【ワカメ×昆布の旨味のハーモニー♪】エースコック「わかめうどん フジッコ 純とろ仕立て」★どっさりワカメで昆布の旨味がたまらなく旨いカップうどん

【ワカメ×昆布の旨味のハーモニー♪】エースコック「わかめうどん フジッコ 純とろ仕立て」★どっさりワカメで昆布の旨味がたまらなく旨いカップうどん

今回は、エースコックの「わかめうどん フジッコ 純とろ仕立て」を食べてみたいと思います。

「わかめうどん フジッコ 純とろ仕立て」は、「わかめラーメン」シリーズの新商品として2018年8月13日に発売となっております。
「わかめラーメン」の発売35周年を記念してフジッコの昆布製品である「純とろ」を使用したコラボ商品です。

フジッコの「純とろ」は、厳選した昆布を純米酢で長時間養生してから味付けをして、風味豊かに削り上げた「とろろ昆布」なのだとか。
市販品初の「とろろ昆布」として知名度のある商品で、お吸い物などによく入っていているのを目にしますよね。

ドッサリとワカメの入った「わかめうどん」に、「純とろ」の昆布の旨味を加えて仕上げた一杯になっているそうで、わかめ×昆布の味わいがどんなものになっているのか楽しみです!

スポンサーリンク

エースコック「わかめうどん フジッコ 純とろ仕立て」その中身は!?

パッケージにも大きく取り上げられていますが、フジッコの市販とろろ昆布である「純とろ」を使用した「わかめうどん」になっています。

カロリーは293kcalと低めの数値。
「わかめ」と「とろろ昆布」の入ったヘルシーうどんになっているようです。

低カロリーではありますが、それに対し塩分は高めの5.8gもあります。
そのうちの多くは4.0gとなっているスープが占めています。
醤油をベースに鰹や昆布のだしが利いた“うどんつゆ”なのですが塩気の強くなっているのかもしれませんね。

別添されているのは、“かやく”と“液体スープ”の2袋です。

お湯を注ぐ前に“かやく”をカップの中に投入。

“かやく”は、わかめ、胡麻、そして“とろろ昆布”の「純とろ」という品揃えです。

“わかめ”や“昆布”の爽やかな磯の香りと胡麻の芳ばしい香りが相まった風味が優しく感じられます。

肉系の具材はなくヘルシーな具材が揃っていますが、“わかめ”を筆頭になかなかのボリュームです。
乾燥した状態でこれだから、お湯で戻せばまさに「増えるわかめ」でとんでもなくなりそう。

スポンサーリンク

フジッコ「純とろ」を使用したエースコックの「わかめうどん」を食べてみた

お湯を注いで5分間待てばできあがる「わかめうどん」。
カップうどんの麺は太めなので、お湯で戻す時間は決まってこの時間です。

“液体スープ”を温めろという指示もないし、袋を触ってみても凝固している様子はないですが、フタの上に置いておきます。
フタがパカっと開かないよう栓変わりにしてます。
それに「液体スープはフタの上で温めてください」と記載されているカップ麺がほとんどなので、クセになってしまっています。
こうしておかないと少し落ち着かないのは僕だけではないはず!?

5分経ったらフタを開けて“液体スープ”を投入し、麺やスープに馴染ませたら、「わかめうどん フジッコ 純とろ仕立て」のできあがりです!

ババ~ンと大きく増えた“わかめ”がどっさりと盛られています。
これはすごい、すごすぎる“わかめ”のボリュームです!
とろろ昆布の「純とろ」も良い具合に溶けてトロトロ感がありそうです。
戻し前の“かやく”状態の時よりも、“わかめ”や“昆布”の風味がより強く感じられます。
その心地の良い磯の風味が鼻を抜けていくのが最高にいいですね!

さっそくいただきます!

まずは“うどんつゆ”をひと口。
これは昆布がよく利いたアッサリとした“うどんつゆ”ですね。
昆布が強めで鰹だしは控えめな味わいに、醤油の旨味や香りがバランスよく合わさっています。
醤油つゆでありますが、和風だしを主体としたとてもアッサリとした“うどんつゆ”です。

そして今回のキーポイントとなるのがフジッコの「純とろ」です。

「純とろ」はトロトロな食感が口当たりがよく昆布の旨味をしっかりと味わえます。
そのトロトロ感がすごいんですが、“つゆ”に溶け込んだ「純とろ」がまた格別な旨さを魅せてくれるんですよね。
昆布の利いたアッサリとした“うどんつゆ”に「純とろ」の旨味が染みこむことで、ますます昆布の厚みがある深い味わいに変貌を遂げます。
とろろ昆布である「純とろ」の甘さのあるまろやか感も加わっており、元々のアッサリ味の“うどんつゆ”よりも昆布感のある味わいを魅せてくれます。

麺はカップ麺によくある平打ちの油揚げ麺です。

麺に厚みがあることからコシも強めになっています。
つるっとした麺のすすり具合でのど越しも良いですね。
麺に厚みはありますが、アッサリとした“つゆ”とバランスよく絡みますし、カップうどんの麺としては満足のできるクオリティと美味しさになっています。

トッピング具材は、わかめ、胡麻、そして「純とろ」。

とにかく“わかめ”がドド~ンとどっさり入っています。
これだけのボリュームはかなりの食べ応えがあります。
“わかめ”に昆布の旨味のある“つゆ”が絡むと磯の香りと旨みが身体に染みわたってくるようです。

そして、先述したように「純とろ」は“うどんつゆ”に溶け出して昆布の旨味を惹きだす具材になっていましたが、「純とろ」そのものの食感と味わいも光るものがありました。
とろろ昆布のトロトロっとした柔らかい舌触りがとても良い食感で、昆布の甘みと風味がよく味わえます。

まとめ

今回は、エースコックの「わかめうどん フジッコ 純とろ仕立て」を食べてみました。

「わかめラーメン」誕生35周年でフジッコの「純とろ」とコラボしたカップうどんでしたが、“わかめ”דとろろ昆布”の組み合わせで香り高い磯の香りと旨味をしっかり味わえる一杯になっていました。

今回の目玉のひとつでもある「純とろ」は、具材としての美味しさもある中、“うどんつゆ”に溶け込むことによって昆布の旨味をさらに飛躍させる存在になっており、もともとのアッサリした“うどんつゆ”の味わいに広がりを持たせてくれます。
和風だし系スープと「純とろ」はかなり合うんじゃないでしょうか。

「純とろ」をはじめ、“わかめ”尽くしを軸にしたボリュームのある海産具材ですので、肉系具材がなくても食べ応えは充分満足できるものになっています。
海の幸である“わかめ”がふんだんに入った「純とろ」の昆布感溢れる旨味の利いたカップうどんになっていて自信を持ってオススメできる一杯です!

カップ麺カテゴリの最新記事