エースコック『ワンタンメンどんぶり 南京町監修 香味中華そば』を食べてみたらスパイス感のある醤油スープがうまい中華そばだった

エースコック『ワンタンメンどんぶり 南京町監修 香味中華そば』を食べてみたらスパイス感のある醤油スープがうまい中華そばだった

スポンサーリンク

 

エースコックのロングセラーブランド「ワンタンメン」が、日本三大中華街のひとつである南京町とコラボした新作を登場させている。

生誕150周年を迎えた南京町。神戸中央区に位置し、関西屈指の人気観光地として広く知られる中華街だ。自慢の味を各店が店の軒先で豚まんや小籠包などをテイクアウトで販売していて、中華な雰囲気を楽しみながらの食べ歩きにはもってこいの街である。

今回コラボしたのは、南京町の商店街振興組合とのことなんだけれど、他業種の企業や思いもよらぬ意外な食材や調味料などとコラボしてきたエースコックが、ついに南京町という町ぐるみでのタイアップを実現したというのだから面白い。

 

これが南京町監修の『ワンタンメンどんぶり 南京町監修 香味中華そば』、定価180円(税別)。

金色の龍が舞い、大きく“南京町監修”というロゴ。お馴染のこぶたも登場した、華やかな中華の雰囲気満載なパッケージだ。

“香味野菜の豊かな風味とウーシャンを利かせた香り高い醤油スープに、つるりとしたワンタンが合わさった、南京町を訪れたかのような旅情感を感じられる一杯”になっているという。

スポンサーリンク

エースコック『ワンタンメンどんぶり 南京町監修 香味中華そば』を食べてみた

まずは開封。カップの中に別添品を収めているのは、エースコックのお約束だ。

“粉末スープ”、“かやく”の2点が入っている。麺は中細の油揚げ麺。

先入れの“かやく”は、滑らかな食感だという“ワンタン”が2つと、“肉そぼろ”、“ねぎ”、“玉ねぎ”という品揃えとなっている。

“粉末スープ”からは、創味シャンタンや味覇(ウェイパー)系統の良い香りがプンプンと漂ってくる。この中華な風味が鼻を突き抜けてくるからたまらない。

熱湯注いで3分で完成。南京町が贈りだした中華風味が詰まった中華そばは、醤油と鶏ガラの入り混じった香り立ちが際立つ。もうこれって香りからすでにうまいヤツだ。

スポンサーリンク

豚や鶏をベースにした醤油スープで、アッサリ味だ。鶏ガラ醤油ほど塩気はなく、鶏や豚の旨みがなかなか出ていている。スープ表面にうっすらと浮いた油脂がコクをつくりだしているので、アッサリながらもこってり感も演出している。これが均衡のとれたバランスで味わい深い。

基本的にアッサリとした醤油スープだけれど、ウーシャンによって適度なスパイス感が加わり、醤油味をピシっと引き締めてくれる。このウーシャンが今回のスープのキーポイントとなっているわけなんだけれど、利き具合は絶妙で、しっかりと舌に残る刺激と香り。この程よいスパイスの余韻がある後味、たまらなくいい。

ウーシャンとは・・・

五香粉(ごこうふん、ウーシャンフェン(wǔxiāngfěn))は、中国の代表的な混合香辛料。

桂皮(シナモン)、丁香(クローブ)、花椒(カホクザンショウ)、小茴(フェンネル、ウイキョウ)、大茴(八角、スターアニス)、陳皮(チンピ)などの粉末をまぜて作られる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中細で少し縮れのある油揚げ麺。醤油で味付けされた香ばしさのある麺で、中細ながら申し分のない弾力でコシも充分なレベル。滑らかなで歯切れも良く、これぞ中華そばっていう食感だ。

アッサリした醤油スープだから、このくらいの太さがちょうど合うね。スープの味を邪魔しない見事なバランスの組み合わせと言える。スルスルっとすすりやすさのある麺だから、食べていて気持ちが良いし、ウーシャンが利いたスパイス感のあるアッサリ醤油味をしっかりと堪能できるんだよね。

「ワンタン、肉そぼろ、ねぎ、玉ねぎ」という内容の具材。目玉の“ワンタン”は2つ入っている。定価180円で安価な商品だから仕方ないんだけど、「ワンタンメン」というからには、もう少し量がほしい気もするかな。

“肉そぼろ”は小さめで弱い食感だけれど、スープと一緒に口に飛び込んでこれば、若干スパイシーな肉の旨みが醤油味と混ざり合ってなかなかなもの。“ねぎ”の風味が醤油スープの香りづけにひと役買っていたし、“玉ねぎ”のシャクっとした歯ごたえと風味が抜きん出ていた。アッサリ醤油味に、“玉ねぎ”の甘さと香りが加わり、スープの味を盛り立てている。

ボリューム的に物足りなさはあるものの、やっぱり主役は“ワンタン”に決まり。餡を包み込む厚めの皮は、もっちり食感でかなりの食べ応え。しかも皮がスープの色味で染まるほど、醤油味が染みこんでいるから、これがクッソうまいのだ。“ワンタン”はできあがり後にすぐ食べないで、スープにしっかりと漬け込み、ひたひたにして食べることを推奨したい。

 

おすすめ度は?(ふつう=星3)
★★★★☆☆☆☆☆☆(星4)

エースコックと南京町のコラボした中華そばは、優しくアッサリした醤油スープに、ウーシャンのスパイス感で味を引き締めているのが特長だ。

中細の麺と醤油スープの組み合わせは、まさにザ・中華そばっていう仕上がりで、ウーシャンを用いることで南京町のイメージが膨らみ、旅情感に浸れる一杯だった。

「ワンタンメン」と語るには、ちょっと物なりなさのある“ワンタン”の量だったけれど、皮のもちっり食感と味は良かったし、とくに“玉ねぎ”の甘みと風味がかなりスープの味わいに寄与していたのが印象深い。

オーソドックスな、これぞ中華そばっていう味が好きなら、この「ワンタンメン」は絶対的にうまいはずだから、ぜひ食べてみてね!

カップ麺カテゴリの最新記事