チキンラーメン×カレーの新味登場「チキンラーメンどんぶり チーズカレー味」★カレーに定番の ”チーズ” トッピングで仕上げるマイルドカレー

チキンラーメン×カレーの新味登場「チキンラーメンどんぶり チーズカレー味」★カレーに定番の ”チーズ” トッピングで仕上げるマイルドカレー

日清食品の「チキンラーメン」は、世界初のインスタントラーメンとしてよく知られています。
お湯をかけるだけでチキン味の美味しいラーメンができちゃうっていうのは、当時としてはすごい発明だったんでしょうね。
今ではなくてはならない定番の庶民の味として愛されているチキンラーメンですが、もはや国民食といってもいいくらいではないでしょうか。

そんなチキンラーメンですが、2018年8月25日に発売60周年を迎えます。
今回新発売となった「チキンラーメンどんぶり チーズカレー味」は、登場60周年記念での日清の思い入れが詰まった一杯と期待できますね。
 

 

スポンサーリンク

「チキンラーメンどんぶり チーズカレー味」を食べてみた

今回発売となった「チキンラーメンどんぶり チーズカレー味」は、コクのあるカレースープに “粉チーズ” をトッピングすることでマイルドなカレー味のチキンラーメンができあがるとか。
カレー味テイストのチキンラーメンは、今までも定期的に発売されているようですがどの商品も好評なんだそうです。
「チキンラーメン」×「カレー」っていうのは相性抜群ってことなんでしょうね。
そこに”チーズ”を加えることによって、どのような仕上がりをみせてくれるのか、これは食べるのが楽しみな一杯です!

 

「チキンラーメンどんぶり チーズカレー味」その中身は!?

”粉チーズ”と”粉末スープ”の2袋が別添(べってん)されています。
容器の中には、いつもの見慣れた”チキン麺”と”ポテト”、”キャベツ”、”ニンジン”が入っています。

ポテトとニンジンはカレーではお馴染の具材ですが、キャベツってのは・・・。
キャベツが具材のカレーを食べる習慣のある地域がどこかにあるんかな!?

商品概要

商品名: チキンラーメンどんぶり チーズカレー味
発売日:2018年6月4日
発売地区:全国
麺タイプ:油揚げ麺
スープ:鶏ガラカレースープ
かやく:粉チーズ、粉末スープ
内容量:91g(麺80g)
定価:180円(1食/税別)

栄養成分表示1食(91g)あたり

カロリー:407kcal
たんぱく質:10.9g
脂質:15.5g
炭水化物:55.9g
食塩相当量:5.5g(めん・かやく2.1g/スープ3.4g)
ビタミンB1:0.30mg
ビタミンB2:0.38mg
カルシウム:176mg

 

インスタントラーメン発明60周年★みんなが大好き「チキンラーメン」にありがとう

容器のフタをあけると「ありがとう!インスタントラーメン発明60周年」って日清食品創業者の安藤百福(あんどうももふく)さんがヒョコっと顔を見せてくれます。

世界初のインスタントラーメンの発明から早60年。
今ではいろいろなメーカーが、いろいろな試行錯誤をしながらお互いに凌ぎを削って世に美味しいインスタント麺を送り出してくれています。
この世に”安藤百福”というインスタント食品界の偉人がいたからこそ、今こうやって美味しい即席めんを僕たちは食べることができるわけで。
”安藤百福”さんはもうご健在ではありませんが、「こちらこそありがとう!」と僕は言いたい。

 

お湯を注いだら「すぐ美味しすごく美味しい♪」

フタを開封してみると、いつものチキンラーメンの麺とポテト、キャベツ、ニンジンの具材があります。

 

ここに粉末スープを入れることによってコクのあるカレー味に。
この状態ですでにカレー風味のいい香りがしてきて食欲を誘います。

 

お湯を注いでいつものように3分間待ちます。

これだけで美味しいラーメンができちゃう世界初の発明品をはじめて知った人たちは、まるで魔法でもかけられているような感覚だったかもしれませんね。

別添している”粉チーズ”は食べる直前に入れるタイプ。
フタの上であたためます。

 

3分経ったら”粉チーズ”をササッとふりかけ「チキンラーメンどんぶり チーズカレー味」の完成や!

 

 

麺はいつものチキンラーメン★カレーとの相性はバツグン

麺はいつもの醤油がベースでチキン味の香ばしい麺です。
元祖鶏ガラスープにコクのあるカレーをあわせた今作のスープともよく絡んで相性がいいみたいです。
スープに溶け込んだ”粉チーズ”も麺とスープの絡みに加わり、マイルドな味わいをもたらせてくれます。

この粉チーズはカレー味をより一層美味しく仕上げてくれているんですが、僕の好みとしてはもう少しチーズが麺にまとわりついてくるような”ザ・チーズ感”っていうのがあれば嬉しいですね。
でも誤解ないように言いますが、この”粉チーズ”があることで間違いなく美味しくなっているんで!あしからず。

 

トッピング具材はどんな感じか

具材は”ポテト”、”キャベツ”、”ニンジン”の3種が入っています。

ポテトの食感はふっくらホンワリしていて、カレースープが中にしっかり染みこんでいて美味しいです。
キャベツとニンジンはほどよい歯ごたえがあって、カレースープとよく合います。
ポテトの黄、キャベツの緑、ニンジンの赤と彩り豊かな具材があることによって、見た目にも食欲をそそる一杯になりますね。

 

ロースト醤油味の「元祖鶏ガラスープ」に「コクのあるカレー」をあわせたスープ

スープはチキンラーメンならではの鶏ガラを効かせた旨味が輝る”元祖鶏ガラスープ”にコクのあるカレー味がよく馴染んでいます。
粉チーズもスープにうまく溶け込んでマイルドなカレー味にスープを仕上げてくれています。

いつものチキンラーメンもそうですが、麺にチキン味がついているのでよく混ぜてから食べます。
よく混ぜても最初のうちは鶏ガラの味が少し薄く感じますが、だんだんと麺から旨味が染み出てくるので、それに伴ってカレー味もだんだんとコクが効いてきて美味しくなります。

最初から濃いコクのカレー味が食べたいってかたは、”お湯の量を減らして作るか”、”お湯を入れて3分のところを5分くらい待つか(麺は当然のびる)”をしたほうがいいかも。
あとは”親の仇かってくらい麺をかき混ぜまくるか”ですね。

 

まとめ

「チキンラーメンどんぶり チーズカレー味」を食べてみましたが、お馴染チキンラーメンの”鶏ガラ”と”カレー味”のカレースープは、カレーのコクはさることながらチキンラーメンの鶏ガラ味の良さが際立ったバランスの良い美味しいスープに仕上がっていると思います。
そのカレースープは”粉チーズ”によってマイルドさをもたらし、さらにコクのある味わいを惹きたてます。

王道的な組み合わせと言ってもいい「カレー」×「チーズ」に、もともと定評のあるチキンラーメンの「元祖鶏ガラスープ」を加えるんだから美味しくならないわけがないんですよね。
いかにチキンラーメンの素性が素晴らしいのかがわかります。

”元祖鶏ガラスープ”、”コクのあるカレー味”、”粉チーズ”がそれぞれの旨みを生かして絡み合い、誰からも愛されるチキンラーメンらしい味わいになっています。

日清食品の想いが詰まったこの「チキンラーメンどんぶり チーズカレー味」、気になるかたはオススメなので是非ご堪能あれ!
 

 

カップ麺カテゴリの最新記事