぜひ召し上がってみてくださいね。

 

カップ麺カテゴリの最新記事